• TOP
  • 三菱eKクロス/eKクロス スペースに安全装備の充実化を図った特別仕様車「Gプラスエディション」を新設定

 ー 

三菱eKクロス/eKクロス スペースに安全装備の充実化を図った特別仕様車「Gプラスエディション」を新設定

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車の軽ハイトワゴンのeKクロスと軽スーパーハイトワゴンのeKクロス スペースに安全装備の拡充を図った特別仕様車の「Gプラスエディション」をラインアップ。eKクロス スペースでは運転席側ハンズフリーオートスライドドアなども標準装備化

 三菱自動車は2020年12月24日、軽ハイトワゴンのeKクロスと軽スーパーハイトワゴンのeKクロス スペースに安全装備の充実化を図った特別仕様車の「Gプラスエディション(G Plus Edition)」を新設定し、同日より発売した。

▲三菱eKクロス・Gプラスエディション(2WD) 価格:CVT161万7000円 全長3395×全幅1475×全高1640mm ホイールベース2495mm 車重860kg 乗車定員4名

車種展開は以下の通り。
eKクロス・Gプラスエディション:2WD161万7000円/4WD174万9000円
eKクロス スペース・Gプラスエディション:2WD182万6000円/4WD195万8000円

▲三菱eKクロス スペース・Gプラスエディション(2WD) 価格:CVT182万6000円 全長3395×全幅1475×全高1780mm ホイールベース2495mm 車重970kg 乗車定員4名

 今回の特別仕様車は、パワートレインにBR06型659cc直列3気筒DOHCエンジン(52ps/6.1kg・m)+SM21型モーター(2.0kW/40Nm)+リチウムイオン電池を搭載する通常モデルのeKクロスおよびeKクロス スペースのGグレードをベースに、安全装備のさらなる拡充を図ったことが特徴である。
 具体的には、マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)と自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)を標準で装備。また、夜間乗車時の室内や車外の視認性を高め、白く鮮やかな光が上質感を演出するLEDパッケージを専用ディーラーオプションとして用意した。

▲移動物検知機能付マルチアラウンドモニターを標準装備
▲自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)を標準で組み込む

 さらに、eKクロス スペース・Gプラスエディションには、通常モデルでメーカーオプション設定の運転席側ハンズフリーオートスライドドアと、リアサーキュレーター(プラズマクラスター付)やリアロールサンシェードなど後席の快適性を高める後席パッケージAを標準で採用。利便性をいっそう高めた。

▲eKクロス スペース・Gプラスエディションには通常モデルでメーカーオプション設定の運転席側ハンズフリーオートスライドドアを標準で採用する

 なお、今回のGプラスエディションの発売と合わせて、eKクロス/eKワゴン/eKクロス スペース/eKスペースの一部改良も実施。メーカーオプションの設定を見直したほか、eKワゴンには要望の多かったレッドメタリックのボディカラーを新規にラインアップした。

▲eKワゴンには要望の多かったレッドメタリックの外板色を新設定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る