ー 

日産が国際戦略車の新型コンパクトSUV「マグナイト」を発表。2021年初頭にインドにて発売予定

Writer:大貫直次郎 

日産の事業構造改革「Nissan NEXT」が着々と進展。今度は新型コンパクトSUVの「マグナイト」を発表し、2021年初頭にインドにて発売すると予告

 日産自動車は10月21日、新型コンパクトSUV「マグナイト(MAGNITE)」を発表し、2021年初頭にインドにて発売、後にその他の地域でも発売を予定しているとアナウンスした。

▲新型コンパクトSUVの日産マグナイト。2021年初頭にインドにて発売後、その他の地域でも発売を予定している

 「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」に由来する車名を冠した新型マグナイトは、インドをはじめとする成長地域に向けた日産の新時代への思いを込めて開発した新世代のコンパクトSUVだ。プラットフォームには改良版のCMF-Aを採用し、車両デザインは日本のチームが手がけた。

▲車両デザインは日本のチームが担当。大胆かつ斬新なアプローチでSUVスタイルを構築したことが特徴だ

 エクステリアは大胆かつ斬新なスタイリングで構成。シャープなLEDヘッドランプにL字型のデイタイムランニングライト、日産の新しいブランドロゴが入った大型グリル、足もとと前後フェンダーを強調した抑揚のあるサイドビュー、印象的なコンビネーションランプやゲートと一体造形としたバンパーおよびディフューザーを配したリアセクションなどを採用し、自信に溢れた俊敏なスタンスを保ちながら元気で若々しいルックスを演出した。

▲8インチのタッチスクリーンを配したインフォテインメントシステムはApple CarPlayとAndroid Autoに対応。メーターには同セグメントでは画期的な7インチのTFT液晶ディスプレイを装備する

 内包するインテリアは、運転席と助手席の空間が広く、ゆったりとした室内空間を提供していることがトピック。また、後部座席はひとクラス上のクルマに匹敵するほどの足もとスペースを確保する。一方、8インチのタッチスクリーンを配したインフォテインメントシステムはApple CarPlayとAndroid Autoに対応し、合わせてメーターには同セグメントでは画期的な7インチのTFT液晶ディスプレイを組み込むことで、プレミアムかつ機能性に優れるキャビンスペースを創出した。

▲運転席と助手席の空間が広く、ゆったりとした室内空間を創出。また、後部座席はひとクラス上のクルマに匹敵するほどの足もとスペースを確保した
▲乗員分の旅行用荷物が余裕で積めるラゲッジスペースを実現

 パワーユニットに関しては、新世代の1リットル直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載。また、荒れた路面にも対応する205mmの最低地上高を確保したほか、ヒルスタートアシストや前後のバンパー下部に組み込んだシルバーのスキッドプレート、クルマの周囲にある障害物を見やすくする先進安全技術のアラウンドビューモニターなどを採用し、運転時の安心感を提供する。走行テストに関しては、現地のほかに日産の栃木試験場なども効果的に活用したそうだ。

▲パワーユニットには新世代の1リットル直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載する

 新型マグナイトの日本での設定は、現在のところ未定。今年の6月に発売したばかりのキックスなどとの兼ね合いもあり、導入される見込みは薄いが、反響次第では一考の余地があるかもしれない。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る