• TOP
  • 「最新モデル試乗」個性的であれ! というメッセージが伝わる、パンダ・クロス4×4は究極のイタリアンか

 ー 

「最新モデル試乗」個性的であれ! というメッセージが伝わる、パンダ・クロス4×4は究極のイタリアンか

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

フィアット・パンダクロス4×4 価格:6MT 263万円 試乗記

フィアット・パンダクロス4×4 4WDシステムと6速MTを組み合わせたコンパクトクロスオーバー 販売台数は150台限定 ボディカラーはポップなパステルイエロー
フィアット・パンダクロス4×4 4WDシステムと6速MTを組み合わせたコンパクトクロスオーバー 販売台数は150台限定 ボディカラーはポップなパステルイエロー

パンダに気になるスペシャル4×4登場!

ピュアエンジン
WLTCモード燃費:16.4km/ℓ

 パンダクロスは2014年のジュネーブ・ショーで初披露され、欧州市場ではパンダの最上位機種として人気を博している。だが、日本にはこれまで未導入だった。
 そんなパンダクロスが限定150台ながら突然、日本デビューを飾った。しかも専用色の鮮やかなパステルイエローをまとってだ。特別装備は、専用デザインの内外装に加えて、ルーフレールとサイドモールディング、15インチの10スポークアルミホイール、シートヒーター付きのファブリックシート、センターコンソールの収納、ロータリースイッチ式のドライブセレクター(オート/オフロード/ヒルディセント)、そしてフルオートエアコンなど。パンダとしてはかなりの充実度だ。

 パワートレーンに変更はない。875ccの直列2気筒ターボのツインエアと6速MTを組み合わせている。マニュアルトランスミッションで操れる、いまや貴重なコンパクトカーである。その代わり2ペダルミッションの設定はない。

 それにしても派手な顔立ちだ。パステルイエローというカジュアルなボディカラーもあって、さほどいかつくは見えないが、これがダークなトーンなら、かなりの強面だろう。15個もの穴をレイアウトしたフロントアンダーガードが個性をアピールする。

リアバンパー部はアンダーガード風デザイン 全長×全幅×全高3705×1665×1630mm 車重1150kg

6速MTのシフトフィールは,まるでスポーツカー!

 走りのポテンシャルは高い。実力はスタンダードモデル以上だ。85psのツインエアエンジンは出足も鋭く、街中で使うには十分のパフォーマンス。中間域でやや伸びが鈍るが、アクセルを踏み続け日本の高速域に達した後は、余裕のクルージング性能を見せる。6速ミッションの効果である。シフトフィールは確実かつ軽快。まるでスポーツカーを操るような楽しさだ。

 足回りのセッティングも上々である。街中から高速道路まで、全域にわたって及第点を与えられる。しなやかな乗り心地と安定感が高次元でバランスしている。ベーシックカーとはかくあるべき、という高い完成度だ。このあたりは同門の500と共通の特徴といえる。ロングセラーの理由というものだろう。

 現行3rdパンダは2011年デビュー。欧州ではすでに改良モデルが発表されており、間もなく日本にも上陸するに違いない。パンダクロス4×4は、それまでのツナギ的な存在だが、ファンを刺激する強いアピール力を発散する。ボクは買い替えを決意した

室内は「四角」をモチーフにした造形 優れたデザイン性が楽しい 着座位置は高く視界は見晴らし感覚 インパネ中央のポータブルナビはop
シートはブラウンのレザー素材をあしらった専用タイプ 座り心地に優れた快適仕様
875cc直2DOHC8Vターボ 85ps/145Nm(エコモード時77ps/100Nm) 吹き上がりは軽快 WLTCモード燃費:16.4km/リッター
フロントマスクはワイルドな専用形状 アンダーガード両側に赤い牽引フックをビルトイン
ワイドなサイドプロテクターには「Cross」の文字が入る
リアランプは縦型形状  Cピラーのガラスが開放感を演出
ダークカラーのアルミと175/65R15タイヤ標準 ロードクリアランスは余裕たっぷり
メーターは3連デザイン 中央部に各種情報を表示 速度計は220km/hスケール
トランスミッションはクロースレシオ設定6MT シフトフィールは軽快な感触
4WDはオート/オフロード/ヒルディセント切り替え式
クロスはフルオートAC標準 オーディオは外部入力端子付き
バックモニターはインナーミラー内蔵タイプ 表示部は小型
荷室容量は後席使用時225リッター 最大870リッター 後席は6対4分割

フィアット・パンダクロス4×4 主要諸元と主要装備

グレード=クロス4×4(限定車)
価格=6MT 263万円
全長×全幅×全高=3705×1665×1630mm
ホイールベース=2300mm
トレッド=フロント1410×リア1410mm
車重=1150kg
エンジン=875cc直2DOHC8Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=63kW(85ps)/5500rpm ※ECO時 57kW(77ps)/5500rpm
最大トルク=145Nm(14.8kgm)/1900rpm ※ECO時 100Nm(10.2kgm)/2000rpm
WLTCモード燃費=16.4km/リッター(燃料タンク容量35リッター)
(市街地/郊外/高速道路:12.6/17.2/18.2km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスクリア:ディスク
タイヤ&ホイール=175/65R15+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
●主な燃費改善対策:マルチエア/START&STOPシステム/電動パワーステアリング/スマートオルタネーター
●主要装備:シティブレーキコントロール(衝突被害軽減ブレーキ)/ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)/ヒルホールドシステム/ドライブモードセレクター(オート&オフロード&ヒルディセントコントロール)/タイヤ空気圧モニタリングシステム/ハロゲンヘッドライト/前後フォグランプ/専用エクステリア(ルーフレール+前後バンパー+サイドモールディング)/専用ファブリックシート/前席シートヒーター/本革巻きステアリング&シフトノブ/マルチファンクションディスプレイ/CITYモードスイッチ(デュアルモード電動パワーステアリング)/フルオートAC/FM+AMチューナー付きUSBオーディオプレイヤー/車速感応集中ドアロック/ラゲッジフック/イモビライザー
●ボディカラー:パステルイエロー
※最低地上高と最小回転半径は未公表
※価格はすべて消費税込み リサイクル料金: 1万2450円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る