ー 

メルセデスAMG63モデルとして初めて48V電気システムとISGを採用したGLE/GLEクーペ/GLSが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

4.0L・V8ツインターボエンジン+ISG+48V電気システムを搭載したメルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+/GLE 63 S 4MATIC+クーペ/GLS 63 4MATIC+が発売。車両価格は1958~2183万円に設定

 メルセデス・ベンツ日本は2020年12月15日、高性能SUVのメルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+/GLE 63 S 4MATIC+クーペ/GLS 63 4MATIC+を発表し、同日より発売した。
車両価格は以下の通り
メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+:1958万円
メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+クーペ:1998万円
メルセデスAMG GLS63 4MATIC+:2183万円

▲メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+ (ISG搭載モデル) 価格:9SATC1958万円 全長4955×全幅2020×全高1785mm ホイールベース2995mm 車重2520kg 乗車定員5名

 新設定のメルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+/GLE 63 S 4MATIC+クーペ/GLS 63 4MATIC+は、メルセデスAMGの最新テクノロジーを鋭意組み込んで、より高性能で先進的なSUVシリーズに仕立てたことが特徴である。

▲メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+クーペ (ISG搭載モデル) 価格:9SATC1998万円 全長4960×全幅2020×全高1715mm ホイールベース2935mm 車重2480kg 乗車定員5名

 まずパワーユニットには専用チューニングの「M177」3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジンを搭載。最高出力は612ps/5750~6500rpm、最大トルクは850Nm/2500~4500rpmを発生する。また、2基のターボチャージャーをV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともにターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで優れたレスポンスを実現。さらに、2/3/5/8番の4気筒を休止することで燃料消費量とCO2排出量を抑えることができるAMGシリンダーマネジメントを採用した。組み合わせるトランスミッションには、専用設定のAMGスピードシフトTCT(電子制御9速AT)をセット。そして、エンジンとトランスミッションの間には、モーター兼発電機のISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を搭載する。48V電気システムによって駆動するモーターは16kW/250Nmのパワー&トルクを絞り出し、加速時などでエンジンを効率的にサポート。また、回生ブレーキとともに発電も担い、容量約1kWhのリチウムイオンバッテリーに充電して、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートなどをスムーズに実施する。さらに、シフトチェンジの際にもモーターが始動し、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストを行う仕組みとした。一方、駆動機構には可変トルク配分システムのAMG 4MATIC+を採用。走行状況に応じて前後トルクを100:0~0:100の範囲でシームレスに配分し、優れたトラクションと安定性、そしてステアリング操作にナチュラルに反応する鋭い回頭性を具現化した。

▲パワーユニットには「M177」3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジンを搭載。最高出力は612ps/5750~6500rpm、最大トルクは850Nm/2500~4500rpmを発生する
▲エンジンとトランスミッションの間にはモーター兼発電機のISGを配置。48V電気システムによって駆動するモーターは16kW/250Nmのパワー&トルクを絞り出し、加速時などでエンジンを効率的にサポートする。駆動機構には可変トルク配分システムのAMG 4MATIC+を採用

 シャシー面に関しては、走行安定性を高めるAMG ACTIVE RIDE CONTROLを採用したことがトピックだ。この機構は、マルチチャンバーを備えたAMG RIDE CONTROL+エアサスペンションをベースに、48Vテクノロジーによる電動機械式の連続可変電子制御スタビライザーを前後アクスルにセット。1秒間に最大1000回の頻度で走行と路面の状況に即した制御を行い、直進時にはしなやかな足回りによる快適な乗り心地を発揮しながら、コーナリングや車線変更時にはロールを効果的に抑え、より快適でダイナミックなドライビングを実現する。また、AMG DYNAMICSを組み込んで幅広いドライビングダイナミクスを達成したAMGダイナミックセレクトを採用。走行モードは、快適性と燃費を優先する「Comfort」、スポーティな走行を支援する「Sport」「Sport+」、サーキット走行のための「RACE」、雪道などの滑りやすい路面のための「Slippery」、泥道などに最適な「Trail」、砂地での走行性能を高める「Sand」、オリジナルのモードにカスタマイズできる「Individual」という8モードを設定した。

▲走行安定性を高めるAMG ACTIVE RIDE CONTROLを採用。1秒間に最大1000回の頻度で走行と路面の状況に即した制御を行う

 エクステリアに関しては、伝説の300SLレースカーをモチーフとした垂直ルーバーをもつフロントグリルや専用アレンジのAMGスタイリングパッケージ、AMGカーボンファイバーエンジンカバー、AMGスポーツエグゾーストシステム、AMGレッドブレーキキャリパー(AMG強化ブレーキシステム)といったスペシャルアイテムを標準装備。足もとには、GLE63 Sがヒマラヤグレーペイント22インチAMGクロススポークアルミホイールと前285/40R22後325/35R22の前後異サイズタイヤを、GLS63がマットブラックペイント22インチAMGマルチスポークアルミホイールと前285/45R22後325/40R22の前後異サイズタイヤ(オプションでヒマラヤグレーペイント23インチAMGマルチスポークアルミホイールと前285/40R23後325/35R23の前後異サイズタイヤを用意)を装着した。

▲メルセデスAMG GLS63 4MATIC+ (ISG搭載モデル) 価格:9SATC2183万円 全長5245×全幅2030×全高1840mm ホイールベース3135mm 車重2680kg 乗車定員7名

 内包するインテリアはフルレザー仕様に仕立てたうえで、ナッパレザー表皮のAMGスポーツシートやAMGパフォーマンスステアリング、メタルウィーブ(GLE63 S)およびdesignoブラックアッシュウッド(GLS63)のインテリアトリムなどを採用。安全運転支援システムのインテリジェントドライブ、高度なデジタル技術のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージング機能、テレマティクスサービスのMercedes me connectなど、最新世代の機能装備も標準で組み込んでいる。

▲GLE 63 S 4MATIC+の内装。AMGパフォーマンスステアリングやメタルウィーブのインテリアトリムなどを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右/左
▲GLE 63 S 4MATIC+クーペの内装。前席にはナッパレザー表皮のAMGスポーツシートを装備する。日本導入モデルのハンドル位置は左
▲GLS63 4MATIC+の内装。インテリアトリムにはdesignoブラックアッシュウッドを採用する。日本導入モデルのハンドル位置は左
▲ステアリングにはAMGドライブコントロールスイッチを配備。左の2つのボタンはサスペンションセッティングの切替などを、右のロータリースイッチはAMGダイナミックセレクトのモード切替を司る

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る