ー 

第2世代の新型SUBARU BRZが先行画像を公開。正式発表は11月18日と予告

Writer:大貫直次郎 

SUBARUが新型BRZのワールドプレミアを特設Webページにて本年11月18日23:00に実施すると発表。チラ見せ画像も先行公開

 米国SUBARUは11月4日(現地時間)、新型BRZのワールドプレミアを特設Webページにて米国東海岸時間11月18日9:00(日本時間11月18日23:00)に実施すると予告。合わせて、新型の外装アップの先行画像とエグゾーストノートが入った映像を公開した。

▲SUBARUが新型BRZのワールドプレミアを特設Web ページにて11月18日に実施するとアナウンス。先行公開の画像では、より精悍さを増した新しいフロントマスクの一端が見て取れる

 SUBARUがトヨタ自動車とタッグを組んで開発した2ドアクーペ車のSUBARU BRZとトヨタ86は、2012年2月に市場デビュー。FR(フロントエンジン・リアドライブ)レイアウトと水平対向エンジンが生み出す低重心パッケージングによって思い存分に“走り”が楽しめるスポーツモデルとして、走り好きから熱い支持を獲得した。
 現行型BRZはデビューから8年半あまりが経過した2020年8月に生産を終了し、以後は在庫のみを販売している。次期型はどのような姿で登場するのか、ファンから大きな期待を集めていたが、そのベールがいよいよ剥されるわけだ。

▲カモフラージュされたフロントサイドの画像では、軽量そうなブラック塗装の10本スポークアルミホイールや縦長のエアスリットが確認できる

 先行公開されたフロント画像を見ると、LEDヘッドランプがよりシャープな造形となり、合わせてフロントグリルを大型化していることがわかる。また、カモフラージュしたフロントサイドのアップ画像では、いかにも軽量そうなブラック塗装の10本スポークアルミホイールや縦長のエアスリットが確認できる。トレッドも広げていそうだ。

▲現行型のBRZ。低重心パッケージングが新型でどのように進化するのか――、非常に興味深いところだ

 果たして、新型BRZはどのようなスペックを纏って登場するのか。ワールドプレミアが今から楽しみだ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報