• TOP
  • フェラーリ初のプラグインハイブリッド・スーパースポーツ「SF90」にリトラクタブルハードトップモデルを新設定

 ー 

フェラーリ初のプラグインハイブリッド・スーパースポーツ「SF90」にリトラクタブルハードトップモデルを新設定

Writer:大貫直次郎 

伊フェラーリがシステム合計出力1000psを誇るPHEVのリトラクタブルハードトップモデル「SF90スパイダー」を発表。日本への導入時期は未定

 イタリアのフェラーリは11月12日(現地時間)、ブランド初の PHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)プロダクションモデルであるSF90のオープンモデル「SF90スパイダー(Spider)」を発表した。

▲フェラーリ・SF90スパイダー 全長4704×全幅1973×全高1191mm ホイールベース2649mm 車重1670kg 前後重量配分45:55 タイヤサイズは前255/35ZR20/後315/30ZR20 公表値の最高速度は340km/hで0→100km/h加速は2.5秒

 ワークスレーシングチームのスクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)の誕生90周年を記念して名づけられた「SF90」は、「ハイブリッドシステムを採用したほうがハイパフォーマンスなスポーツカーを造れる」という、フェラーリの確固たる信念をもって開発されたPHEVスポーツカーだ。従来はクーペボディの「ストラダーレ(Stradale)」のみを設定していたが、ここにオープンボディの「スパイダー(Spider)」を追加設定した。

▲コクピットまわりを入念に補強したうえで、新開発の電動格納式リトラクタブルハードトップを組み込む。トップの開閉に要する時間は約14秒

 オープン化に当たっては、マルチマテリアルとマルチテクノロジーのアプローチによって新パワーユニットとAWDの導入に伴う応力の吸収に対応しながら、効率的に高剛性化と軽量化を果たしたストラダーレの基本骨格をベースに、コクピットまわりを入念に補強したうえで、新開発の電動格納式リトラクタブルハードトップ(RHT)を組み込む。徹底したコンパクト化を図った新RHTは、一般的なRHTが格納スペースに150~200リットルほど必要なのに対して100リットルに抑制。合わせてトップの素材にアルミニウムを多用するなどして、一般的なRHTより約40kg軽量に仕立てた。一方、トップの開閉はセンターコンソールに配したスイッチ操作で行い、オープン/クローズに要する時間は約14秒を実現。また、45km/h以内であれば走行中でも開閉が可能だ。

▲格納時に空力的乱流とノイズを最小限に抑え、同時にエンジンベイのフローを最適化することで、ストラダーレと同レベルの空力特性を実現した

 エクステリアに関しては、エアロダイナミクスを最大限に重視。格納時に空力的乱流とノイズを最小限に抑え、同時にエンジンベイのフローを最適化することで、ストラダーレと同レベルの空力特性を達成する。また、トノカバーをBピラーと滑らかに融合させたり、シートのヘッドレスト後方のバットレスをボディパネルの下の構造部から隆起してきたかのようにアレンジしたりするなど、独自のスーパーオープンスポーツらしいルックスを創出した。開閉式のリアウィンドウを通して、RHTの展開時も格納時もV8エンジンの美しい表面が乗員から見えることも特徴だ。

▲インテリアは基本的にストラダーレと共通のデザインで、「手はステアリングホイールに」という発想から生まれた新しいヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を採用。トップの開閉スイッチはセンターコンソールに配備する
▲ヘッドレスト後方のバットレスをボディパネルの下の構造部から隆起してきたかのようにデザインする

 インテリアは基本的にストラダーレと共通のデザインで、「手はステアリングホイールに」という発想から生まれた新しいヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を導入する。インパネからはスイッチの数が大幅に削減され、インストルメントクラスターには16インチのフルデジタルディスプレイを設定。また、走行に必要な各種情報をフロントガラスに映し出す最新のヘッドアップディスプレイも装備した。

▲パワーユニットは3990cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジン(780ps)、前輪左右に独立配置された2基のモーターとエンジンおよびギアボックス間に設置したモーター(3基で計162kW)に容量7.9kWhの高性能リチウムイオンバッテリーで構成

 パワーユニットもストラダーレを踏襲し、リアミッドシップに置かれた3990cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジン(780ps/800Nm)、前輪左右に独立配置された2基のモーターとエンジンおよびギアボックス間に設置したモーター(3基で計162kW=220ps)に容量7.9kWhの高性能リチウムイオンバッテリーという、計1000psの強心臓を搭載して4輪を駆動(e-4WD)する。エンジンと組み合わせるトランスミッションには、8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用。ステアリングに配置したエレクトロニック・ビークルダイナミクス・モードセレクターの「eManettino(イーマネッティーノ)」によって、eドライブ/ハイブリッド/パフォーマンス/クオリティの4つの走行モードを選択できる点もストラダーレと共通だ。性能面では、車重がストラダーレより100kgほど重い1670kgとなった関係で、0→200km/h加速がストラダーレ比+0.3秒の7.0秒、フィオラーノのラップタイムが同+0.5秒の79.5秒となったものの、340km/hの最高速度や2.5秒の0→100km/h加速などは同数値である。

▲ストラダーレと同様にハイパフォーマンス志向のオプション装着車「アセットフィオラーノ(Assetto Fiorano)」を用意。専用カーボンファイバー製リアスポイラーやアルミ製マルチマチック・ショックアブソーバー&チタン製スプリングなどを組み込む

 なお、SF90スパイダーの本国での車両価格は47万3000ユーロ(約5870万円)に設定。日本への導入時期などは、現在のところ未発表だ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報