ー 

特設Webサイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」が1月15日より公開

Writer:大貫直次郎 

日産がカスタマイズカーの特設サイトを1月15日より公開すると発表。合わせて「バーチャルオートサロン2021」への出展も予告

 日産自動車は2021年1月14日、特設Webサイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」を2021年1月15日より公開。合わせて「バーチャルオートサロン2021」にも出展すると発表した。

▲これからの自由な働き方に合わせて好きな場所でデスクワークができる「オフィスポッド」を組み合わせた「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」

 今回公開される注目のカスタマイズカーを紹介しよう。
 まず「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」は、人気ビジネスバンの「NV350キャラバ ン」をベースに、これからの自由な働き方に合わせて好きな場所でデスクワークができる「オフィスポッド」を組み合わせたことが訴求点だ。エクステリアには前後オーバーフェンダーや印象的なボディグラフィックをあしらい、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーを表現。一方でインテリアは、都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間、自然の中ではオフィスをバックゲートから引き出して広々とした開放的な空間を演出する。また、仕事の合間にゆったりとくつろげるよう、室内からアクセスできる贅沢なルーフバルコニーを設定した。

▲スポーティで存在感あふれるアクセサリーを豊富に組み込んだ「NOTE PLAY GEAR CONCEPT」

 次に「NOTE PLAY GEAR CONCEPT」は、新型ノートe-POWERをベースに、スポーティで存在感あふれるアクセサリーを豊富に組み込んだコンセプトモデルだ。エクステリアにはアグレッシブなデザインのエアロパーツと17インチアルミホイールのほか、利便性を高めるとともに印象的なアピアランスを創出する専用ルーフボックスを装備。ボディはマットダークグレイメタリックにマットピンクゴールドのアクセントカラーを配して、ワンランク上のパーソナライゼーションを表現した。

▲日産フェアレディZプロトタイプ。ボディサイズは全長4382×全幅1850×全高1310mmに設定。パワートレインにはV6ツインターボエンジン+6速MTを搭載する

 3台目は、昨年9月に初公開された「フェアレディZ プロトタイプ」が再見参。50 年に及ぶ歴史を持つフェアレディZの伝統と現代的な雰囲気を高度に融合させた新世代のスポーツカーは、内外装のデザインを一新するとともに、V6 ツインターボエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせた新しいパワートレインを搭載する。現在、第7世代の新型フェアレディZの発売に向け、開発が急ピッチで進行中だ。

▲日産初のクロスオーバーEVとなる新型アリア。ボディサイズは全長4595×全幅1850×全高1655mmに設定。航続距離は2WD450~610km/AWD430~580km(WLTCモードを前提とした社内測定値)を実現する

 4台目は、昨年7月に発表された100%電気自動車の新世代クロスオーバーEV「アリア」が再登場。最新の先進技術を組み込んだEVパワートレインに次世代のヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)とコネクテッドカー技術を採用するという、日産および“ニッサン インテリジェント モビリティ”の新しい象徴モデルの役割を担ったアリアは、サイト閲覧者の熱い視線を集めること間違いなしの1台といえるだろう。

▲1月15日に正式発表となる新型「キックスAUTECH」。メタル調フィニッシュの専用パーツや専用デザインのアルミホイール、ブルーに輝くシグネチャーLEDとドットパターンのフォグランプフィニッシャーなどを採用する
▲コンパクトカーにワンランク上の高級感や特別感を加味した新型「ノートAUTECH」
▲隠れた注目車!? 日産GT-Rの足回りを高級ミニバンに組み込んだコンセプトモデルの「エルグランドAUTECH CONCEPT」

 ほかにも、関連会社のオーテックが新型「キックスAUTECH」と新型「ノートAUTECH」、そしてエルグランドAUTECHに日産GT-Rの足回りを融合したコンセプトモデルの「エルグランドAUTECH CONCEPT」という3モデルを、NISMOが最新バージョンの「GT-R NISMO」と「リーフNISMO」の2モデルを披露。さらに、2020年度にSUPER GT300への参戦2年目にして初のシリーズチャンピオンに輝いた「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」も雛壇に上がる予定だ。

▲新開発の超高性能カーボンセラミックブレーキやキャリパー、レカロ製バケットシートなどを装備した「GT-R NISMO」
▲専用のエクステリアデザインやサスペンション、ブレーキシステムなどを採用したスポーティEVの「リーフNISMO」
▲2020年度SUPER GT300のシリーズチャンピオンに輝いた「リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」も展示

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る