ー 

黒の色彩に金属調の光沢を纏わせたレクサスRCの特別仕様車「Emotional Ash」がデビュー

Writer:大貫直次郎 

レクサスが高級クーペモデルのRCに特別仕様車の「Emotional Ash(エモーショナル アッシュ)」を設定。エレガントな黒の輝きを内外装の随所に採用して精悍かつスポーティな印象を演出

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは10月28日、高級クーペモデルの「RC」に特別仕様車の「Emotional Ash(エモーショナル アッシュ)」を設定し、同日より発売した。

▲レクサスRC350“Emotional Ash” 価格:8SAT747万7000円 全長4700×全幅1840×全高1395mm ホイールベース2730mm 車重1700kg 乗車定員4名 エレガントな黒の輝きを内外装の随所に採用して精悍かつスポーティな印象を創出する

車種展開は以下の通り。
■RC
RC300“Emotional Ash”:646万9000円
RC300h“Emotional Ash”:691万7000円
RC350“Emotional Ash”:747万7000円

 今回の特別仕様車はRC350/RC300h/RC300のF SPORTをベースに、エレガントな黒の輝きを内外装の随所に取り入れて、精悍かつスポーティな印象をより高めたことが訴求点である。

▲ボディカラーにはグラファイトブラックガラスフレーク、ソニッククロム(写真)、ホワイトノーヴァガラスフレークの3タイプを設定

 まずエクステリアでは、専用黒光輝塗装スピンドルグリル&漆黒メッキ・フレームをはじめ、専用ブラックスパッタリング塗装“F SPORT”19インチアルミホイール(タイヤサイズは前235/40R19 92Y/後265/35R19 94Y)、専用ブラックメッキのマフラーカッター、専用ブラック塗装のドアミラーを特別装備してスポーティさを主張。ボディカラーにはグラファイトブラックガラスフレーク、ソニッククロム、ホワイトノーヴァガラスフレークの3タイプをラインアップした。

▲フロントマスクには専用黒光輝塗装のスピンドルグリルと漆黒メッキのフレームを採用
▲三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)を標準で装備
▲足もとにはブラックスパッタリング塗装の専用“F SPORT”19インチアルミホイールを装着
▲専用ブラックメッキのマフラーカッターを特別装備

 インテリアに関しては、濃淡や陰影による黒の芸術“墨”をイメージしてシックにアレンジしたことが特徴だ。ステアリングやパワーウインドウスイッチベース、インストルメントパネルのオーナメント部には、匠の技による自然の素材を生かした専用の銀墨本杢を採用。1本の木から削り出したアッシュ材には高輝度塗料を配し、塗料が入る夏目(明るい部分)と入らない冬目(濃い部分)が木目に表れて、墨の“照り”に近い銀墨の輝きを実現する。また、シルバーステッチを施したブラック本革シートや専用の“Emotional Ash”メーターオープニング画面を採用し、スペシャル感をいっそう強調した。

▲濃淡や陰影による黒の芸術“墨”をイメージしてシックにアレンジしたインテリア。ブラック本革シートにはシルバーステッチを施す
▲専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨) +“F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)を装備
▲専用の“Emotional Ash”メーターオープニング画面を採用した

 パワートレインは基本的にベース車と共通で、RC300“Emotional Ash”に8AR-FTS型1998cc直列4気筒DOHC・D-4STガソリンターボエンジン(245ps/35.7kg・m)+8-Speed SPDS(電子制御8速AT)を、RC300h“Emotional Ash”に2AR-FSE型2493cc直列4気筒DOHC・D-4Sガソリンエンジン(178ps/22.5kg・m)+1KM型モーター(105kW/300Nm)+ニッケル水素電池+電気式無段変速機を、RC350“Emotional Ash”に2GR-FKS型3456cc・V型6気筒DOHC・D-4Sガソリンエンジン(318ps/38.7kg・m)+8-Speed SPDS(電子制御8速AT)を搭載している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る