• TOP
  • 「最新モデル試乗」究極のECOサルーン、クラウン後継と話題のMIRAIはレクサスをも超えた!?

 ー 

「最新モデル試乗」究極のECOサルーン、クラウン後継と話題のMIRAIはレクサスをも超えた!?

Writer:山本シンヤ Photo:TOYOTA

トヨタMIRAI 価格:710~805万円 試乗記

トヨタMIRAI・Zエグゼクティブパッケージ 価格:805万円 2ndモデルはスポーティサルーンの走りを実現 2019年の東京モーターショーに出品されたプロトタイプそのままで登場 ラインアップはZとGの基本2グレード構成
トヨタMIRAI・Zエグゼクティブパッケージ 価格:805万円 2ndモデルはスポーティサルーンの走りを実現 2019年の東京モーターショーに出品されたプロトタイプそのままで登場 ラインアップはZとGの基本2グレード構成

 量産燃料電池車(FCV)のMIRAIがモデルチェンジした。新型は2ndモデル。ただしモデルチェンジといっても、一般的な世代交代とは少々異なる。パワートレーンにトヨタフューエルセルシステム(TFCS)を用いること以外、まったく別のクルマに生まれ変わった。
 ラインアップはZとGの基本2グレード構成。Zにはエグゼクティブパッケージを設定、Gはエグゼクティブパッケージに加え、Aパッケージが選べる。

 エクステリアは流麗な4ドアクーペスタイル。伸びやかでスポーティなフォルムとキャラクターラインに頼らない塊感のあるデザインが印象的。ボディサイズは全長×全幅×全高4975×1885×1470mm。クラウン(同4910×1800×1455mm)とレクサスLS(同5235×1900×1450mm)の中間。タイヤは19インチ標準。Zグレードには20インチをオプションで用意。20インチアルミは、精悍なブラックスパッタリング仕様になる。

 インテリアはオーソドックスなレイアウト。運転席は包まれ感、助手席は広がり感が重視された。デザイナーは「集中と開放」を両立させたコクピット空間と説明する。質感は飛躍的に向上。乗車定員は旧型の4名から4名に改良。リアシートは足元スペースが拡大され、必要十分なヘッドクリアランスを確保するなどフォーマルセダンとして使えるレベルである。

 パワートレーンは第2世代のTFCSを搭載。FCスタックの高性能化と小型&軽量化、セルの革新、駆動用バッテリーの高効率&小型化を実施。モーター出力は113kWから134kWにアップ。航続距離はシステムの改良に加えて水素タンクの容量増大(122.4リッターから141リッター)で大幅に伸び、約850km(G)に達する。

スタイリングは流麗な4ドアクーペスタイル 全長×全幅×全高4975×1885×1470mm
2ndモデルはリアにモーターと駆動用バッテリーを搭載する後輪駆動レイアウト 3基の水素燃料タンクで約850km(G)の航続距離を実現

走りはスポーティサルーン、力強い加速に感動

 低重心と理想的な前後重量配分(50対50)を実現した点も新型のセールスポイント。FFからFRへのパッケージ&レイアウト変更により、従来は前席下にあったFCスタックなどの主要パワーユニットはフロントに移動。駆動用モーターはリアに配置された。

 動力性能の向上は、走り始めてすぐに実感できる。出力アップがもたらすパワフルさは印象的。しかもアクセルの踏み込みにクルマが即応する。車両姿勢変化(ピッチング)も効果的に抑えられている。2トン近い車両重量を感じさせない力強さ、そしてクルマの動きは1stモデルとは雲泥の差だ。
 高い静粛性にも驚いた。旧型は走行中にさまざまな音が聞こえてきたが、新型は床下を吸音効果のある素材でフルカバー。さらにマウントの工夫、遮音・吸音の細かなリファインにより、圧倒的な静粛性を誇る。「1stセルシオの感動」が蘇ったほどである。

 プラットフォームはレクサスLC/LSも採用するGA-Lがベース。MIRAI用は、リアに新ボディ骨格が追加されブレース/シェアプレートなど補強材を追加。構造用接着剤やレーザー溶接技術(LSW)など細かな部分まで最適化が図られた。主要骨格部材にはアルミや超高張力鋼板が最適配置され軽量化も追求している。サスペンションはフロントがハイマウント式マルチリンク、リアはローマウント式マルチリンク。動きだしから素早く反応する新ショックアブソーバーを採用。タイヤは標準が235/55R19、opで245/45ZR20を装着する。

フロントに新開発燃料電池ユニット搭載 出力密度5.4kW/L/最高出力128kW(174ps) の高効率設計
フロントマスクは大型ロアグリルと2段構成ライトで個性を主張 ヘッドライトはLED

クラウン後継車と表現できる高い完成度。「乗りたい!」と感じる

 19インチタイヤはしっとりした足の動きとアタリの優しさが魅力。ただし、細かい振動や追い込むとタイヤが負けている印象がある。一方20インチ仕様はすっきりした足の動きを示し、振動吸収性も優秀。走りがいいだけでなく快適性も十分以上。総合的なバランスは20インチのほうがいいと感じた。

 新型MIRAIは「ほしいクルマを選んだらパワートレーンがFCVだった」というサルーンだ。少々不便を強いられたとしても、乗りたい_と感じる強い魅力がある。先日、クラウンがセダンをやめる、という報道が流れたが、新型MIRAIは、実は「次世代クラウン」なのかもしれない。

インパネは運転席側が「包まれ感」/助手席側は「広がり感」を表現 12.3インチ大型センターディスプレイ標準 Zはヘッドアップディスプレイ装備 作りは上質
Zは本革シート標準 前後席ともヒーター&ベンチレーション付きの快適仕様 新型は乗車定員を旧型の4名から5名に改良 フォーマルセダンとして最適な居住性を実現 静粛性は最高水準
エグゼクティブパッケージは前席アシストグリップ付き 助手席位置はスイッチで調節できる その他Ⓡサンシェードやリアドアイージークローザーを装備
エモーショナルレッドⅡ
ダークブルーマイカ
フォースブルーマルティブルレイヤーズ
ブラック

MIRAI・Zエグゼクティブパッケージ 主要諸元

グレード=Zエグゼクティブパッケージ
価格=805万円
全長×全幅×全高=4975×1885×1470mm
ホイールベース=2920mm
トレッド=フロント1610×リア1605mm
最低地上高=155mm
車重=1950kg
FCスタック=FCB130型(固体高分子形)
FCスタック出力密度=5.4(4.4含む締結部品)kW/リッター
FCスタック最高出力=128kW
FCスタック・セル数=330個(直列接続)
燃料=圧縮水素
燃料貯蔵方法=高圧タンク(3本、公称使用圧力70MPa)
燃料タンク容量=141リッター(前方64/中央52/後方25リッター)
モーター=3KM型(交流同期電動機/永久磁石式同期型モーター)
モーター最高出力=131kW(182ps)/6940rpm
モーター最大トルク=300Nm(30.6kgm)/0~3267rpm
駆動用バッテリー=リチウムイオン電池(容量4.0Ah)
駆動用バッテリー個数=84(直列接続)
1充電走行距離=750km(参考値)
燃料消費率=135km/kg
サスペンション=前後マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=235/55R19
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径_=5.8m

MIRAI・Zエグゼクティブパッケージ優遇税制・補助金(参考値)
優遇精度を考慮した実質価格=約663万1000円
優遇・補助金の合計=約141万9000円
エコカー減税=約3万円
環境性能割=約19万円
グリーン化特例=約1万8500円
CEV補助金=117万3000円

※価格はすべて消費税込み

プレシャスブラックパール
プレシャスホワイトパール
プレシャスメタル
プレシャスシルバー

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報