• TOP
  • 「最新モデル試乗」堂々たる存在感。メルセデスで最もコスパが高いと評判の新型GLA。その使い勝手と実力

 ー 

「最新モデル試乗」堂々たる存在感。メルセデスで最もコスパが高いと評判の新型GLA。その使い勝手と実力

Writer:岡崎宏司 Photo:小久保昭彦

メルセデス・ベンツGLA200d・4マチック 価格:8SMTC 502万円 試乗記

メルセデスGLA・200d・4マチック 写真はAMGライン(op28万円)装着車 2ndモデルは全高を旧型比で100mm以上アップ SUVらしい逞しさが大幅アップ AMG35&45Sモデルも登場
メルセデスGLA・200d・4マチック 写真はAMGライン(op28万円)装着車 2ndモデルは全高を旧型比で100mm以上アップ SUVらしい逞しさが大幅アップ AMG35&45Sモデルも登場

日本でも扱いやすい車両サイズ。内外装は最新メルセデスルック

活力ポイント!
1:フレッシュな雰囲気と存在感
2:2リッターディーゼル+4WDが生む高い機動性

 Aと聞くと、エントリーカーをイメージするかもしれない。だが、メルセデス・ベンツGLAは、ひと目見ただけで、そんなイメージを吹き飛ばす。
 試乗車は200d・4マチックのAMGライン装着車。ボディサイズは全長×全幅×全高4440×1850×1605mm。全長こそコンパクトだが、最新SUVらしく力強い印象を放つ。オプションのAMGラインを装着したGLAの存在感/押し出し感は堂々たるもの。威圧感を抱く人さえいるかもしれない。

 インテリアは最新のメルセデス共通の意匠でまとめられている。ボクは好きだが、古くからのメルセデス・ファンには馴染めないユーザーもいるようだ。トリムは上質とはいえないものの、軽々しさや安っぽさはない。
 キャビンはゆとり十分。165cmのパッセンジャーが前後に座ると、後席ひざ元にはこぶし3個ほど、ヘッドクリアランスはこぶし1.5個ほどの余裕が残る。サンルーフ(op)のシェードを開けたときの開放感は、文句なしだった。

4440×1850×1605mm(AMGライン装着車) ホイールベース2730mm 車重1710kg 一般的な立体駐車場には未対応 駆動方式は4WD
1949cc直4DOHC16Vディーゼルターボ 150ps/3400~4400rpm 320Nm/1400~3200 rpm 低回転域から豊かなトルクを発生 パフォーマンス優秀 静粛性ハイレベル WLTCモード燃費:16.5km/リッター

2リッターディーゼルターボ搭載。静粛&滑らか。気持ちのいい加速フィールが魅力

 エンジンは2リッター・4気筒のターボチャージャー付きディーゼル。150psの最高出力と、320Nmの最大トルクを発生する。トランスミッションは電子制御式8速DCT。その走りは静かで、滑らかで、力強い。
 もし、昔のディーゼル車のイメージをひきずっているユーザーに黙ってキーを渡せば、その多くがガソリン車だと思うだろう。ディーゼルと気づくのは、クルマの外に出てエンジン音を聞いたときだけだと思う。

 もちろん、ガソリンエンジンのような回転の伸びはない。だが、8速DCTのギアリングのよさと変速の滑らかさが、それを十分カバーしている。低回転域から厚いトルクを発揮するディーゼルならではの加速は応答性がいい。「気持ちのいい加速感」という表現が当てはまる。山岳ワインディング路の上りでも、スポーティなドライブが楽しめるパワーとスピードがある。

 身のこなしは素直で、ステアリングは正確。背の高いSUVだが、高いスピードでの旋回もしたたかにこなす。4マチックがしっかり仕事をしている関係もあるのだろう。19インチのタイヤを履きこなしており、粗い路面での音、振動、ショックも抑え込んでいる。
 足腰はしっかりしているし、乗り心地もいい。ABS領域までしっかりチューニングされたブレーキもメルセデスらしい。

 メルセデスGLAは、存在感は抜群だし、走り味/乗り味もいい。コンパクトSUVとして魅力的なオールラウンダーだ。メルセデス・ラインアップの中で最もコストパフォーマンスの高い1台でもある。

インパネは10.25インチ液晶メーターとセンターモニターを連結したツインディスプレイ仕様 ナビ機能はop(18万9000円) 対話型インフォテインメント機能MBUX標準
シートは大型サイズ アップライトな着座ポジションが開放感を演出 室内スペースは余裕たっぷり 写真の本革シートはop(19万4000円) 乗り心地は良好
メーターは美しいグラフィックが印象的な先進意匠 さまざまな表示デザインが選べる
8速DCTのメインセレクターはコラム配置 パドルシフト標準
バックカメラ標準 後方と俯瞰情報を表示する親切システム
ACCは全車速対応/自動再発進機能付き 渋滞時にも便利な設計
荷室は後席使用時425リッター 最大1420リッターに拡大 後席シートバックは3分割式 リアゲートは電動式
AMGラインは235/50R19タイヤ+専用スポークアルミ装着 最低値上高は179mm 悪路でも安心
AMGラインのバンパーはエアロ形状 ヘッドライトは照射範囲を自動制御するマルチビームLED

メルセデス・ベンツGLA200d・4マチック 主要諸元と主要装備

グレード=200D・4マチック
価格=8SMTC 502万円
全長×全幅×全高=4415×1835×1620mm
(AMGライン装着車の全長×全幅×全高は4440×1850×1605mm)
ホイールベース=2730mm
トレッド=フロント1590×リア1595mm
最低地上高=202mm(AMGライン装着車は179mm)
車重=1710kg
エンジン=1949cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=110kW(150ps)/3400~4400rpm
最大トルク=320Nm(32.6kgm)/1400~3200rpm
WLTCモード燃費=16.5km/リッター(燃料タンク容量51リッター)
(市街地/郊外/高速道路:12.8/16.5/19.0km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=235/55R18+アルミ
(AMGライン装着車は235/50R19+専用スポークアルミ)
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.3m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/電子制御燃料噴射/ターボチャージャー/水冷式インタークーラー/コモンレール高圧噴射/電動パワーステアリング
●主要装備:レーダーセーフティパッケージ(アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック+アクティブレーキアシスト+PRE-SAFE/PRE-SAFEプラス+アクティブブラインドスポットアシスト+アクティブレーンキーピングアシストほか)/クロスウインドアシスト/アテンションアシスト/360度カメラシステム/リアクロストラフィックアラート/アクティブボンネット/コンフォートサスペンション/18インチ5ツインスポークアルミ/LEDハイパフォーマンスヘッドライト/プライバシーガラス/前席メモリー付きフルパワーシート/前席シートヒーター/イルミネーテッドステップカバー/3分割可倒式リアシート/本革巻きマルチファンクションステアリング/パドルシフト/チルト&テレスコピック機構/リバースポジション機能付きドアミラー/オフロードエンジニアリングパッケージ/ダイナミックセレクト/自動開閉テールゲート/キーレスゴー/ワイヤレスチャージング/オートAC/10.25インチモニターMBUXシステム/10.25インチコクピットディスプレイ/イモビライザー
●装着メーカーop:ナビゲーションパッケージ(オンライン地図更新機能付き)18万9000円/AMGライン(AMGスタイリングパッケージ+ロゴ入りブレーキキャリパー+ステンレス製スポーツペダル+本革巻きスポーツステアリング+レザーDINAMICAシート+カーボン調インテアリアトリム+スポーツコンフォートサスペンション+19インチAMGアルミ+マルチビームLEDヘッドライト+アダプティブハイビームプラス+アンビエントライト)28万円/AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(本革シート)19万4000円/アドバンスドパッケージ(ヘッドアップディスプレイ+アドバンスドサウンドシステム)16万8000円
●ボディカラー:ポーラーホワイト
※価格はすべて消費税込み
※撮影協力●マースガーデンウッド御殿場

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る