ー 

ワンオフで製作されたランボルギーニの特別なハイパーカー「SC20」がお披露目

Writer:大貫直次郎 

ランボルギーニが公道走行可能なオープントップレーシングカー「SC20」を発表。顧客のリクエストをもとにスクアドラ・コルセが特注で製作

 伊ランボルギーニおよびモータースポーツ活動を担うランボルギーニ・スクアドラ・コルセは2020年12月16日(現地時間)、サーキット走行専用で公道走行も可能なワンオフモデルの新型ハイパーカー「SC20」を発表した。

▲ランボルギーニが発表した「SC20」は、公道走行が可能なワンオフモデルのレーシングカーだ。基本骨格にはカーボンファイバー製モノコックボディを採用。エアロダイナミクスも最大限に重視する

 スクアドラ・コルセ(Squadra Corse)の略であるSCの車名を冠した新型ハイパーカーは、1人の顧客のリクエストをもとに、ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレのデザイナーがスケッチを描き、スクアドラ・コルセとともに実車化を果たしたワンオフのサーキット走行向けオープントップレーシングカーである。ちなみに、同様の企画で製作されたモデルとしては、2018年発表のSC18アルストン(SC18 Alston)に続いて2台目となる。

▲1人の顧客のリクエストをもとにランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレのデザイナーがスケッチを描き、スクアドラ・コルセとともに実車化を果たした

 基本骨格に関しては、最高水準の高剛性と軽量化を両立させたカーボンファイバー製モノコックボディで構成する。低いスクリーンを配してバルケッタ風に仕立てたスタイリングは、エアロダイナミクスを最大限に重視。ディテールにもこだわり、2枚のフィンが囲う特徴的なフロントスプリッターやウラカンGT3 EVOからインスパイアを受けたボンネットのエアインテーク、エッセンサSCV12で培ったソリューションを反映した彫刻のような造形のサイドセクション、ロー/ミディアム/ハイの3ポジションの調整が可能な大型のカーボンファイバー製リアウィングなどを組み込む。外板色はBianco Fuと称するホワイトを基調に、カーボン地を活かしたブラックとBlu Cepheusのブルーをアクセントとして効果的に配した。

▲シザーズドアはカーボンファイバー製。足もとには前20/後21インチのシングルナットアルミリムホイールとピレリP ZERO Corsaタイヤを組み込む
▲ロー/ミディアム/ハイの3ポジションの調整が可能な大型のカーボンファイバー製リアウィングを装着

 インテリアカラーも外装と同様のパターンで設え、ブラック系のNero Cosmus とホワイト系のBianco Leda、そしてブルー系カラーを織り交ぜて配色する。キャビン自体はダッシュボードからセンターコンソール、ドア、ステアリングホイールリムに至るまでカーボンファイバー材を導入。シート骨格もカーボンファイバー材で仕立て、表皮にはアルカンターラ/レザーのコンビタイプを張る。3D印刷技術を用いて製作したエアベントや機械加工で削り出したアルミニウム製ドアハンドルなど、細部のパーツのアレンジも印象的だ。

▲ダッシュボードからセンターコンソール、ドア、ステアリングホイールリムに至るまでカーボンファイバー材を採用する
▲シート骨格もカーボンファイバー材で仕立て、表皮にはアルカンターラ/レザーのコンビタイプを張った

 搭載エンジンはランボルギーニのフラッグシップV12をベースとした6498cc・V型12気筒DOHCの自然吸気ユニットで、車体のミッドシップにマウント。最高出力は770ps/8500rpm、最大トルクは720Nm/6750rpmを発生する。一方、トランスミッションには7速のISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)ギアボックスを組み合わせ、駆動機構にはセントラル・エレクトロニック・ディファレンシャルを組み込んだ4WDシステムを採用。足もとには、前20/後21インチのシングルナットアルミリムホイールとピレリP ZERO Corsaタイヤを装着した。

▲搭載エンジンは6498cc・V型12気筒DOHCの自然吸気ユニットで、車体のミッドシップにマウント。最高出力は770ps/8500rpm、最大トルクは720Nm/6750rpmを発生する

 なお、ランボルギーニ・モータースポーツの責任者であるジョルジオ・サンナは、「SC20はカスタマーの希望をもとに、チェントロ・スティーレが見事に解釈した1台」と自負している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報