ー 

アウディの最もパワフルなQモデル「RS Q8」が待望の日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

アウディが最強SUVクーペモデルの「RS Q8」を日本で発表。車両価格は1869万円に設定

 アウディ・ジャパンは2020年11月28日、フラッグシップSUVクーペのQ8シリーズにハイパフォーマンスモデルの「RS Q8」をラインアップし、2021年2月以降に発売する予定だと発表した。車両価格は1869万円に設定する。

▲アウディRS Q8 価格:8SAT1869万円 全長5010×全幅2000×全高1700mm ホイールベース2995mm 車重2410kg 乗車定員5名 ハイグロスブラックのラジエーターグリルやルーフエッジスポイラー、リアスカート、楕円テールパイプなど数々のRS専用パーツを組み込む

 メーカー自ら「アウディRSモデルの25年の歴史において、初めて真のハイパフォーマンススポーツカーの遺伝子を備えた大型SUVクーペが誕生した」と謳うRS Q8は、パワーユニットに専用チューニングの3996cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジンを搭載する。最高出力は600ps/6000rpm、最大トルクは800Nm/2200~4500rpmを発生。トランスミッションには、セッティングを最適化した電子制御8速ティプロトニックを組み合わせる。また、この強力パワーユニットには48V主電源機構をベースとするマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムを組み込み、クランクシャフトにベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)を接続。減速および制動時には最大12kWの電力を回生してリチウムイオンバッテリーに蓄電し、またドライバーが55~160km/hの速度域で走行中にアクセルペダルから足を離した際は、ドライブマネージメントシステムが走行状況およびアウディドライブセレクトダイナミック・ハンドリングシステムで選択されたモードに従ってエネルギーを回生するか、エンジンを停止して最大40秒間コースティング(惰性走行)するかを選択する仕組みだ。一方、エンジン本体にはシリンダーオンデマンド(COD)も採用する。高めのギアが選択され、エンジンが低〜中負荷状態の場合、燃料噴射と点火を停止し、吸気バルブと排気バルブを閉じることにより2番、3番、5番、8番のシリンダーを休止。4気筒モードでは、高まる負荷に対応するようバルブの作動ポイントが最適化される。そして、休止したシリンダーはほとんどパワーを損失することなくガススプリングのように作動を続け、ドライバーがアクセルペダルを踏み込むとすぐに再作動するようにセッティングした。

 高出力ユニットの搭載に合わせて、駆動機構には専用チューニングのクワトロシステム=フルタイム4WDを採用。トラクション性能を高めるセルフロッキングディファレンシャルも組み込む。また、懸架機構には専用セッティングのRSアダプティブエアサスペンションを標準で装備。操舵機構には、高トルクの電動スピンドルドライブと2本のトラックロッドを介してリアホイールを動かすオールホイールステアリング(4輪操舵)を採用する。シューズには5Yスポークロータースタイルマットチタニウムルック10.5J×23アルミホイール+295/35R23タイヤを装着した。

▲パワーユニットには専用チューニングの3996cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(600ps/800Nm)を搭載。高効率化を目的に48V主電源機構をベースとするマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムやシリンダーオンデマンド(COD)を組み込んだ

 エクステリアに関しては、“自信にあふれたスタイル”に仕立てたことが訴求点だ。フロント部は印象的な八角形シングルフレームにハイグロスブラックのRS専用ラジエーターグリル、グロスブラックのRSハニカムグリル、そしてグリルと組み合わせたサイドエアインレットおよびハイグロスブラックのブレードを採用し、鍛え上げられたアスリートのような雰囲気を創出。ヘッドライトにはHDマトリクスLEDタイプを採用し、立体的なデイタイムランニングライトシグネチャーやダイナミックターンインジケーターなども組み込む。また、サイドビューは優雅なラインを描くルーフとホイールアーチ上の力強いブリスター、ボディ同色のRS専用トリムストリップなどによってパワフルな外観を強調。そしてリアセクションは、上部にRSルーフエッジスポイラー、下部にハイグロスブラックのディフューザークリップを備えたRS専用リアスカートとRS専用楕円テールパイプを装備して、空力特性の向上や見た目の存在感のアップを果たした。

▲インテリアはスポーティかつクリーンなデザインで構成。デコラクティブパネルにはアルミニウムレースを採用する。日本導入モデルのハンドル位置は右/左

 インテリアについては、スポーティかつクリーンなデザインで構成したことが特徴だ。インパネはスリムかつ水平基調ラインで仕立て、アウディバーチャルコックピットには専用RSディスプレイを、ダッシュボード中央には10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテインメントシステムを配備。また、幅の広い左右対称のセンターコンソールにはアルミニウムで織ったレース地のようなテクスチャーで装飾するフレームを組み込み、大型SUVクーペのスポーティなキャラクターをより強調する。一方、前席にはRSエンボス加工を施したレザー/アルカンターラ表皮のスポーツシートを装着。後席にはリアベンチシートプラスを装備した。

 安全運転支援システムの充実ぶりも見逃せない。最新のアダプティブクルーズコントロールやアダプティブドライブアシスト/エマージェンシーアシスト、アウディプレセンスリア、アウディサイドアシストなどの最新機構を標準で採用している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報