ー 

ダイハツが特設サイトを設置してカスタマイズカーで拡がる「新しい楽しみ方」を提案

Writer:大貫直次郎 

バーチャルオートサロン2021と連携した「ダイハツ カスタマイズカー特設サイト」が公開。特設サイトのコンセプトは「DAIHATSU VILLAGE COLORFUL CARNIVAL~新しい楽しみ方、見つけちゃおう~」

 ダイハツは2020年12月25日にカスタマイズカー特設サイトを公開し、2021年1月15日より開催するバーチャルオートサロン2021と連携して至極のカスタマイズカーを披露する。特設サイトのコンセプトは、「DAIHATSU VILLAGE COLORFUL CARNIVAL~新しい楽しみ方、見つけちゃおう~」だ。

▲コペン スパイダーVer. 軽オープンスポーツカー「コペン」をベースに、運転する楽しみをより感じられるようなカタチを目指して開発する

 特設サイトでは、バーチャルオートサロン2021で公開する5台の新カスタマイズカーをメインに、イラストと実車による『ダイハツヴィレッジ ショートショートストーリー』、「だいはつのもり保育園」園児の協力による『走るカスタマイズカーぬり絵』、これまでダイハツが制作してきたカスタマイズカーを紹介する『ダイハツ カスタマイズカー博物館』、プロレーサーによる『ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.サーキット走行チャレンジ企画』、YouTuberによる『カスタマイズカーレビュー』など、様々なコンテンツを用意。また、デビュー60周年を迎えたハイゼットのコーナーも設置した。

▲ハイゼット ジャンボ キャンパーVer. 2代目ハイゼットキャブをオマージュしたスタイリングを纏う軽トラカスタマイズキャンパーとして企画
▲ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. 軽商用車「ハイゼット」をベースに、果樹園で実際に改造して使われている“屋根を切った”軽トラックから着想を得てレース仕様にカスタマイズした

 注目の新カスタマイズカーを見ていこう。
 まず「コペン スパイダーVer.」は、軽オープンスポーツカー「コペン」をベースに、運転する楽しみをより感じられるようなカタチを目指して開発。キャッチフレーズには「風の匂いを感じにでかけよう。ドライビングプレジャー・コペン」を掲げる。
 次に「ハイゼット ジャンボ キャンパーVer.」は、2代目ハイゼットキャブをオマージュしたスタイリングを纏う軽トラカスタマイズキャンパーとして企画。キャッチフレーズには「行った先が、遊びのベース基地(キャンプ)」を謳う。
 3台目の「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」は、軽商用車「ハイゼット」をベースに、果樹園で実際に改造して使われている“屋根を切った”軽トラックから着想を得てレース仕様にカスタマイズした1台。キャッチフレーズには「レーシーカスタマイズ軽トラ」を掲げる。
 4台目の「タフト クロスフィールドVer.」は、軽クロスオーバー「タフト」をベースに、オフロード志向を高めたモデルとして開発。キャッチフレーズには「クルマで広がる行動範囲」を謳う。
 そして「トール プレミアムVer.with D-SPORT」は、小型乗用車「トール」の持つキャラクターをより際立たせる目的でスポーティなD-SPORTパーツと専用ラッピングを採用したことが特徴。キャッチフレーズは「プレミアムコーディネート」と称している。

▲タフト クロスフィールドVer. 軽クロスオーバー「タフト」をベースに、オフロード志向を高めたモデルとして開発する
▲トール プレミアムVer.with D-SPORT 小型乗用車「トール」の持つキャラクターをより際立たせる目的でスポーティなD-SPORTパーツと専用ラッピングを採用した

 なお、特設サイトではバーチャルオートサロン2021の開催期間中に、実車を前にしたカスタマイジングレポートなど順次更新を行う予定である。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る