ー 

ボルボS60/V60クロスカントリーが商品改良を実施。48Vマイルドハイブリッドの導入で全車電動化

Writer:大貫直次郎 

ボルボがプレミアムミッドサイズスポーツセダン「S60」とプレミアムミッドサイズクロスオーバー「V60クロスカントリー」をマイナーチェンジ。従来のT4/T5パワートレインに代わって48VマイルドハイブリッドのB4/B5を採用

 ボルボ・カー・ジャパンは11月26日、人気プレミアムミッドサイズスポーツセダン「S60」とプレミアムミッドサイズクロスオーバー「V60クロスカントリー」の商品改良を行い、同日より発売した。

▲ボルボS60 B5 R-Design(写真・右) 価格:8SAT624万円/ボルボV60クロスカントリー B5 AWD Pro(同・左) 価格:8SAT674万円 パワートレインには「B5」1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラーターボエンジン(250ps)+モーター(10kW)+リチウムイオンバッテリー(容量10Ah)+ギアトロニック(電子制御8速AT)で構成する“Drive-E”48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載

車種展開は以下の通り。
■S60
S60 B4 Momentum:499万円
S60 B5 Inscription:624万円
S60 B5 R-Design:624万円
S60 Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription Expression:684万円
S60 Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription:799万円
■V60クロスカントリー
V60クロスカントリー B5 AWD:579万円
V60クロスカントリー B5 AWD Pro:674万円

 今回の商品改良は、装備を一部変更するとともに、パワートレインに48Vハイブリッドを導入することで全車電動化を図ったことが特徴だ。なお、今回のS60とV60クロスカントリーのパワートレイン一新により、ボルボの国内販売モデルは全てが電動化されることとなった。

▲S60 B5 R-Designのボディサイズは全長4760×全幅1850×全高1435mm/ホイールベース2870mmで車重は1730kg 足回りにはスポーツサスペンションや18インチ専用アルミホイールを装備する WLTCモード走行燃費は12.8km/リットル

 まずパワートレインでは、従来の「T5」「T4」に代わり、新たに48Vハイブリッド「B5」「B4」を採用する。
 「B5」は1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラーターボエンジン(250ps/350Nm)+モーター(10kW/40Nm)+リチウムイオンバッテリー(容量10Ah)+ギアトロニック(電子制御8速AT)で構成する“Drive-E”48Vマイルドハイブリッドシステムで、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力をリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や動力補助を行う仕組みだ。グレードとしては、S60に充実装備のInscription(インスクリプション)、グロッシーブラック仕上げのアクセントや18インチ専用アルミホイール、スポーツサスペンション、専用オープングリッドテキスタイル/ファインナッパレザーコンビネーション・スポーツシート、本革/シルクメタル・スポーツステアリングホイールなどを装備した新設定のR-Design(Rデザイン)を、V60クロスカントリーに電子制御AWDシステムを組み込んだ標準仕様のAWD、19インチアルミホイールやダークティンテッドガラス、ファインナッパレザー表皮シート、ウッドパネル、4ゾーンフルオートACなどの上級装備を配したAWD Proをラインアップする。
 「B4」はエントリーパワートレインに位置。“Drive-E”48Vマイルドハイブリッドシステムは、1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラーターボエンジン(197ps/300Nm)+モーター(10kW/40Nm)+リチウムイオンバッテリー(容量10Ah)+ギアトロニック(電子制御8速AT)で構成する。グレードはS60のMomentum(モメンタム)のみを設定した。
 一方、S60に設定するプラグインハイブリッドモデルは「Recharge Plug-in hybrid T6 AWD(リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWD)」へと切り替わり、パワートレインには1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラーターボ&スーパーチャージャーエンジン(253ps/350Nm)+フロントモーター(34kW/160Nm)+リアモーター(65kW/240Nm)+リチウムイオンバッテリー(容量34Ah)+ギアトロニック(電子制御8速AT)を採用。通常走行の「Hybridモード」をはじめ、電動モーターだけで駆動する「Pureモード」ではゼロエミッション走行を行い、航続距離は最大48.2kmを実現する。また、エンジンとモーターの2つのパワーソースを最大限に活用する「Powerモード」も選択可能だ。グレードとしては、充実装備のInscription(インスクリプション)のほか、一部上級装備を省いて車両価格を抑えたエントリー仕様のInscription Expression(インスクリプション・エクスプレッション)を用意した。

▲V60クロスカントリー B5 AWD Proのボディサイズは全長4785×全幅1895×全高1505mm/ホイールベース2875mmで車重は1880kg 駆動機構には電子制御AWDシステムを採用する WLTCモード走行燃費は11.7km/リットル

 改良モデルでは、装備面の拡充を図ったことも訴求点だ。まず、車内から微粒子状物質を除去することで PM2.5粒子を最大95%車外に排出することができる「CleanZone-アドバンスト・エア・クオリティ・システム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付)」を新採用。また、「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」を標準で装備する(Recharge Plug-in hybrid T6 AWD Inscription除く)。さらに、オプションのB&Wプレミアムサウンドオーディオシステムのアップグレードも行い、音場再現性の向上とともに“Jazz Club”モードを新たに追加した。ほかにも、180km/h最高速度制限およびケア・キーの導入や最新の先進安全および運転支援機能の全車標準装備化などを実施している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報