• TOP
  • ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPをモチーフに据えた「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP インスパイアード・エディション」が期間限定生産で登場

 ー 

ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPをモチーフに据えた「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP インスパイアード・エディション」が期間限定生産で登場

Writer:大貫直次郎 

市販版ミニ史上最速モデルのジョン・クーパー・ワークスGPと同じレーシンググレーメタリックのボディカラーを纏った限定モデルの「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP インスパイアード・エディション」が日本上陸

 BMWジャパンは2021年1月22日、ミニ史上最速モデルを謳って2019年に全世界3000台限定で販売された「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP(MINI John Cooper Works GP)」をリスペクトする新しい特別仕様車「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP インスパイアード・エディション(MINI John Cooper Works GP Inspired Edition)」を発売した。生産は本年2月末までの期間限定で、車両価格は529万円に設定。ユーザーへの納車は、本年1月末以降を予定している。

▲ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP インスパイアード・エディション 価格:8SAT529万円 生産は本年2月末までの限定。ボディカラーにジョン・クーパー・ワークスGPと同様のレーシンググレーメタリックを採用する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 今回の期間限定生産モデルは、1998cc直列4気筒DOHCツインパワーガソリンターボエンジン(231ps/320Nm)+8速ATのパワーユニットを搭載する通常モデルのミニ・ジョン・クーパー・ワークスをベースに、ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPで採用した数々の内外装アレンジを復活させて組み込んだことが特徴である。

▲ピアノブラック・エクステリアやピアノブラック・ドアハンドル、メルティングシルバーメタリック・ルーフ&ミラーキャップなどを特別装備

 まず外装では、ボディカラーにジョン・クーパー・ワークスGPと同様のレーシンググレーメタリックを採用したことがトピック。また、ピアノブラック・エクステリアやピアノブラックMINIエンブレム、ピアノブラック・ドアハンドル、ジェットブラック・エアインテークグリル、メルティングシルバーメタリック・ルーフ&ミラーキャップなどを特別装備して、スポーティかつ精悍なルックスをいっそう強調する。さらに、足もとには18インチ John Cooper Worksカップ・スポーク2トーンアロイホイール(ランフラットタイヤ、GPセンターキャップ付)を装着した。

▲足もとには18インチ John Cooper Worksカップ・スポーク2トーンアロイホイールを装着する

 内装については、ダイナミカ・レザー・コンビネーション(John Cooper Worksスポーツシート/GPロゴ付)や専用GPウォークナッパレザー・ステアリング(3Dプリント技術を採用したGPロゴ入りパドルシフト付)、GPロゴ付のフロアマットおよびドアシルプレートを特別装備。また、インテリアサーフェスはピアノブラックで仕立てる。機能装備として、カメラ&パーキングアシストパッケージやクルーズコントロール、ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)なども採用した。

▲機能装備としてカメラ&パーキングアシストパッケージやクルーズコントロール、ドライビングアシストなどを標準設定する
▲ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP(写真・左)とミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP インスパイアード・エディション(同・右)の2ショット

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報