• TOP
  • 「最新モデル試乗」これは面白い! 街なかベストのホンダe、国内販売枠をもっと増やして欲しいと思う、これだけの理由

 ー 

「最新モデル試乗」これは面白い! 街なかベストのホンダe、国内販売枠をもっと増やして欲しいと思う、これだけの理由

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

ホンダeアドバンス 価格:495万円 試乗記

ホンダeアドバンス ホンダeは標準仕様とアドバンスを設定 アドバンスは154ps/315Nmのモーターを搭載 航続距離(WLTCモード)は259km 30分の急速充電で約200km走れる設計 販売は欧州マーケット優先 日本の年間販売予定台数は1000台 小さな高級車という性格
ホンダeアドバンス ホンダeは標準仕様とアドバンスを設定 アドバンスは154ps/315Nmのモーターを搭載 航続距離(WLTCモード)は259km 30分の急速充電で約200km走れる設計 販売は欧州マーケット優先 日本の年間販売予定台数は1000台 小さな高級車という性格

どこか懐かしい造形。メカニズムは超一級。駆動方式は911と同じRR

活力ポイント!
1:ホンダらしさあふれる先進設計
2:キビキビ、軽快な力強い走り

 ホンダeは、ホンダ電動化の新たなイメージリーダーだ。
 エクステリアはシャープなラインを持つ最新ホンダ車とは正反対。ほのぼのした懐かしさを感じさせる。1stシビックやN360を彷彿させるフォルムだ。全車標準のデジタルミラーは解像度が高く、表示モニターを巧みにレイアウト。他車より使いやすい。

 インテリアは、モダンリビングがコンセプト。インパネ回りにはモニターを多数配置。ツイン形状のワイドスクリーン・ホンダコネクト・ディスプレイは、PCモニターを並べたような雰囲気。作り/質感はクラスレスで、〝新時代の小さな高級車〟を実感させる。室内/ラゲッジ空間は必要十分なスペース。適度なタイト感は、“街なかベスト”のキャラクターを考えると欠点ではない。

 ホンダeは一見、FFハッチバックに見えるが、モーターはリアに搭載。後輪を駆動する。試乗車のアドバンスのモータースペックは154ps/315Nm。バッテリー容量は35.5kWh。航続距離(WLTCモード)は 259kmだ。
 プラットフォームは専用設計。前後オーバーハング短縮、50対50の理想的な重量配分、そして床下バッテリー搭載で「NSX並みの低重心」を達成。基本に優れる。

全長×全幅×全高3895×1750×1510mm 車重1540kg モーターをリアに搭載し後輪を駆動 プラットフォームは低重心の専用設計
ボディカラーは全7色 手前プレミアムクリスタルレッドメタリック 後方プレミアムクリスタルブルーメタリック

超一級のハンドリングマシン。街乗りだけではもったいない!

 実際に乗るとどうか? 応答遅れなし、アクセルを踏んだ瞬間から必要な駆動力が得られる、というEVの魅力が堪能できる。エンターテインメント的な加速力ではなく、ドライバーのペダル操作に合わせて、必要なだけパワーが増していく印象だ。V6・3リッターに匹敵する315Nmのトルクは強力。後ろからグッと押されるRR感覚にワクワクする。

 フットワークは二面性を持つ。直進時はコンパクトハッチであることを忘れるくらい重厚。路面にピターっと張り付くように真っ直ぐ走る。そこからステアリングを切り込んでいくと、まるでギアの精度が増したかのような高い応答性でクルマのノーズはインに向く。超一級のハンドリングマシンに変貌するのだ。サスペンションは、無駄な動きは抑えるが引き締めすぎていない……という絶妙な味付け。穏やかなのに一体感が高い、しなやかなのにロールは少ないという不思議な感覚である。
 最小回転半径4.3mの取り回し性は感動レベル。Uターンや車庫入れ時は、慣れるまでは「曲がり過ぎだ」と感じるくらいだ。

 ホンダeは航続距離を割り切り、クルマとしての魅力を高めた意欲作。マーケティングや販売の要望から生まれたモデルではない。正真正銘の提案型商品だ。「新世代の理想のコンパクトカーを作ろう」という気概にあふれている。
 久々にホンダらしい1台である。

室内はモダンリビング感覚 インパネは5つのスクリーンを配置したワイドビジョン仕様 両サイドにサイドカメラ用モニター/中央に12.3㌅画面を連結搭載する
シートはクッション性に優れたファブリック仕様 前席はアコードと共通フレームの大型サイズ 後席足元スペースはややタイト シートベルトはブラウンカラー 乗車定員4名
メーターは機能を集約した見やすいシンプル意匠 速度計は大型デジタル式
ツイン形状12.3インチモニター「ホンダコネクト・ディスプレイ」は音声操作可能 「OKホンダ」で起動
走行セレクターとドライブモード選択はボタン式 アクセル操作だけで走る「シンプルペダル」機構を装備
充電ポートはフロント中央に配置 リッドは回転スライド式の上質ガラス製
LEDヘッドライトはチャーミングな丸型形状 リアランプと同一イメージ 薄型形状フォグ標準
サイドカメラミラーユニットは小型形状 車幅内に収まる設計 カメラは170万画素の高精細
フロント205/45ZR17/リア225/45ZR17ミシュランPS4+軽量アルミ装着 最小回転半径は4.3mと小回りが利く
荷室スペースはミニマム 後席を倒すとゴルフバッグが2個積める 後席は一体可倒式

ホンダeアドバンス 主要諸元と主要装備

グレード=アドバンス
価格=495万円
全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm
ホイールベース=2530mm
トレッド=フロント1510/リア1505mm
最低地上高=145mm
車重=1540kg
電動機・型式=MCF5(交流同期発電機)
電動機・最高出力=113Nm(154ps)/3497~10000
電動機・最大トルク=315Nm(32.1kgm)/0~2000
動力用主電池=種類・リチウムイオン/個数192/電圧3.7V/容量50.0Ah/総電圧355.2V
WLTCモード・一充電走行距離=259km
交流電力量消費率=138Wh/km
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションバー
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=フロント:205/45ZR17/リア:225/45ZR17+アルミ
駆動方式=RR
乗車定員=4名
最小回転半径=4.3m
●主な燃費改善対策:ホンダセンシング(衝突軽減ブレーキ+前後誤発進抑制機能+歩行者事故低減ステアリング+路外逸脱抑制機能+渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール+車線維時支援システム+先行車発進お知らせ機能+標識認識機能+オートハイビームほか)/パーキングセンサーシステム/LEDヘッドライト/ダブルホーン/ワイドスクリーン・ホンダコネクトディスプレイ+ETC2.0車載器/ホンダパーソナルアシスタント/デジタルグラフィックメーター(8.8インチTFT)/マルチインフォメーションディスプレイ/エレクトリックギアセレクター/車内Wi-Fi/後退出庫サポート/プラズマクラスター機能搭載フルオートAC/前席シートヒーター/ステアリングヒーター/ファブリックシート/本革巻きステアリング/スカイルーフ(サンシェード付き)/サイドカメラミラーシステム/センターカメラミラーシステム/ドライブモードスイッチ/シングルペダルコントロール/減速セレクター/VGR(可変ステアリングギアレシオ)/マルチビューカメラシステム/プレミアムサウンドシステム/8スピーカー/ホンダパーキングパイロット/100V・AC電源(1500W)/フロントガラスディアイサー/17インチアルミ
●ボディカラー:プレミアムクリスタルレッドメタリック
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る