ー 

マツダが定番軽乗用車の「キャロル」を一部仕様変更して機能装備を拡充

Writer:大貫直次郎 

マツダの軽乗用車「キャロル」がマイナーチェンジ。機能装備の拡充で快適性や使い勝手をアップ

 マツダは10月22日、ハッチバックタイプの軽乗用車「キャロル」の一部仕様変更を実施し、同日より発売した。
車種展開は以下の通り。
GF・2WD:5MT86万3500円
GL・2WD:CVT97万9000円
GL・4WD:CVT108万9000円
GS・2WD:CVT109万7800円
GS・4WD:CVT120万100円
GX・2WD:CVT119万3500円

▲マツダ・キャロルGS(2WD) 価格:CVT109万7800円 全長3395×全幅1475×全高1475㎜ ホイールベース2460mm 車重650kg 乗車定員4名 写真のボディカラーはシフォンアイボリーメタリック

 スズキからOEM供給を受けて販売するマツダ・キャロルは、スズキ・アルトをベースとするマツダ・ブランドの軽乗用車だ。今回の仕様変更は、機能装備の拡充や車体色の変更などがメインメニューである。

▲GSグレードにフルオートエアコンとAM・FMラジオ/CDプレイヤーを新設定する

 まず機能装備の面では、GSグレードにフルオートエアコン(外気温計/抗菌処理タイプ/エアフィルター付)、AM・FMラジオ/CDプレイヤーを新設定。また、GXグレードはメッキバックドアガーニッシュやAM・FMラジオ/CDプレイヤーを、GLグレードは電動格納式リモコンドアミラー(カラード)を新たに採用する。一方、車体色ではGSグレードに用意するホワイトをピュアホワイトパールに刷新した。

▲GLグレードは電動格納式リモコンドアミラー(カラード)を新たに採用した

 パワートレインは基本的に従来と共通で、GL/GS/GXにエネチャージ付きのR06A型658㏄直列3気筒DOHC12V吸排気VVTエンジン(52ps/6.4kg・m)+CVTを、GFにR06A型658㏄直列3気筒DOHC12Vエンジン(49ps/5.9kg・m)+5MTを搭載。駆動機構はGL/GSに2WD(FF)とフルタイム4WD、GXとGFに2WD(FF)を採用している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る