ー 

クラウドストリーミングナビを搭載した最新シボレー・カマロが日本での予約注文を開始

Writer:大貫直次郎 

シボレーが誇る人気スペシャルティカーのカマロの日本向け最新モデルが発表。完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を採用して機能性を高める

 ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年12月11日、シボレー・ブランドの定番スペシャルティカーであるカマロの日本向け最新モデルの予約受注をスタートした。ユーザーへの納車は2021年1月からを予定する。

▲シボレー・カマロLT RS 価格:8SAT556万円 全長4785×全幅1900×全高1345mm/ホイールベース2810mm 乗車定員4名

車種展開は以下の通り。
カマロLT RS:556万円
カマロ コンバーチブル:644万円
カマロSS:710万円

▲GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発したDR(自律航法)マップマッチング対応完全通信車載ナビのクラウドストリーミングナビを搭載

 最新モデルは、日本向け専用のナビゲーションシステム「クラウドストリーミングナビ」を標準装備したことが最大の特徴だ。GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発したDR(自律航法)マップマッチング対応完全通信車載ナビのクラウドストリーミングナビは、トンネルなどGPSで測位できない環境下でも自律航法が可能。そして、最新の地図を常にストリーミングすることでルート案内やオンラインフリーワード検索を快適に使用でき、かつデータ更新の煩わしさを省いている。

▲ボディカラーはブラック/サミットホワイト/レッドホット/リバーサイドブルーメタリック/サテンスチールグレーメタリックという5色をラインアップ

 ボディカラーについては、ブラック、サミットホワイト、レッドホット、リバーサイドブルーメタリック(LT RS/SSのみ)、サテンスチールグレーメタリック(LT RS/SSのみ)という5タイプを設定。内装カラーはジェットブラックとジェットブラック/アドレナリンレッドの2種類をラインアップする。

▲内装カラーはジェットブラックとジェットブラック/アドレナリンレッドの2種類を設定。センターコンソール後部には新たにワイヤレスチャージングを標準装備する。ハンドル位置は左
▲ドライバーインフォメーションセンターを採用。設定可能な8インチのカラークラスターディスプレイではラップタイムやコーナーでのGフォース、燃料使用量、走行距離、タイヤ空気圧、作動温度などの情報が確認できる

 パワートレインはLT RSとコンバーチブルに1998cc直列4気筒DOHC・VVTインタークーラー付ターボエンジン(275ps/400Nm)+8速AT(パドルシフト付き)を、SSに6153cc・V型8気筒OHV・VVTエンジン(453ps/617Nm)+10速AT(パドルシフト付き)を搭載。ボディサイズはクーペのLT RSとSSが全長4785×全幅1900×全高1345mm/ホイールベース2810mm、コンバーチブルが全長4785×全幅1900×全高1350mm/ホイールベース2810mmに設定している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る