ー 

ポルシェのEVスポーツサルーン「タイカン」の後輪駆動モデルが日本での受注を開始

Writer:大貫直次郎 

ポルシェがフル電動スポーツサルーンのタイカンにRWDのエントリーモデルを新設定して日本で発売。車両価格は1171万円に設定

 ポルシェ ジャパンは2021年1月28日、フル電動EVのスポーツサルーン「タイカン(Taycan)」に後輪駆動モデルのベーシックグレードをラインアップし、同日より予約受注を開始した。車両価格は1171万円に設定する。

▲ポルシェ・タイカン 価格:1171万円 駆動レイアウトにはRWD(後輪駆動)を導入。フロア下に配する駆動用リチウムイオンバッテリーは総容量79.2kWhの“パフォーマンスバッテリー”を標準で、総容量93.4kWhの“パフォーマンスバッテリープラス”をオプションで採用する

 カイエン・ターボS/ターボ/4Sに続く第4のモデルレンジとなるベーシックグレードは、シンプルに「タイカン」のみの車名を冠する。最大の特徴はパワートレインのレイアウトで、他グレードがツインモーターの4輪駆動で構成するのに対してRWD(後輪駆動)を採用。リアアクスルに配した永久励磁シンクロナスモーターの有効長はタイカン4Sと同じ130mmで、パルス制御インバーターが最大600Aで作動する。また、2速のトランスミッションを組み込み、1速は静止状態からの発車時における大きな加速を、ロングレシオの2速は高効率と同時に高いエネルギー残量を実現。ブレーキによる最高回生出力は265kWを確保した。
 フロア下に配する駆動用リチウムイオンバッテリーには総容量79.2kWhの“パフォーマンスバッテリー”(シングルデッキ)を搭載し、通常時の最高出力が240kW(326ps)、ローンチコントロールを使用するとオーバーブースト300kW(408ps)にまで高まるモーターをセット。一充電の航続距離は最大431km(WLTPモード)を実現する。また、総容量93.4kWhの“パフォーマンスバッテリープラス”(2デッキ)もオプションで選択可能。モーターの最高出力は通常時で280kW(380ps)、ローンチコントロール使用時でオーバーブースト350kW(476ps)にまで引き上がり、一充電の航続距離は最大484km(WLTPモード)にまで伸びる。走行性能については、0→100km/h加速が5.4秒、最高速度が230km/hと公表。最大充電容量はパフォーマンスバッテリーで225kW、パフォーマンスバッテリープラスで270kWを実現した。
 足回りについては、PASM(ポルシェ アクティブサスペンションマネジメント)電子制御ダンパーシステムおよびスチールスプリングサスペンションを標準で装備。オプションとして、3チャンバーテクノロジーのアダプティブエアサスペンションを設定する。アダプティブエアサスペンションにはスマートリフト機能を内蔵。段差がある場所などでは車高が自動的に上がり、また高速巡航などでは路面状況に応じて車高を最適に自動調整する。制動機構にはフロントに6ピストンアルミモノブロック固定キャリパー+Φ360mmディスクを、リアに4ピストンアルミモノブロック固定キャリパー+Φ358mmディスクを装備。オプションで、より高性能なPSCB(ポルシェ サーフェスコーテッドブレーキ)も用意した。

▲パフォーマンスバッテリー仕様では通常時の最高出力が240kW(326ps)、ローンチコントロールを使用するとオーバーブースト300kW(408ps)にまで高まるモーターをセット。パフォーマンスバッテリープラス仕様ではモーターの最高出力が通常時で280kW(380ps)、ローンチコントロール使用時でオーバーブースト350kW(476ps)に向上する

 4ドアスポーツサルーンに仕立てたエクステリアに関しては、他グレードと同様、ポルシェのDNAを明確に引き継ぐとともに、新しい時代の始まりを告げる新進のEVスポーツデザインを採用する。空気抵抗係数(Cd値)は0.22を実現。装備面では、空力特性の向上を狙った19インチアルミホイールやブラックアルマイト仕上げのブレーキキャリパー、LEDヘッドライト、ブラックアウト化したフロントエプロン/サイドシル/リアディフューザー、リアライトバーのガラスルック“PORSCHE”ロゴなどを組み込んだ。

▲インパネ中央には10.9インチインフォテインメントディスプレイを装備。前席には8方向の電動調整が可能なコンフォートシートを採用する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 内包するインテリアも他グレードと同じく、初代911のダッシュボードデザインを発想の源として、デジタル時代にふさわしい造形に再構築する。独立型のメーターパネルは明確かつ必要最小限、しかも最先端のデザインで構成し、ポルシェ特有の丸型メーター表示も可能な湾曲した16.8インチディスプレイをセット。また、中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイとオプションのパッセンジャーディスプレイの組み合わせは、ブラックパネルルックの一体化されたガラス画面を形成し、それによってインテリアと視覚的に融合する。さらに、前席には8方向の電動調整が可能なコンフォートシートを採用。インテリア仕様はパーシャルレザーで仕立てる。ラゲッジ容量はフロントが84リットル、リアが407リットルを確保した。

▲新設定のカイエンはカイエン・ターボS/ターボ/4Sに続く第4のモデルレンジで、シリーズのベーシックグレードに位置する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る