ー 

手描きのトリコローレのアクセントを外装に施したレヴァンテ トロフェオの限定モデルが登場

Writer:大貫直次郎 

マセラティが高性能ラグジュアリーSUVのレヴァンテ トロフェオに特別仕様車「レヴァンテ トロフェオ トリコローレ」を設定して発売。販売台数は限定5台

 マセラティ ジャパンは2020年12月14日、ラグジュアリーSUVの高性能バージョンのレヴァンテ トロフェオに特別仕様車の「レヴァンテ トロフェオ トリコローレ」をラインアップし、限定5台で発売すると発表した。車両価格は2400万円に設定する。

▲マセラティ・レヴァンテ トロフェオ トリコローレ 価格:8SAT2400万円 販売台数は5台限定。美しい手描きのトリコローレのストライプを外装に施す

 今回の限定モデルは、COVID-19で一時閉鎖を余儀なくされたイタリア全土の工場が生産を再開したのを祝して設定された特別仕様車で、伊マラネロのフェラーリ工場で製造した3799cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジン(434ps/734Nm)を搭載するレヴァンテ トロフェオをベースに、イタリアの国旗をモチーフとした緑/白/赤の三色のトリコローレカラーを内外装に採用したことが特徴である。
 まずエクステリアでは、メタルシェント・ペイントのグリジオ・マラテアのボディカラーを基調に、美しい手描きのトリコローレのストライプをフロントフードからルーフ、リアにかけて配備。また、ネリッシモ・パックやオリオーネ・スタッガード・ダークミロン22インチ鋳造アロイホイール、レッドキャリパーなどを組み込んで、よりラグジュアリーかつスペシャルなルックスへと昇華させた。

▲内装では黒のピエノフィオーレレザーに赤と緑の特別なステッチを配し、またシートのセンターには白地に“MMXX”のデザインを加えた

 一方、内装では黒のピエノフィオーレレザーに赤と緑の特別なステッチを配し、またシートのセンターには白地にローマ数字で2020を意味する“MMXX”のデザインを加えて、特別なトリコローレカラーを演出する。さらに、ハイグロス・カーボンファイバートリムとカーボンシフトパドルを特別装備。機能面では、フォーゾーン・クライメートコントロールやBowers&Wilkins高性能サラウンドシステム、電動リアサイド・サンブラインド、トラフィックサインレコグニション、リアゲート用キックセンサーなどを標準で採用した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る