ー 

レンジローバー誕生50周年を記念した3モデルの特別仕様車「50th Collection」が登場

Writer:大貫直次郎 

日本で独自企画! 「RANGE ROVER」の誕生50周年を祝う限定モデルの「50th Collection」をレンジローバー/レンジローバー スポーツ/レンジローバー イヴォークに設定

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは11月2日、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」、プレミアムスポーツSUV「レンジローバー スポーツ」、ラグジュアリーコンパクト SUV「レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車の「50th Collection」を設定し、同日より予約受注を開始した。

▲今回の特別仕様車「50th Collection」は、レンジローバーの誕生50周年を記念して日本独自で企画。すべての仕様に“RANGE ROVER 50th Collection”スペシャルステッカーを貼付する

車両価格および販売台数は以下の通り。
■レンジローバー「50th Collection」
ボディ色 ポルトフィーノブルー:1580万円/5台限定
ボディ色 フジホワイト:1580万円/15台限定
■レンジローバー スポーツ「50th Collection」
ボディ色 ハクバシルバー:1010万円/20台限定
ボディ色 フジホワイト:999万9000円/40台限定
■レンジローバー イヴォーク「50th Collection」
ボディ色 ユーロンホワイト:749万円/74台限定
ボディ色 サントリーニブラック:749万円/39台限定
ボディ色 ソウルパールシルバー:749万円/29台限定
ボディ色 フィレンツェレッド:749万円/8台限定
 今回の特別仕様車は、レンジローバーの誕生50周年を記念して日本で独自に企画したスペシャルモデルで、すべての仕様に“RANGE ROVER 50th Collection”スペシャルステッカーを貼付している。

▲レンジローバー「50th Collection」ポルトフィーノブルー 価格:8SAT1580万円 インテリアカラーにはアーモンド(シャドーウォールナットパネル付き)を採用する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 各モデルの特徴を見ていこう。
 まずレンジローバー「50th Collection」は、パワートレインに2992cc・V型6気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(258ps/600Nm)+副変速機付8速オートマチックを搭載するレンジローバー・ウェストミンスターをベースに、外装にはパノラミックルーフや22 インチ“スタイル5044”5スプリットスポークアロイホイール(グロスシルバーフィニッシュ)などを、内装にはスエードクロスヘッドライニングやMeridianサラウンドサウンドオーディオシステム、空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)、パーフォレイテッドウィンザーレザーシートなどを標準装備。ボディカラー/インテリアカラーには、ポルトフィーノブルー/アーモンド(シャドーウォールナットパネル付き)とフジホワイト/エボニー(グランドブラックパネル付き)を設定する。また、機能面ではテレイン・レスポンス2やオールテレインプログレスコントロール、ウェイドセンシング、ドライブプロパック、パークパックなどを標準で組み込んだ。

▲レンジローバー「50th Collection」フジホワイト 価格:8SAT1580万円 インテリアカラーにはエボニー(グランドブラックパネル付き)を採用する。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲足もとには22 インチ“スタイル5044”5スプリットスポークアロイホイール(グロスシルバーフィニッシュ)を装着

 次にレンジローバー スポーツ「50th Collection」は、パワートレインにマイルドハイブリッドシステム(MHEV)の“INGENIUM”2997cc直列6気筒DOHCディーゼルターボエンジン(300ps/650Nm)+モーター+副変速機付8速オートマチックを搭載するレンジローバー スポーツSEをベースに、外装にはブラックエクステリアパックや21インチ“スタイル9001”9 スポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)などを、内装には自動防眩ドアミラー(電動格納、ヒーター、アプローチライト、メモリ付、運転席側自動防眩)やヒーター付きステアリングホイール、グレインレザーシート、60:40分割可倒式2列目シート(ラゲッジスルー)、空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)などを標準装備。ボディカラーにはハクバシルバーとフジホワイトを、インテリアカラーにはアーモンド(アーモンドシート、エスプレッソ/アーモンドインテリア、アイボリーヘッドライニング)を採用する。また、機能面ではパワージェスチャーテールゲートやドライブプロパックなどを標準で設定した。

▲レンジローバー スポーツ「50th Collection」 写真・上はハクバシルバーで価格:8SAT1010万円、同・下はフジホワイトで価格:8SAT999万9000円
▲インテリアカラーにはアーモンド(アーモンドシート、エスプレッソ/アーモンドインテリア、アイボリーヘッドライニング)を採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲足もとには21インチ“スタイル9001”9 スポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)を装備

 そしてレンジローバー イヴォーク「50th Collection」は、パワートレインにINGENIUMディーゼルエンジン(D180)の1999cc直列4気筒DOHCディーゼルターボエンジン(180ps/430Nm)+9速オートマチックを搭載するレンジローバー イヴォーク・RダイナミックSをベースに、外装にはコントラストルーフやブラックエクステリアパック、20インチ“スタイル5079”5スプリットスポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)、プレミアムLEDヘッドライトなどを、内装にはグレインレザーシートおよび10ウェイフロントシート(ヒーター付)やインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」、インタラクティブドライバーディスプレイ、空気イオン化テクノロジーなどを標準装備。ボディカラーにはユーロンホワイト、サントリーニブラック、ソウルパールシルバー、フィレンツェレッドの4タイプを、インテリアカラーにはエボニー(エボニーインテリア、エボニーシート、エボニーヘッドライニング)を設定する。また、機能面ではオートハイビームアシストやオートヘッドライトレベリングシステム、パワーテールゲート、ドライバーアシストパックなどを標準で設定した。

▲レンジローバー イヴォーク「50th Collection」 価格:9SAT749万円 ボディカラーは4タイプを設定。写真・上からユーロンホワイト、サントリーニブラック、ソウルパールシルバー、フィレンツェレッド
▲インテリアカラーにはエボニー(エボニーインテリア、エボニーシート、エボニーヘッドライニング)を採用する。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲足もとには20インチ“スタイル5079”5スプリットスポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)を組み込む

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る