• TOP
  • メルセデス・ベンツGLAのハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC/GLA 45 S 4MATIC+」が日本での予約受注を開始

 ー 

メルセデス・ベンツGLAのハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC/GLA 45 S 4MATIC+」が日本での予約受注を開始

Writer:大貫直次郎 

メルセデスが新世代コンパクトSUVのGLAに高性能バージョンの「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」と「メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+」を新設定。メルセデスAMGのブランドスローガン“ドライビングパフォーマンス”をコンパクトSUVで体現

 メルセデス・ベンツ日本は10月22日、2代目となる新型メルセデス・ベンツGLAにハイパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC」と「メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+」をラインアップし、同日より注文受付を開始した。車両価格はGLA 35 4MATIC が707万円、GLA 45 S 4MATIC+が900万円に設定。ユーザーへの納車はGLA 35 4MATIC が本年12月ごろ、GLA 45 S 4MATIC+が本年11月ごろを予定している。

▲メルセデスAMG GLA 35 4MATIC 価格:8SAT707万円 全長4436×全幅1849×全高1588mm(欧州参考値) ホイールベース2730mm 乗車定員5名 下側の幅が広く垂直にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを装備

 2モデルの特徴を見ていこう。まずメルセデスAMG GLA 35 4MATICは、パワーユニットに“M260”1991cc直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載。最高出力は306ps/5800rpm、最大トルクは400Nm/3000~4000rpmを発生する。また、エグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備し、選択したドライブモードに応じてバランスの取れた音色からドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りの排気サウンドまで切り替えを行う仕組みとした。一方、トランスミッションには専用セッティングの8速AMGスピードシフトDCTをセット。駆動システムにはトルク可変配分4輪駆動のAMG 4MATICを採用し、走行状態に応じて前後のトルク配分を100:0から50:50までの範囲で最適に設定する。

▲パワーユニットには“M260”1991cc直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載。最高出力は306ps/5800rpm、最大トルクは400Nm/3000~4000rpmを発生する
▲トランスミッションには専用セッティングの8速AMGスピードシフトDCTを組み込む

 前マクファーソンストラット/後マルチリンクの懸架機構に関しては、専用開発のサブフレームやスプリング、そして電子制御ダンパーを組み込むAMG RIDE CONTROLサスペンションを採用。走行状況や路面の状態に即して各ホイールに対する減衰力を自動で、かつ連続可変で調整し、ドライバーの意のままの俊敏性や限界付近での安心感に満ちた操作性、そして長距離走行時の高い快適性を高次元で具現化する。また、制動機構には強化ブレーキシステムを装備。フロントには新型モノブロック対向4ピストンキャリパーとΦ350mmディスク、リアには1ピストンフローティングキャリパーとΦ330mmディスクを組み込み、ディスク自体にはドリルドベンチレーテッドタイプを採用する。合わせて、ブレーキキャリパーはブラックのAMGロゴ入りシルバーペイントで仕上げた。

▲エンジンやトランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なAMG DYNAMIC SELECTを採用

 エンジンやトランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なAMG DYNAMIC SELECTを採用したこともメルセデスAMG GLA 35 4MATICのトピック。モードとしては、快適かつ燃費重視の走りに適した「Comfort」、スポーティなエンジンおよびトランスミッションの設定によりアジリティとファントゥドライブを強調した「Sport」、Sportの設定に加えてシフトダウン時のブリッピング機能などを組み込んでエモーショナルな走りを演出する「Sport+」、滑りやすい路面を安全に走れるようパワーを落としてトルクカーブをフラットに保つ「Slippery」、様々なパラメーターを個別に設定できる「Individual」という5モードを用意する。各モードはセンターコンソールに配したスイッチで切り替えが可能だ。

▲「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択できるコクピットディスプレイを装備。日本導入モデルのハンドル位置は右

 エクステリアについては、メルセデス・ベンツモデルのAMGラインをベースに、メルセデスAMGモデルならではの高いパフォーマンスを感じさせる要素を随所に取り入れる。フロント部は下側の幅が広く、垂直にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを装備。一方、リアビューには専用デザインのクローム仕上げ円形デュアルエグゾーストエンドを組み込む。足もとには19インチAMG5ツインスポークアルミホイール+235/50R19タイヤを装着した。
 内包するインテリアは、「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択できるコクピットディスプレイをセット。オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選ぶと、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスステアリングが配される。フロントシートについては標準でヘッドレストとバックレストを一体化したセミバケットタイプを、AMGパフォーマンスパッケージ選択時ではサイドのサポート性をより高めたAMGパフォーマンスシートを設定した。

▲メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+ 価格:8SAT900万円 全長4440×全幅1850×全高1585mm ホイールベース2730mm 車重1770kg 乗車定員5名 足もとには20インチAMG5ツインスポークアルミホイール+255/40R20タイヤを装着

 最強バージョンのメルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+に話を移そう。パワーユニットにはベアリングマウント&ツインスクロールのターボチャージャーやツインインジェクション、CAMTRONICなど数々の革新技術を内蔵した“M139”1991cc直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載。最高出力は421ps/6750rpm、最大トルクは500Nm/5000~5250rpmを発生する。また、M139ユニットはターボチャージャーとエグゾーストマニホールドをエンジン後方に、インテークマニホールドなどの吸気系をエンジンの前方にレイアウト。これによりエンジンの搭載位置が下げられ、操縦性能の向上と空力特性のアップを達成した。一方、トランスミッションには専用セッティングの8速AMGスピードシフトDCTを採用。駆動システムにはパフォーマンス志向のトルク可変配分4輪駆動のAMG 4MATIC+をセットし、走行状態に応じて前後のトルク配分を100:0から50:50までの範囲で最適に設定する。後輪左右にも可変配分するトルクベクタリングも組み込んだ。

▲パワーユニットには“M139”1991cc直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボエンジンを搭載。最高出力は421ps/6750rpm、最大トルクは500Nm/5000~5250rpmを発生する

 懸架機構については、専用チューニングを施したAMG RIDE CONTROLサスペンションを採用。快適志向からスポーツ走行まで、状況に応じて3つのモードをドライバーが選択できる。また、制動機構には強化ブレーキシステムを装備。フロントには6ピストン固定キャリパーとΦ360mmディスク、リアには1ピストンフローティングキャリパーとΦ330mmディスクを組み込み、ディスク自体にはドリルドベンチレーテッドタイプを採用する。合わせて、ブレーキキャリパーはブラックのAMGロゴ入りレッドペイントで仕立てた。そして、エンジンやトランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なAMG DYNAMIC SELECTには、前述の5モードのほかに「RACE」モードを追加。クローズドサーキットでのダイナミックな走行が楽しめるように、各項目をトータルで設定している。

▲駆動システムにはパフォーマンス志向のトルク可変配分4輪駆動のAMG 4MATICをセットし、走行状態に応じて前後のトルク配分を100:0から50:50までの範囲で最適に設定する。後輪左右にも可変配分するトルクベクタリングも組み込んだ

 エクステリアに関しては、メルセデスAMG GLA 35 4MATICと同様、メルセデス・ベンツモデルのAMGラインをベースに、メルセデスAMGモデルならではの高いパフォーマンスを感じさせる要素を随所に採用する。フロント部は下側の幅が広く、垂直にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを装備。前輪の前方でサイドエアカーテンに滑らかに移行するスプリッターも組み込む。一方、リアビューにはAMGルーフスポイラーリップやクローム仕上げ円形デュアルエグゾーストエンドを配備。足もとには20インチAMG5ツインスポークアルミホイール+255/40R20タイヤを装着した。

▲AMGドライバーズパッケージやAMGドライブコントロールスイッチ、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスステアリングなどを標準で装備。日本導入モデルのハンドル位置は右

 内包するインテリアは、AMGドライバーズパッケージやAMGドライブコントロールスイッチ、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスステアリングなどを標準で装備。フロントシートは標準でヘッドレストとバックレストを一体化したセミバケットタイプを、AMGパフォーマンスパッケージ選択時ではサイドのサポート性をより高めたAMGパフォーマンスシートを採用する。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」も標準で配備した。

▲サーキット走行でのラップタイムやセクタータイム、ターゲットタイムとの差が確認できるほか、エンジン出力やトルク、縦横加速度などを表示するAMGトラックベースを標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報