• TOP
  • 「最新モデル試乗」いま世界の富裕層が注目するレクサスLC500コンバーチブル。美しいオープンが約束する「特別な時間」

 ー 

「最新モデル試乗」いま世界の富裕層が注目するレクサスLC500コンバーチブル。美しいオープンが約束する「特別な時間」

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

レクサスLC500コンバーチブル 価格:10SAT 1500万円 試乗記

レクサスLC500コンバーチブル 価格:10SAT 1500万円 コンバーチブルはドア後方をクーペ比で高めたハイデッキデザイン ボディは専用強化仕様
レクサスLC500コンバーチブル 価格:10SAT 1500万円 コンバーチブルはドア後方をクーペ比で高めたハイデッキデザイン ボディは専用強化仕様

世界で最も美しいオープンモデル。4層構造のソフトトップ採用

 レクサスのフラッグシップクーペ、LCの登場から早いもので4年が経とうとしている。街で見かけるLCは、いまなお強烈な存在感を放つ。デザインのポテンシャルがそれだけ高いということだ。

 LCはこの4年間に特別仕様の内外装色を設定するなど、つねにニュースを提供。同時に、走行性能に関するリファインも着実に行ってきた。メーカーはLC開発の手を緩めていない。そしていよいよもうひとつのLC、500コンバーチブルが、日本でも発売された。パワーユニットは5リッター・V8DOHC32V(477ps/540Nm)。トランスミッションは10速ATを組み合わせる。

 コンバーチブルがこだわったのは、ルーフ開閉時のスタイルだ。LCクーペはデザインにこだわり抜いた。コンバーチブルが〝単に屋根を開けました〟では、共感は得られない。
 トップは4層構造のソフトタイプ。「リトラクタブルハードトップ(RHT)ではないの?」と思う方がいるかもしれない。けれどもラグジュアリーブランドの場合、コンバーチブルはソフトトップというのが世界一流の条件だ。

ボディの剛性感は最上レベル オープン時もしっかりとした味わいが楽しめる 走行時の風の巻き込みは適度 最高の雰囲気だ

15秒でオープンに変身。ボディは専用強化仕様

 ソフトップはトップの材質が進化した現在、クーペと遜色ない「屋根」になる。そのうえ機構が複雑なRHTよりデザインの自由度が高い。ルーフ面積が大きいGTカーにRHTを無理に使うと、デザインが台無しになってしまう。
 その点、LCコンバーチブルのソフトトップは見事だ。オープン時にはトップが完全に収納されてクリーンなスタイルになり、クローズド時もクーペと同等に美しい。

 軽いソフトトップであるがゆえに、走行中でも50km/h以下であれば操作できる。開閉に要する時間は約15秒だが、その動きも凝っていて、動きだし、途中、作動終わりを3ステップに分けて滑らかにつなぐという優雅な動きに仕上げている。開閉シーンはアトラクティブでスムーズ。思わず見ほれてしまった。トップは黒とサンドベージュの2色だが、欲をいえばもう1色、赤系を用意してほしかった。

 インテリアにも特徴がある。ウインドリフレクターやネックヒーターといった高級オープンに必須のアイテムのほか、ヘッドレスト後部にLマークを加えた。インテリアを「積極的に見せる」オープンカーならではのこだわりだ。V8サウンドを楽しむための、サウンドジェネレーターやアクティブノイズコントロールを採用する。
 ボディは専用強化仕様。ルーフを取り払ったことによる走りへの影響を抑えるために、各種ブレースを追加。クーペとともにヤマハ製パフォーマンスダンパーを新たに装着している。

ボディカラーはコンバーチブル専用色のテレーンカーキマイカメタリック(写真)など全11色を設定 トップカラーはサンドベージュ(撮影車)とブラックから選べる

走りは引き締まった感覚。珠玉のV8サウンドは最高のBGM

 乗り味は高級コンバーチブルと呼ぶにふさわしいものだった。大型クーペをオープンにした場合、どうしても車体がひと回り大きくなったような「弛み」を感じがちだが、LC500コンバーチブルにはそれがない。むしろ、小さくまとまっている感覚がある。
 オープン時はもちろん、クローズド状態でも、ボディはみしりともいわず、細かな段差も滑らかにいなしていく。国産オープンカーのドライブフィールとして史上最高の仕上がりだ。

 パフォーマンスはクーペと同等。右足を深く踏み込むと、怒濤の加速を披露する。もっとも、通常は豊かなトルクを感じながらゆったりと走るのが似合う。魅力はエンジンサウンド。まさに絶品。自然吸気V8の珠玉の音色が存分に楽しめる、稀少な存在だ。
 今後はオープンエアドライブをただひたすら優雅に楽しむためのハイブリッド・コンバーチブルの登場にも期待したい。

ソフトトップは4層構造 50km/hまでなら走行中でも操作できる 開閉時間は約15秒 トップはトランク前の専用スペースに収納
3眼LEDヘッドライトは直径30mmの小型レンズ仕様 ウインカーは縦型形状
フロント245/45RF20/リア275/40RF20ランフラットタイヤ+鍛造アルミ標準 写真の21インチ仕様はop(16万5000円)
4968cc・V8DOHC32V 477ps/7100rpm 540Nm/4800rpm チタン製吸排気バルブ/鍛造クランクシャフト採用 圧倒的なパワーと自然吸気V8ならではのエンジンサウンドが魅力 WLTCモード燃費:8.0㎞/リッター
コンバーチブルは「インテリアはエクステリアの一部」という発想でカラーコーディネートを徹底 運転席と助手席を分割したインパネデザインはクーペと共通 本革巻きステアリングは365mmの小径サイズ
シートはセミアニリン本革 パーフォレーションとキルティングで機能とデザイン性を追求 シート&ネックヒーター標準 後席は+2スペース

レクサスLC500コンバーチブル主要諸元

価格=10SAT 1500万円
全長×全幅×全高=4770×1920×1350mm
ホイールベース=2870mm
トレッド=フロント1630×リア1635mm
車重=2050kg
乗車定員=4名
エンジン=4986cc・V8DOHC32V
最高出力=351kW(477ps)/7100rpm
最大トルク=540Nm(55.1kgm)/4800rpm
WLTCモード燃費=8.0_km/リッター(燃料タンク容量81リッター)
(市街地/郊外/高速道路:4.7/8.5/10.9km/リッター)
サスペンション=前後マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=フロント:245/45RF20/リア:275/40RF20
駆動方式=FR
最小回転半径=5.4m

トップ開閉スイッチはコンソールの専用カバー下に配置
メーターはフル液晶タイプ コンバーチブルは光の反射を抑えるARコート用 表示は走行モードに応じて変化
トランスミッションは10速AT パドル標準 変速はシャープ

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る