ー 

蘇った"黄金のサソリ"。アバルト595の限定車「595 Scorpioneoro」が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

1970年代にアバルトが手がけた「Autobianchi A112 ABARTH Targa Oro」をオマージュしたアバルト595の特別仕様車「595 Scorpioneoro」が登場。販売台数は200台の限定

 FCAジャパンは11月7日、アバルト595に限定モデルの「595 Scorpioneoro(スコルピオーネオーロ)」を設定し、同日より特設WEBサイトを通じて予約受付を開始した。

▲アバルト595 Scorpioneoro 価格:5MT368万円/5MTA379万円 全長3660×全幅1625×全高1505mm ホイールベース2300mm 車重1120kg 乗車定員4名 販売台数は限定200台

車種展開および販売台数は以下の通り。
595 Scorpioneoro 右ハンドル:5MT368万円/販売台数60台
595 Scorpioneoro 右ハンドル:5MTA379万円/販売台数40台
595 Scorpioneoro 左ハンドル:5MT368万円/販売台数60台
595 Scorpioneoro 左ハンドル:5MTA379万円/販売台数40台

▲“Nero Scorpione”と称するブラックのボディカラーを基調に、ボディ周囲を覆うゴールドビューティラインを配する

 今回の特別仕様車は、1970年代にアバルトが手がけたアウトビアンキA112アバルトの限定車で、ブラックのボディカラーにゴールドのアクセントを配した「Autobianchi A112 ABARTH Targa Oro(アウトビアンキA112アバルト タルガオーロ)」(1979年に150台限定で販売)をオマージュして製作。コレクターズアイテムに昇華したA112 ABARTH Targa Oroを現代風に再現したことが特徴だ。なお、車名の「Scorpione」はイタリア語でサソリ、「oro」は金色を意味している。

▲ゴールドのスコーピオンボンネットステッカーを貼付
▲ゴールドのScorpioneoroリアエンブレムを装着

 まずエクステリアでは、“Nero Scorpione”と称するブラックのボディカラーを基調に、ゴールドのスコーピオンボンネットステッカーやボディ周囲を覆うゴールドビューティライン、ゴールドのABARTHサイドステッカー、ゴールドのScorpioneoroリアエンブレムなどを貼付。また、トップ部にはマットブラックチェッカードルーフを、足もとにはゴールドの専用17インチ14スポークアルミホイール(タイヤサイズ205/40R17)とブラック仕上げのブレーキキャリパーを特別装備した。

▲マットブラックチェッカードルーフを特別装備
▲足もとにはゴールドの専用17インチ14スポークアルミホイール(タイヤサイズ205/40R17)を組み込む

 内包するインテリアは、ブラック仕上げの専用インストルメントパネルに、“Scorpioneoro”の刺繍およびスコーピオンロゴをモチーフとしたカモフラージュ柄インサートを配した専用スポーツシート(レザー/ファブリック表皮)、ゴールドプレート付専用フロアマットなどを特別装備。また、センターコンソールにはゴールドの限定車ロゴプレートを装着する。さらに、高音質なBeatsオーディオシステムも標準で採用した。

▲ブラック仕上げの専用インストルメントパネルやゴールドプレート付専用フロアマットなどを特別装備。ハンドル位置は右と左の選択が可能
▲“Scorpioneoro”の刺繍およびスコーピオンロゴをモチーフとしたカモフラージュ柄インサートを配した専用スポーツシート(レザー/ファブリック表皮)を装着
▲センターコンソールにはゴールドの限定車ロゴプレートを貼付

 パワーユニットに関しては、チューンアップ版の1368cc直列4気筒DOHC16Vインタークーラー付ターボエンジンを搭載。最高出力は165ps/5500rpm、最大トルクは230Nm/2250rpm(SPORTスイッチ使用時)を発生する。トランスミッションには5速MTとATモード付5 速シーケンシャルトランスミッション(MTA)を設定した。

▲パワーユニットには165ps/230Nmのパワー&トルクを発生する1368cc直列4気筒DOHC16Vインタークーラー付ターボエンジンを搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報