• TOP
  • 「最新モデル試乗」シルキーシックスが魅力!大型キドニーグリルを採用したBMW・M440iクーペの鮮烈度

 ー 

「最新モデル試乗」シルキーシックスが魅力!大型キドニーグリルを採用したBMW・M440iクーペの鮮烈度

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

BMW・M440i・xドライブ・クーペ 価格:8SAT 1025万円 試乗記

BMW・M440i・xドライブ・クーペ M440はM社がファインチューンしたMパフォーマンスモデル 0→100km/h加速は4.5秒でクリア アダプティブMサスペンション&Mスポーツデファレンシャル標準 駆動方式は電子制御4WD
BMW・M440i・xドライブ・クーペ M440はM社がファインチューンしたMパフォーマンスモデル 0→100km/h加速は4.5秒でクリア アダプティブMサスペンション&Mスポーツデファレンシャル標準 駆動方式は電子制御4WD

大胆マスクの評価は賛否両論! 実車はなかなかハンサム

 4シリーズが最新世代へとフルチェンジを果たした。そのデザインが公表されるや否や、クルマ好きの中では喧々轟々の議論が巻き起こった。グリルが大きすぎるとか、従来の上品さを失ったといった否定的意見のほうが多かったと思う。けれども個人的には「悪くない」と思っていた。BMWというと、戦前の328ロードスターあたりが大好物。その昔、キドニーグリルはデカかったのだ。

 とはいえ、周囲があまりにデカいデカいと罵るものだから、実物を見る段階になって、思いのほかドギマギした。だが、いざ対面してみれば拍子抜けするほど自然なイメージ。グリルが大きすぎる、という印象は受けなかった。ボリューム感たっぷりのリアセクションとのバランスを考えれば、これくらいがちょうどいいと思えた。ボンネットもキドニーグリルに合わせてデザインされており、なかなかハンサムだ。

 新型4シリーズは、歴代BMWクーペ同様にスタイリッシュ。事前公開写真は、新しいグリルデザインを強調しすぎていたというわけ。もしくは、意識的に議論が巻き起こることを期待したマーケティング戦略の一環だったのかもしれない。
 実際、街中をドライブしていても注目度はそこそこ。ドイツ車ユーザーはもちろん、BMWユーザーからも視線を集める機会は少なかった。大きなキドニーグリルが全体のダイナミックなクーペスタイルの中で綺麗に消化されていることの証明なのかもしれない。

大型キドニーグリルをメーカーは「1930年代のスポーツカー328にインスパイアを受けた」と説明
4シリーズは2リッター直4ターボ(184ps)を積む420系と3リッター直6のM440を設定

外観は8シリーズの弟分の印象。実にスタイリッシュ!

 それにしても新型4シリーズのクーペスタイルは、3シリーズ・ベースとは思えないほどドラマチックに変化した。もはや3シリーズのクーペ版には見えない。それどころか、8シリーズかと思うほどのスペシャルティ感と高い質感を誇っている。

 ここに来てようやく、クーペモデルをまったく別の名前で呼ぶようになった理由がわかった気がした。特別なキドニーグリルを与えた理由もそのあたりにあったのではないか。狙いはセダンとクーペの峻別。結果、得られたクーペスタイルは、メカニズムは3シリーズ・ベースながら、ワンクラスもツークラスも上のラグジュアリー感を実現するものになった。ボディサイズは全長×全幅×全高4775×1850×1395mm。日本の道路環境でも持て余す心配はない。

 試乗車は現時点で最高グレードとなるM440iのxドライブ。パワーユニットはMパフォーマンスチューンの3リッター直6ターボ(387ps/500Nm)。駆動方式は電子制御4WD。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。欧州ではM4も発表済みだが、 3シリーズでの経験上、Mパフォーマンスモデルの実力は驚くほど高く、上等だと知っている。大いに期待して乗り込んだ。

ボディカラーは基本9色設定 写真のアークティクグレーレースブルーは特別塗装色(op12万4000円)
美しいフォルムは8シリーズと同様のイメージ 今後4ドアのグランクーペも登場予定

走りは速く、快適。しかもスポーティそのもの!

 インプレッションの結論からいうと、期待に違わぬ完成度だった。とくにグランドツーリングカーとしての資質は、スタイル同様、8シリーズ譲りである。
 洗練された滑らかさは超一級品。動き始めた瞬間から、お_っと驚いた。M340iもなかなかよかったが、M440iはもうワンランク上。乗り味の輪郭がより滑らかで、クリアで上質である。スタートの瞬間から動きはスムーズそのもの。豊かなライドクオリティが感じられた。

 インプレッションの結論からいうと、期待に違わぬ完成度だった。とくにグランドツーリングカーとしての資質は、スタイル同様、8シリーズ譲りである。
 洗練された滑らかさは超一級品。動き始めた瞬間から、お_っと驚いた。M340iもなかなかよかったが、M440iはもうワンランク上。乗り味の輪郭がより滑らかで、クリアで上質である。スタートの瞬間から動きはスムーズそのもの。豊かなライドクオリティが感じられた。

 加速パフォーマンスは「M」の呼称を名乗るにふさわしい。
 走行モードをスポーツ+にすれば豪快なサウンドとともに気分はスーパースポーツ。鮮烈な加速フィールが楽しめる。安定感は絶大。しかもハンドリングが素晴らしい。前輪の動きはM340iより明確にシャープ。スポーツドライブの楽しさはクラストップ。他に比べるモデルがないほどだ。

 1200kmほどドライブしたが、長距離&長時間ドライブの快適性は、もう「8シリーズ要らず」とさえ思える。やや硬めのライドフィールながら、腰下がとにかくよく動き、路面の情報を正確に伝えつつもフラットライドに徹する。まさにお見事というほかない。そのうえ、クルマとの一体感も最高だから、秘めた高性能に怯むことなく走っていられる。

 走りの高い完成度は、4シリーズという独立した呼称を名乗るにふさわしい。新型は単なる3シリーズのクーペ版ではない。スポーツ性、快適性、ラグジュアリー性とも、すべてに最高を追求したBMWらしいスペシャルティモデルだ。

2997cc直6DOHC24Vターボ 387ps/5800rpm 500Nm/1800~5000rpm パワー&サウンドとも極上のストレート6 WLTCモード燃費:11.2km/リッター
インパネは最新BMW共通イメージ 10.25インチセンターディスプレイ標準 室内加飾はアルミ・テトラゴンとパールクローム 操縦感覚は滑らかで正確
M440iは電動調節式電動スポーツシート標準 後席スペースは広く大人2名がくつろげる 乗り心地は全域フラット 快適性ハイレベル 最良のGTカーの1台 乗車定員は4名
後席は3分割トランクスルー機構付き 長尺物に対応 スノボなどが積める設計
マニュアルモード付き8速AT パドル標準 エンジン始動ボタンはシフト基部に配置
走行モードはスポーツ/コンフォート/ECOプロの3種 各種の詳細設定ができる
LEDの約2倍の照射距離(約500m)を誇るレーザーライト標準
フロント:225/40R19/リア:255/35R19ランフラットタイヤ+Mライトアルミ装着

BMW・M440i・xドライブ・クーペ 主要諸元と主要装備

グレード=M440i・xドライブ・クーペ
価格=8SAT 1025万円
全長×全幅×全高=4775×1850×1395mm
ホイールベース=2850mm
トレッド(フロント×リア)=1580×1590mm
車重=1740kg
エンジン=2997cc直6DOHC24Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=285kW(387ps)/5800rpm
最大トルク=500Nm(51.0kgm)/1800~5000rpm
WLTCモード燃費=11.2km/リッター(燃料タンク容量59リッター)
(市街地/郊外/高速道路=7.7/11.6/13.6)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:225/40R19/リア:255/35R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=4名
最小回転半径=5.7m
●主要燃費改善項目:無段階バルブリフト(バルブトロニック)/筒内直接噴射/吸排気無段階可変バルブタイミング(ダブルVANOS)/充電制御/アイドリングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:ドライビングアシスト・プロフェッショナル(アクティブクルーズコントロール+ステアリング&レーンコントロールアシスト+車線逸脱警告+レーンチェンジウォーニング+アクティブサイドコリジョンプロテクション+前車接近警告+衝突回避・被害軽減ブレーキ+後車衝突警報機能+クロストラフィックウォーニング+高速道路渋滞時ハンズオフアシスト+エマージェンシーストップアシスト+トラフィックサインアシスト)/BMWコネクテッドドライブ・プロフェッショナル/パーキングアシスト・プラス/BMWレーザーライト/パークディスタンスコントロール/リバースアシスト/ランフラットタイヤ/アダプティブMサスペンション/Mスポーツデファレンシャル/大径Mスポーツブレーキ/ドライブパフォーマンスコントロール/バリアブルスポーツステアリング/Mエアロダイナミクスパッケージ/19インチMスポークアルミ/専用デザインエレメント(セリウムグレーメタリックキドニーグリル&ドアミラーキャップ&テールパイプなど)/Mリアスポイラー/コンフォートアクセス/BMWライブコクピット(12.3インチメーターパネル+10.25インチワイドコントロールディスプレイ+HDDナビゲーション)/マルチファンクションMレザーステアリング/パーキングベンチレーション/3ゾーンオートAC/ヴァーネスカレザーシート/前席電動調節機構/スルーローディングシステム/アンビエントライト/スピーチコントロール(音声入力システム)/ワイヤレスチャージング/ハーマンカードン・サウンドシステム/ヘッドアップディスプレイ/ジェスチャーコントロール
●装着メーカーop:Mスポーツシート13万6000円/BMWインディビジュアルアルミニウムハイグロス・インテリアトリム7万6000円
●ボディカラー:アークティックグレーレースブルー(op12万4000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万8620円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報