• TOP
  • 「最新モデル試乗」これはフルチェンジだ! ドライバーを魅了するレクサスISの走りはBMWを超えた!?

 ー 

「最新モデル試乗」これはフルチェンジだ! ドライバーを魅了するレクサスISの走りはBMWを超えた!?

Writer:山本シンヤ Photo:LEXUS

レクサスIS350Fスポーツ 価格:8SAT 650万円 試乗記

レクサスIS350Fスポーツ 最新モデルはスポーツセダンとして「ドライバーとクルマの対話性」を徹底重視 徹底的な走り込みを実施
レクサスIS350Fスポーツ 最新モデルはスポーツセダンとして「ドライバーとクルマの対話性」を徹底重視 徹底的な走り込みを実施

実車は写真以上にスタイリッシュ! パワーユニットは全3種

 フルモデルチェンジ並みの大幅改良が実施されたISに、開発の拠点となったトヨタ・テクニカルセンター下山で試乗した。

 実車は写真以上にスタイリッシュ。カッコよさが際立つ。低いフロント回り、ワイド&ローを強調したスタンス、クーペを彷彿とさせるサイドビュー、そして横一文字のリアコンビネーションランプが新鮮だ。素直に「スポーツセダンはいいな」と思わせる。
 インテリアは小変更。今回の改良の「選択と集中」の結果だろう。ただしインパネ上部は新設計。ここまでやるならステアリングホイールの形状や操作系、メーター表示など、最新レクサスと同じ意匠にグレードアップしてほしかった。

 パワートレーンは3.5リッター・V6(318ps/350)、 2.5リッター直4(178ps)+モーター(143ps)のハイブリッド(300h)、そして2リッター直4ターボ(245ps/300)の3種。ハイブリッドはモーターアシスト制御を変更、2リッターターボはアダプティブ式ATの採用など、アップデートされた。

ぐっと張り出した躍動的なリア回りがダイナミックな印象をアピール 全長×全幅×全高4710×1840×1435mm BMW3シリーズ(同4715×1825×1430mm)と同等
ヘッドライトは新開発の薄型デザインLED シャープで精悍な表情を演出 写真は3眼タイプ

走りは劇的変化! クルマとの一体感が大幅進化

 プラットフォームは従来モデルと同じNプラットフォーム。ただし、GSが用いるワイドトレッド仕様のNワイド(従来のISはNナロー)をベースに高剛性化を実施。サイドラジエターサポートの補強やフロントメンバーのスポット打点追加、Cピラーからルーフサイドにかけての構造最適化が行われた。前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンク式サスペンションはセッティングが見直され、アルミ製ロアアームの採用、タイヤ大径化(19インチ・一部を除く)、ハブボルト式のホイール締結などを実施する。

 走りは見た目と同じく「激変レベル」だ。グリップバランスが適正化されたことで、クルマの動きに連続性が増し、一体感が強調された。ハンドリングの自由度もぐっと向上している。ドライバーの運転操作で弱アンダーから弱オーバーまで自在に操れる。足を綺麗に動かす設定が、プラスをもたらしているようだ。しかも限界時の動きは唐突ではない。ジワーッと流れるような懐の深いコントロール性である。新型は「FRの旨み」が、存分に実感できる。

 ひとつ惜しいのは、従来と大きくは変わらない、ややルーズで曖昧なステアリング系。最新モデルのスッキリしたフィールや直結感には到達していない。ここが改良されれば、クルマとの対話性はぐっと高まるに違いない。個人的には軽快で前後バランスが最良の2リッターターボ、すなわち 300が、最も「ISらしい」と感じた。

 新しいISは「知り尽くしたリソース」と「TNGAの知見」が融合し、1+1=3になった気がする。スポーツセダン復権を告げる魅力的な存在だ。

インパネは従来と共通イメージ 中央に10.3インチタッチディスプレイ装着 Fスポーツは専用メーター
Fスポーツはサポート性に優れた専用スポーツシート標準 写真のベンチレーション機能付き本革はop
350用 3456cc/V6DOHC24V 318ps/6600rpm 380Nm/4800rpm 大排気量NAならではのパワーとレスポンスが魅力
300用 1998cc直4DOHC16Vターボ 245㎰/5200~5800rpm 350Nm/1650~4400rpm 8SATはアダプティブ制御新採用
300h用 2493cc直4DOHC16V(178ps/221Nm)+モーター(143ps/300Nm) エンジンとモーターの駆動力制御を変更
Fスポーツはフロント235/40R19/リア265/35R19タイヤ+ダーク塗装アルミ ハブボルト式締結を新採用
リアコンビネーションランプは左右が連結したワイド形状 トランクリッドはスポイラー状に成型
足回りはフロントダブルウィッシュボーン/リアマルチリンクの組み合わせ 新開発スウィングバルブショックアブソーバーを採用 駆動方式はFRを基本に一部に4WD設定
プラットフォームはNワイドに変更 高剛性化を徹底 運動性能を高めるとともにノイズ/振動を効果的に排除 走りと快適性をリファイン

レクサスIS350Fスポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=350Fスポーツ
全長×全幅×全高=4710×1840×1435mm
ホイールベース=2800mm
トレッド=フロント1580/リア1570mm
車重=1660kg
エンジン=3456cc・V6DOHC24V(プレミアム仕様)
最高出力=234kW(318ps)/6600rpm
最大トルク=380Nm(38.7kgm)/4800rpm
WLTCモード燃費=10.7km/リッター(燃料タンク容量66リッター)
(市街地/郊外/高速道路=7.0/11.2/13.2km/リッター)
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント235/40R19/リア265/35R19+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
●主な燃費改善対策:筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●主要装備:レクサスセーフティシステム+(プリクラッシュセーフティ=歩行者・自転車運転者検知機能付き衝突回避支援タイプ+レーントレーシングアシスト+オートマチックハイビーム+全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール+ロードサインアシスト+ドライバー異常時対応システム/先行車発進告知機能)/ブラインドスポットモニター/パーキングサポートブレーキ/バックガイドモニター/ヒルスタートアシストコントロール/UVカット機能付きウインドシールドガラス(遮音タイプ)/スマートエントリー&スタートシステム/電動チルト&テレスコピックステアリングコラム/ゲート式シフトレバー/アナログクロック/前席電動調節機能/プレミアムサウンドシステム/10.3インチワイドディスプレイ/ナビゲーションシステム/Fスポーツ専用フロントグリル&ロッカーモールフィン&リアバンパーロアガーニッシュ/サウンドジェネレーター/フロントパフォーマンスダンパー/ドライブモードセレクト/専用8インチTFTメーター/ディンプル本革スポーツステアリング/アルミ製スポーツペダル&フットレスト/専用スポーツシート

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る