• TOP
  • メルセデス・ベンツSクラスの電気自動車「EQS」のプロトタイプが公開

メルセデス・ベンツSクラスの電気自動車「EQS」のプロトタイプが公開

Writer:大貫直次郎 

ダイムラーがメルセデスの高級EVセダン「EQS」のプロトタイプを披露。市販モデルは2021年前半に独ジンデルフィンゲン工場にて生産開始

 独ダイムラーは2020年12月14日(現地時間)、メルセデス・ベンツの新しい高級EVセダン「EQS」のカモフラージュしたプロトタイプを公開し、さらに同年12月18日(現地時間)には同車の加工画像と技術的な特徴を披露した。

▲新しい高級EVセダンのメルセデス・ベンツ「EQS」のカモフラージュしたプロトタイプモデルが公開。市販モデルの生産開始は2021年前半を予定する

 EQSはメルセデス・ベンツ・ブランドの新世代電気自動車シリーズである「EQ(Electric Intelligence:エレクトリック・インテリジェンスの意味)」のフラッグシップセダンに位置し、2019年開催のフランクフルト・ショーでデビューした「ヴィジョンEQS」の市販バージョン、そして既存のSクラスのEVモデルに該当する。

▲基本骨格には新開発の電動車向けアーキテクチャーである「EVA」を採用。1充電での航続距離はWLTPモードで最大700kmに達するという

 基本骨格には新開発の電動車向けアーキテクチャーである「EVA」を採用。このEVAはモジュラー設計で構成し、ホイールベースやトレッド、システムコンポーネント、バッテリー容量および配置を変更することによって、小型・中型・大型セダンからSUVまで、幅広いクラスのEVに対応する。EQSにはロングホイールベースとワイドトレッドに、高出力モーターや大容量リチウムイオンバッテリーなどを搭載。1充電での航続距離はWLTPモードで最大700kmに達するという。

 機能面では、EVに即した最新のMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を採用し、完全な無線更新などを利用可能としたことがトピック。また、Mercedes me Charge(メルセデス・ミー・チャージ)を介して、提携充電ネットワークに容易かつ迅速にアクセスできるよう設定した。

▲細かなエッジやラインを減らして面を強調する、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋)」は進化しながら継承されているようだ

 一方でEQSは、キャビンルーム内のエアコンディショニングを徹底追求。EV化によって余裕ができたフロントセクションに新開発のHEPA(High Efficiency Particulate Air Filter)フィルターを組み込み、室内に取り入れる空気のなかのPM2.5レベルの細かいほこりや窒素酸化物、そして不快な臭いなどを濾過し、病院の手術室と同レベルの空気品質を実現した。

▲サイドの画像とともにEQSの技術的なトピックを紹介する

 なお、EVAの新アーキテクチャーを使ったモデルとしては、EQSに続いてミッドサイズセダンのEQEやSUVバージョンのEQSおよびEQEを市場に送り出す予定である。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る