ー 

オールラウンドミニバンの三菱デリカD:5が一部改良を行って機能性をアップ

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車がオールラウンドミニバンのデリカD:5をマイナーチェンジ。機能装備の拡充で利便性を向上

 三菱自動車は12月10日、オールラウンドミニバンのデリカD:5を一部改良して発売した。なお、アウトドア志向の特別仕様車のジャスパー(JASPER)は継続して販売する。

▲三菱デリカD:5・P 価格:8SAT438万7900円 全長4800×全幅1795×全高1875mm ホイールベース2850mm 車重1970~1980kg 乗車定員7/8名

車種展開は以下の通り。
■デリカD:5
M:391万3800円
G:401万5000円
Gパワーパッケージ:425万1500円
P:438万7900円
特別仕様車 ジャスパー:410万800円
■デリカD:5アーバンギア
G:414万2600円
Gパワーパッケージ:437万9100円
Pエディション:448万9100円

▲三菱デリカD:5アーバンギア・Gパワーパッケージ 価格:8SAT437万9100円 全長4800×全幅1795×全高1875mm ホイールベース2850mm 車重1970~1980kg 乗車定員7/8名

 今回の商品改良は、機能装備の拡充がメインメニューだ。
 まず、フロントウインドシールドのガラス表面の雨滴を検出し、雨量に合わせて間欠作動を行うほか、LO/HIのワイパー速度を自動で切り換える雨滴感応オートワイパーを新採用。また、寒冷時にステアリングホイールを温め、快適なドライブをサポートするステアリングヒーターをP/Gパワーパッケージ/アーバンギア・Pエディション/アーバンギア・Gパワーパッケージに標準で装備する(G/アーバンギア・Gにはオプション設定)。さらに、オートライトコントロール機能の安全性を向上。従来よりも早いタイミングでヘッドライトを自動点灯させ、また夜間走行中のヘッドライトの点け忘れ防止を図った。

▲雨量に合わせて間欠作動を行うほか、LO/HIのワイパー速度を自動で切り換える雨滴感応オートワイパーを新採用
▲ステアリングヒーターをP/Gパワーパッケージ/アーバンギア・Pエディション/アーバンギア・Gパワーパッケージに標準で装備する

 パワートレインに関しては基本的に従来と共通で、4N14型2267cc直列4気筒DOHC16Vコモンレール式DI-Dインタークーラー付ターボディーゼルエンジン(145ps/38.7kg・m)+8速スポーツモードATを搭載。駆動機構にはAWC(All Wheel Control)思想に基づいた三菱自動車独自の電子制御4WDシステムを採用している。

▲三菱デリカD:5・ジャスパー 価格:8SAT410万800円 全長4800×全幅1795×全高1875mm ホイールベース2850mm 車重1950kg 乗車定員8名 アウトドアで映えるエクステリアデザインや撥水機能付きグランリュクス表皮シートなどを採用する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報