• TOP
  • 日産が国際戦略車のピックアップトラック「ナバラ」をフェイスリフト。2020年12月にタイにて販売を開始

 ー 

日産が国際戦略車のピックアップトラック「ナバラ」をフェイスリフト。2020年12月にタイにて販売を開始

Writer:大貫直次郎 

日産の事業構造改革「Nissan NEXT」が着々と進行。今度は大胆なフェイスリフトを図った新型ピックアップトラックの「ナバラ」を発表。2020年12月にタイで販売を開始し、後にその他の地域でも発売を予定

 日産自動車は11月5日、フェイリフトを実施した新型ピックアップトラック「ナバラ(NAVARA)」を発表し、2020年12月にタイにて販売を開始、後にその他の地域でも発売を予定しているとアナウンスした。

▲大胆なフェイスリフトを実施した日産ナバラ。内外装デザインを刷新したほか、安全性や快適性、そして走行性能を着実にレベルアップさせた

 ナバラはアジアやオセアニア地域などで販売するピックアップトラックで、現行モデルのD23型系(2014年デビュー)は第4世代に当たる。中南米などでは「フロンティア(FRONTIER)」の車名でリリース。源流となるダットサントラックから数えると80年以上に渡って生産される、日産の重要な国際戦略車だ。
 今回のフェイスリフトは、内外装デザインを刷新したほか、安全性や快適性、そして走行性能を着実にレベルアップさせたことが特徴だ。また、日常からの脱却を求める冒険家や旅行者が使うことをイメージしたスタイルパッケージ「PRO-4X」を新たに設定した。

▲リアアクスルの強化や荷台スペースの拡大によって積載可能重量をアップ。リアバンパーにはステップを新設して荷台への乗降性を高めた

 まず車体に関しては、リアアクスルの強化や荷台スペースの拡大によって積載可能重量を引き上げたことがトピック。また、リアバンパーにステップを新設して荷台への乗降性を高める。さらに、新開発のステアリングラックを組み込んで低速域を含む様々な速度レンジでの操縦性を向上させた。ほかにも、フレームとボディの接合部強化やサスペンションの設定変更などを実施し、車室内の振動を大幅に低減するとともに静粛性も高めて快適な移動空間を創出している。

▲写真は新設定のスタイルパッケージ「PRO-4X」。黒塗装のエンブレムやオレンジのアクセントを入れたフロントバンパー、ブラックで仕上げたグリル/ドアハンドル/ルーフラック/ランニングボード、17インチブラックホイール+オールテレーンタイヤなどを装備する

 一方、エクステリアは“頑丈”をテーマにデザインし、過酷な環境下での使用を想定して造られた、無骨で大胆かつスタイリッシュな外観に仕立てる。具体的には、堅牢さを表すインターロッキングデザインのフロントグリルや力強い印象を与えるC字型のヘッドランプデザイン、抑揚をつけたフェンダー造形、フロントと同じくC字型のランプを組み込んだ縦長のリアコンビネーションランプなどを採用し、ひと目でナバラとわかるデザインでありながら、より堂々とした存在感たっぷりのルックスを実現した。また、PRO-4Xには黒塗装のエンブレムやオレンジのアクセントを入れたフロントバンパー、ブラックで仕上げたグリル/ドアハンドル/ルーフラック/ランニングボード、17インチブラックホイール+オールテレーンタイヤなどを組み込み、アクティブなスタイリングをいっそう強調している。

▲8インチのタッチスクリーンを配するインフォテインメントシステムやTFT液晶ディスプレイを組み込んだメーター、新造形のステアリングホイールなどを新装備する
▲リアシートの形状を刷新して座り心地を向上させたほか、格納式アームレストにカップホルダーを内蔵して利便性を高めた。写真は「PRO-4X」

 内包するインテリアは、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応した8インチのタッチスクリーンを配するインフォテインメントシステムやTFT液晶ディスプレイを組み込んだメーター、新造形のステアリングホイールなどを採用したことが訴求点。また、リアシートの形状を刷新して座り心地を向上させたほか、格納式アームレストにカップホルダーを内蔵して利便性を高める。内装カラーはブラック、グレー、ライトグレーの3種類を設定。シート表皮には、通常のファブリックのほかに本革タイプを用意した。

▲搭載エンジンには2.3リットル直列4気筒DOHC直噴ディーゼルのシングルターボ仕様(163ps/403Nm)とツインターボ仕様(190ps/450Nm)を設定

 パワーユニットに関しては、2.3リットル直列4気筒DOHC直噴ディーゼルのシングルターボ仕様(163ps/403Nm)とツインターボ仕様(190ps/450Nm)を搭載。トランスミッションには6速MTと電子制御7速ATを設定し、2WD(FR)または4WDの駆動方式を選択できる。また、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の技術として、前方の車両や歩行者との衝突回避をサポートするインテリジェント エマージェンシーブレーキ、2台前を走る車両を検知して前方に潜む危険に対して注意を促すインテリジェントFCWなどを装備。さらに、4つのカメラを配した先進のインテリジェント アラウンドビューモニターのほか、4WDモードで低速走行した際に周囲の障害物を確認できるオフロードモニターを新たに組み込んだ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年1月号

  • ・巻頭レポート 新型SUBARU・BRZ
  • ・スペシャルピックアップ/試乗レポート
  • ・特集 元気が出るクルマ選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る