• TOP
  • 「最新モデル試乗」欧州ベストセラー、新型ルノー・ルーテシアはどこがすごいのか!? じっくり乗ってわかった実力

 ー 

「最新モデル試乗」欧州ベストセラー、新型ルノー・ルーテシアはどこがすごいのか!? じっくり乗ってわかった実力

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

ルノー・ルーテシア・インテンス・テックパック 価格:7SMT 276万9000円 試乗記

ルノー・ルーテシア・インテンス・テックパック テックパックはシリーズ最上級モデル レーンセンタリングアシスト/360度カメラ/本革シート/ブラックドアミラーを専用装備
ルノー・ルーテシア・インテンス・テックパック テックパックはシリーズ最上級モデル レーンセンタリングアシスト/360度カメラ/本革シート/ブラックドアミラーを専用装備

欧州ベストセラー上陸! 日本仕様は3グレード構成

 2019年秋の東京モーターショーで日本初公開されたルノー・ルーテシア(5thモデル)が発売された。
 スタイリングは4thモデルのイメージを継承する。旧型は欧州30カ国のコンパクトカークラス(Bセグメント)で6年連続ベストセラーであり、人気の最大の理由がスタイリングだったからだという。とはいえ新型はメガーヌに似た存在感のある表情になり、サイドは水平方向のラインが強調された。ドアは前後とも大きく開くようになり、Cピラーに埋め込んだリアドアのオープナーが大きくなるなど、実用性も高まっている。

 全長×全幅×全高は4075×1725×1470mm。旧型比で拡大しているのは、全高(25mm増)だけ。全長は20mm短く、幅は25mm狭い。日本の道路環境でいちだんと使い勝手を高めたサイズ設定だ。
 日本仕様はゼン(236万9000円)、インテンス(256万9000円)、インテンス・テックパック(276万9000円)の 3グレード構成。ゼンは受注生産。

 多くのユーザーはインテンス以上を選ぶだろう。インテンス系のホワイトとブラックの 2トーンインテリアは、車格を超えたシックでドレッシーな装いだ。
 新型はオートACのダイヤルをはじめ、パワーウィンドウのスイッチまでエッジをシルバーでカバー。周囲が暗くなればセンターコンソールやドアトリムをイルミネーションが彩る。これまでのルノー製コンパクトカーでは体験できなかったような世界だ。
 メーターは、センターに大きなデジタルディスプレイを置いたシンプルで見やすい意匠。ロングドライブでの疲れにくさを念頭に置いたデザインだった。

日本仕様のフロントマスクはクロームアクセント入り 大型サイズのルノーエンブレムが強い存在感を演出
プラットフォームはルノー/日産/三菱の新開発CMFーB 車重は従来比20kg軽量化

1.3リッターターボ搭載。エンジンはメルセデスAクラスと同系列

 試乗車は最上級グレードのインテンス・テックパック。標準装備の本革シートは快適仕様。前席はパッセンジャーを優しく受け止めつつ上体をしっかり支える。ユーザーの期待を裏切らない。5thモデルはルノー/日産/三菱グループが新開発したCMF-Bプラットフォームをいち早く採用。ホイールベースは2585mmと旧型比で15mm短くなったが、後席の広さは変わらない。全高に余裕があるため、身長170cmの乗員なら足元だけでなく頭上空間にもゆとりがあった。
 ラゲッジスペースは、リアシートの折りたたみに合わせてフロアを2段階にセット可能。後席使用時の容積は 330からリッター391リッターに大幅に拡大した。全長や全幅を縮小しながらこの数字は驚きだ。

 パワートレーンは新設計。エンジンはダイムラー・グループとのアライアンスで誕生した1.3リッター直列 4気筒ターボ。メルセデス・ベンツAクラスやBクラスと同系列である。最高出力は131ps、最大トルクは240Nm。排気量は従来の1.2リッターから 1.3リッターに拡大され、13ps/35Nmパワフルになった。

 デュアルクラッチトランスミッションは6速から7速に進化。一方、ダウンサイジングしたボディや新開発プラットフォームの効果で車両重量は20kg軽い1200kg。加速はかなり力強い。トランスミッションは旧型同様、デュアルクラッチタイプとしては唐突感が少なく滑らかで、市街地で微妙な速度調節がしやすい。

1333cc直4DOHC16Vターボ 131ps/5000rpm 240Nm/1600rpm メルセデスA180比で5ps低いが40Nmトルクフル WLTCモード燃費:17.0km/リッター
インパネはワイドな視界と良好な操作性を重視した水平基調 各部ソフトパッド仕上げ 本革巻きステアリングはエアバッグモジュールを小型化した新形状

新型は安全・運転支援機能充実。快適さが光る

 新型ルーテシアは、先進運転支援機構が一挙にレベルアップした。具体的にはアダプティブクルーズコントロール、アクティブエマージェンシーブレーキ、レーンデパーチャーワーニング、ブラインドスポットワーニングが全車標準装備となる。作動感はルノーらしい。たとえばアダプティブクルーズコントロールは唐突感のない滑らかな印象で、高速道路での加減速は自然そのものだった。

 乗り心地とフットワークは旧型同様、強い個性は持たない。しかし、しばらく走り続けていると、とにかく揺れが少なくフラットな姿勢を保つ特性を実感する。コーナーでは信頼感あふれる接地感をベースにした自然な身のこなしが印象的。フットワークのレベルはかなり高い。

 新型の美点は快適性。パワートレーンやシャシーからの細かい振動を巧みにシャットアウトしている。乗り味はワンクラス上のクルマを思わせる。世界初採用というボーズのフレッシュエアスピーカーから届く音楽を味わいながらのドライブは実に快適。ゆったりとした気分でどこまでも走って行きたくなった。

テックパックは本革シート標準 前後席とも大型サイズ フランス車らしい快適な座り心地が楽しめる 室内スペースは従来モデルと同等
新型は走行モードとインテリア照明をカスタマイズできるルノーマルチセンス標準 安全機能充実

ライバル、プジョー208とどう違うの?

 新型ルーテシアの最大のライバルは、同じフランス車のプジョー208になるだろう。ボディサイズはほぼ同じ、水平基調になったスタイリングも共通だが、旧型の面影を残したルーテシアに対し、208はかつての名車205のモチーフを蘇らせた。インテリアは大人っぽいルーテシアに対し、208はモダンでポップな雰囲気と好対照だ。

 208は1.2リッター直列3気筒ターボ(100ps/205Nm)にトルコン式8速ATを組み合わせる。パワーの余裕はルーテシアが上。4気筒らしい滑らかなサウンドも好印象だ。フットワークのレベルはどちらも高いが、乗り心地は208が「猫足」と形容されるしなやかさ、ルーテシアはルノーらしいフラット感重視という違いがある。

プジョー205GTライン 価格:8SAT 293万円 1.2リッター直3ターボ(100ps/205Nm)搭載 全長4095mm 立体造形「3D・iコクピット」はスポーティ
ルーテシアの全長×全幅×全高は4075×1725×1470mm 旧型比では全長は20mm短く 全幅は25mmタイト 全高は25mm高い 車重1200kg
走行モードに応じて表示が変化 スポーツ時は回転計出現

ルノー・ルーテシア・インテンス・テックパック 主要諸元と主要装備

グレード=インテンス・テックパック
価格=7SMT 276万9000円
全長×全幅×全高=4075×1725×1470mm
ホイールベース=2585mm
トレッド(フロント×リア)=1505×1495mm
車重=1200kg
エンジン=1333㏄直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=96kW(131Nm)/5000rpm
最大トルク=240Nm(24.5kgm)/1600rpm
WLTCモード燃費=17.0km/リッター(燃料タンク容量42リッター)
(市街地/郊外/高速道路=12.7/17.2/19.8km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=205/45R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
●主要燃費改善項目:直噴エンジン/可変バルブタイミング機構/アイドリングストップ/充電制御/電動パワーステアリング/EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)
●主要装備:アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)/レーンセンタリングアシスト/アクティブエマージェンシーブレーキ/360度カメラ/前後パーキングセンサー/ブラインドスポットワーニング/レーンデパーチャーワーニング/セーフティディスタンスワーニング/オートハイ&ロービーム/トラフィックサインレコグニッション/スピードリミッター/前席&前席サイド&カーテンエアバッグ/コーナリングライト/LEDヘッドライト/プライバシーガラス/ブラックドアミラー/17インチアルミ/7インチデジタルインスツルメントパネル/本革巻きステアリング/ステアリングヒーター/本革シート/前席シートヒーター/7インチマルチメディア/Boseサウンドシステム/9スピーカー/オートAC/アンビエントライト(8色)/自動防眩ルームミラー/スタート&ストップ機能/電動パーキングブレーキ/ハンズフリーカードキー/スマートフォンワイヤレスチャージャー/ルノーマルチセンス/ECOモード/オートライト/パドルシフト/チルト&テレスコピック機構/ルノーワランティ(3年間or6万㎞保証)
●ボディカラー:ルージュフラムメタリック(op4万4000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万2560円

トランスミッションは旧型の6速から7速に多段化 パドルシフト標準
世界初のフレッシュエアスピーカー(ウーハー)式ボーズシステム装備
205/45R17+7Jアルミ標準 足回りはしっかりとした設定 最小回転半径5.2m
ヘッドライトはオートハイビーム機能内蔵LED フォグライト標準

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る