ー 

最高出力155psのハイスペック"PureTech"エンジンを搭載したDS3クロスバックの特別仕様車が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

コンパクトラグジュアリーSUVのDS3クロスバックにシリーズ最高出力となる155psのエンジンを搭載し、レーシングシーンからインスパイアされたディテールを持つ特別仕様車 「パフォーマンスライン」を新設定

 グループPSAジャパンは2021年1月6日、DSブランドのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック(DS3 CROSSBACK)」に特別仕様車の「パフォーマンスライン(PERFORMANCE Line)」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は436万円に設定する。

▲DS3クロスバック・パフォーマンスライン 価格:8SAT436万円 全長4120×全幅1790×全高1550mm ホイールベース2560mm 乗車定員5名 質感の異なるブラックで誂えた専用エクステリアを採用。写真のボディカラーはグリプラチナム/ノアールペルラネラ

 今回の特別仕様車は、フォーミュラEにて2年連続でダブルタイトルを獲得したDS TECHEETAH Formula E Teamチームからインスパイアされたレーシーなディテールとフレンチラグジュアリーの融合によるスポーティ・エレガンスに仕立てたことが特徴だ。

 まずパワーユニットには、エンジンマッピングの変更のほか、ターボチャージャーやインジェクター、排気バルブ、コネクティングロッドのベアリングなどを専用設計してハイパフォーマンス化した“PureTech”1199cc直列3気筒DOHCガソリンターボエンジンを搭載。最高出力は通常モデル比で+25psの155ps/5500rpm、最大トルクは+10Nmの240Nm/1750rpmを発生する。また、排気系にはシンメトリックツインエキゾーストパイプを装備。トランスミッションには専用セッティングのEAT8(8速AT)を組み込んだ。

▲155ps/240Nmのパワー&トルクを発生する“PureTech”1199cc直列3気筒DOHCガソリンターボエンジンを搭載。写真のボディカラーはブランパールナクレ/ノアールペルラネラ

 エクステリアに関しては、フロントグリルのDSウイングのクロームをマットブラックに、リアガーニッシュをブリリアントブラックに仕上げ、合わせてボンネットとテールゲートにエクスクルーシブバッジを、フロントドアにPERFORMANCE Lineエンブレムを貼付。足もとには、オニキスブラックの18インチ“MONZA”アロイホイールを装着する。ボディカラーは、ルーフ色をノアールペルラネラで彩ったバイトーンルーフのグリプラチナムとブランパールナクレを設定した。

▲ダッシュボードやドアトリム、シートサイドにアルカンタラをあしらってレーシーな雰囲気を付加
▲ダッシュボードにはPERFORMANCE Lineエンブレムを貼付する

 内包するインテリアは、ダッシュボードやドアトリム、シートサイドにアルカンタラをあしらってレーシーな雰囲気を付加したほか、ステアリングホイールやダッシュボード、ドアトリムなどのステッチをPERFORMANCE Lineのイメージカラーであるカルマン(カーマインレッド)とゴールドに統一し、スペシャル感を演出したことがトピックだ。また、ファブリック/アルカンタラ/テップレザー表皮シートにパーフォレーテッド加工革巻ステアリングホイール、ブラックシーリングカラー、フロントドアステップガード、アルミペダル、フロアマットなどを特別装備。ダッシュボードには、PERFORMANCE Lineエンブレムも貼付する。さらに、機能装備としてDSコネクテッドパイロットやDSアクティブLEDビジョン、Focal HiFiオーディオシステムを標準で採用した。ADAS(先進運転支援システム)などに関しては、基本的に通常モデルのグランシック(Grand Chic)グレードに準拠している。

▲シート表皮にはファブリック/アルカンタラ/テップレザーを採用した

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報