• TOP
  • 「新世代日産」e-POWER搭載の代表2モデル。新型ノートとキックス、トータルではどうなのか

 ー 

「新世代日産」e-POWER搭載の代表2モデル。新型ノートとキックス、トータルではどうなのか

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

日産キックスX 価格:275万9900円 vs 日産ノートX 価格:218万6800円 試乗記

日産キックスX 価格:275万9900円 パワートレインはノート同様eパワー 発電用1198cc直3DOHC(82ps/103Nm)と駆動用モーター(129ps/260Nm)の組み合わせ WLTCモード燃費:21.6km/リッター
日産キックスX 価格:275万9900円 パワートレインはノート同様eパワー 発電用1198cc直3DOHC(82ps/103Nm)と駆動用モーター(129ps/260Nm)の組み合わせ WLTCモード燃費:21.6km/リッター

キックスは「小さなエクストレイル」のイメージ。居住性はノートを大幅に凌駕

日産ノートX(FF) 価格:218万6800円 ノートは全車eパワー モータースペックは116ps/280Nm 全長×全幅×全高4045×1695×1520mm

 キックスは、内田誠社長兼CEO体制となった新生日産の第1弾モデル。激戦区のコンパクトクロスオーバー市場に投入されたニューカマーだ。SUV対ハッチバックと、2台のキャラクターは異なるが、日産のラインアップで見ると、「ノートの兄貴分」といえる。
 エクステリアはどちらも個性的。「小さなアリア」イメージのノートに対して、キックスは「小さなエクストレイル」。どちらもひと目で日産車だとわかる造形である。ただしキックスは日本では新型車だが、ワールドワイドでは2016年デビュー。新鮮さはノートが上回る。

 インテリアも同様。キックスのインテリアはシンプルで機能的。各部の質感も悪くない。だが、デザインや操作系を含めて先進的なノートを見てしまうと、少し世代の差を感じる。
 キックスの室内色は、ブラックに加え、ファッショナブルな2トーンインテリアを設定。デザインを引き立たせるカラーコーディネートは、ノートにはない魅力だ。
 居住性はキックスが大幅に上回る。サイズを考えればノート(全長×全幅×全高4045×1695×1520mm)も優秀だが、キックスのボディはふた回り大きい4290×1760×1610mm。前後シート/ラゲッジの余裕はもちろん、視界のよさや大きめのウィンドウがもたらす開放感も魅力である。

キックスX 全長×全幅×全高4290×1760×1610mm 全長はノート比245mm長く 全幅は65mmワイド 車重1350kg プラットフォームは改良版のV型 プロパイロット標準
キックスのインパネは水平基調 シンプルで機能的なデザイン 各部ソフトパッド仕上げ 視界はワイド 写真の標準に加えオレンジタン×黒のツートーンインテリアも設定

eパワーはノートが「第2世代」、キックスは「1.5世代」 4WDは未設定

 パワートレーンはどちらもeパワー。ただしノートは第2世代、キックスは旧型ノート(=第1世代)の進化バージョンだ。モーター出力向上(109から129psに/ 254から 260NmNmに)に加えて、車速に応じたエンジン回転数の制御を実施し、発電タイミングも充電量重視から車速重視へと変更されている。
 実はこの制御、ノートに先駆けて採用したもの。日産のエンジニアはキックスのシステムを「1.5世代」と呼んでいる。力強さは同クラスのクロスオーバーでトップレベル。車体側の進化(遮音材の追加やガラス厚の変更)と相まって、静粛性は想像以上に高い。

 フットワークは新開発プラットフォームのノートに対し、キックスはひと世代前のVプラットフォーム。とはいえ、ワイドトレッド/ロングホイールベース化を図り、各部に高剛性構造を採用した進化仕様だ。キックスの完成度も高い。ノーズの入りのよさや軽快な動きなど、スポーティに感じるのはキックスだ。
 総合力はすべてが新しいノートに軍配が上がるが、キックスはクロスオーバーならではの魅力がある。どちらを選んでも、満足度は高い。
 キックスに4WDが加われば、さらに魅力はアップする。

シートは快適設計 合成レザーとファブリックのコンビ仕様 前後席ともスペースは十分 室内長1920mm
荷室スペースはクラストップ級 後席使用時の荷室長は900mm 後席シートバックは6対4分割
アラウンドモニターはセットop(6万9300円) ナビはディーラーop
走行セレクターは電子制御レバー式 ブルーのアクセントが先進性を演出 Pレンジはボタンで選択
ヘッドライトはシグネチャー灯内蔵LED ハイビームアシスト標準 フォグは小型形状LED
205/55R17タイヤ+6.5Jアルミ装着 最低地上高170mm 最小回転半径はノート比0.2m大きい5.1m

日産キックスX 主要諸元と主要装備

グレード=X
価格=275万9900円
全長×全幅×全高=4290×1760×1610mm
ホイールベース=2620mm
トレッド=フロント1520×リア1535mm
最低地上高=170mm
車重=1350kg
エンジン=1198cc直3DOHC12V(レギュラー仕様)
最高出力=60kW(82Nm)/6000rpm
最大トルク=103Nm(10.5kgm)/3600~5200rpm
モーター=EM57(交流同期型)
最高出力=95kW(129ps)/4000~8992rpm
最大トルク=260Nm(26.5kgm)/500~3008rpm
WLTCモード燃費=21.6km_/リッター(燃料タンク容量41リッター)
(市街地/郊外/高速道路:26.8/20.2/20.8km_/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=205/55R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m
●主な燃費改善対策:ハイブリッド/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/ミラーサイクル/電動パワーステアリング
●主要装備:プロパイロット/インテリジェントエマージェンシーブレーキ/インテリジェント車線逸脱防止支援システム/車線逸脱警報/ふらつき警報/踏み間違い衝突防止アシスト/前後ソナー/SOSコール/ヒルスタートアシスト/IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス/プライバシーガラス(リア3面)/LEDヘッド&フォグランプ/ハイビームアシスト/インテリジェントオートライト/サイドターンライト内蔵ドアミラー/本革巻きステアリング/7インチドライブアシストディスプレイ/電制シフト/プッシュパワースターター/e-POWERモードスイッチ/EVモード/インテリジェントキー/ピアノブラック調フィニッシャー/オートAC/合成皮革+織物コンビシート/6対4分割リアシート/トノボード/イモビライザー/シルバールーフレール
●装着メーカーop:インテリジェントアラウンドビューモニター+インテリジェントルームミラー6万9300円/前席シートヒーター+ステアリングヒーター+寒冷地仕様5万5000円
●ボディカラー:サンライトイエロー(op3万8500円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万120円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る