• TOP
  • スポーツカーって、いいなと思わせる新型SUBARU・BRZ、米国発表。スタイリング&エンジンが大幅進化

 ー 

スポーツカーって、いいなと思わせる新型SUBARU・BRZ、米国発表。スタイリング&エンジンが大幅進化

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:SUBARU

SUBARU・BRZ(米国仕様2022年モデル) 新車ニュース

SUBARU・BRZリミテッド(米国仕様) 2ndモデルもトヨタと共同開発 2.4ℓボクサー4(231ps)搭載 プラットフォームは従来の大幅リファイン版 軽量・低重心設計
SUBARU・BRZリミテッド(米国仕様) 2ndモデルもトヨタと共同開発 2.4ℓボクサー4(231ps)搭載 プラットフォームは従来の大幅リファイン版 軽量・低重心設計

231ps仕様の2.4リッター水平対向4搭載! ボディ剛性は大幅アップ

 新型SUBARU(スバル)BRZが米国でベールを脱いだ。2ndモデルは、従来と同様にトヨタと共同開発したFRピュアスポーツ。「低重心/軽量/コンパクト」というキャラクターはそのままに、新開発2.4ℓボクサーエンジン(231ps)と,高剛性ボディの採用で、ぐっとポテンシャルを引き上げている。
 米国仕様のラインアップは、プレミアムとリミテッドの2グレード。メカニズムは両車共通。違いはタイヤサイズ。プレミアムが17㌅、リミテッドは18㌅を装着する。

 走りのキーポイントとなる心臓部は、筒内直接噴射とポート燃料噴射を組み合わせた水平対向4気筒DOHC16V。米国仕様のスペックは231ps/245Nm。従来の2ℓユニット(207ps/212Nm・MT)比で、24ps/33Nmパワフル。徹底した吸排気性能の強化とフリクション低減によってトルクを15%向上させたことが光る。レッドゾーン設定は7400rpm。メーカーは「レンスポンスに優れ、滑らかに吹き上がるスポーツカーらしいフィーリングと、力強い加速を実現した」とアピールする。
 トランスミッションは6速MTと6速AT。ATはスポーツモードの制御が進化。ホット走行時に最適な自動シフトを実現。ドライバーの意思に忠実な走りを実現する。

 プラットフォームは従来モデルの大幅進化版。SGP(スバルグローバルプラットフォーム)から得たノウハウを注入。インナーフレーム構造や構造用接着剤の採用により,旧型比でフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%アップした。「ステアリングの応答性を高め、より軽快な動きとトラクション性能を向上した」点が魅力になる。

リアエンドはダックテール形状 ボディは大幅に強化 フロント横曲げ剛性60%/ねじり剛性50%向上
心臓部は、筒内直接噴射とポート燃料噴射を組み合わせた2.4リッターの水平対向4気筒DOHC16V。米国仕様のスペックは231ps/245Nm。従来の2リッター(207ps/212Nm・MT)比で、24ps/33Nmパワフル

スタイリングはアグレッシブ。各部軽量化を徹底

 新型は軽量化への取り組みを徹底。ルーフ、フード、フロントフェンダーはアルミ製。さらに前後重量配分の適正化と低重心が図られた。足回りは前ストラット/後ダブルウィッシュボーンの4輪独立。リミテッドは215/40R18サイズのミシュラン・パイロットスポーツ4タイヤが標準だ。

 スタイリングはダイナミック。スバルの新デザインフィロソフィー“BOLDER=大胆”をモチーフに、スポーツカーらしい“走りの造形”にまとめた。サイドシルのスポイラー状成型やフロントフェンダー後方のエアアウトレットが個性を主張。各部の空力処理も大幅に進化した。ボディサイズは全長×全幅×全高4265×1775×1310mm。従来型(同4240×1775×1320mm)と同等。2570mmのホイールベースも共通になる。

 室内は2+2構成。インパネは水平基調デザイン。新型は7㌅TFT液晶とセグメント液晶を組み合わせたデジタルメーターを新採用。ドライブシーンに応じて表示が選べる。米国仕様はアップルカープレイ&アンドロイドオート対応8㌅マルチメディアインフォテインメントシステムを装備。シートはクルマの挙動を正確にドライバーに伝達する新形状だ。

 安全・運転支援システムも進化した。AT車はアイサイト付き。衝突被害軽減ブレーキや全車速対応ACCが快適なクルージングをサポートする。
 気になる販売時期は,米国は2021年秋。日本は春以降の模様。トヨタ86もほぼ同じタイミングでデビューする可能性が高い。

室内は2+2構成 インパネは水平基調デザイン メーターフードを低く設定しワイドな視界を確保した 質感は従来比で大幅アップ
シートはクルマの挙動を正確にドライバーに伝達する新形状 着座位置は低くスポーティ
メーターは7㌅液晶とセグメント液晶を組み合わせたデジタル仕様 回転計をメインにした意匠 アナログ風やゾーン表示など多彩な表示が選べる 速度計はデジタル式 補助計はバーデザイン
走行シーンに応じVDC(車両安定制御機能)のセッティングは切り替え可能 自在な走りをサポート
フロントフェンダー後方のエアアウトレットとダイナミックなサイドシルスポイラーが新型の特徴
トランスミッションは6速MTと6速AT AT車はアイサイト標準 リミテッドのタイヤはミシュラン・パイロットスポーツ4 ヘッドライトはLED

SUBARU BRZリミテッド(米国仕様)主要諸元

グレード=リミテッド
全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース=2570mm
駆動方式=RWD(後輪駆動)
エンジン=2.4リッター水平対向4気筒DOHC16V
最高出力=228ps(168kW/231ps)
最大トルク=184(245Nm/25.4kgm)lbft
トランスミッション=6速MT/6速AT
サスペンション=フロント・ストラット/リア・ダブルウィッシュボーン
タイヤ&ホイール=215/40R18+アルミ

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る