• TOP
  • 「最新モデル試乗」ベストハンドリング追求! インプレッサSTIスポーツのシュアな走りは欧州車を超えてクラストップ

 ー 

「最新モデル試乗」ベストハンドリング追求! インプレッサSTIスポーツのシュアな走りは欧州車を超えてクラストップ

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

SUBARUインプレッサスポーツSTIスポーツ(FF) 価格:7CVT 270万6000円 試乗記

SUBARUインプレッサ・スポーツSTIスポーツ(FF) STIエンジニアが「意のままのハンドリング」を目指して開発したスペシャルグレード FFと4WD(292万6000円)を設定
SUBARUインプレッサ・スポーツSTIスポーツ(FF) STIエンジニアが「意のままのハンドリング」を目指して開発したスペシャルグレード FFと4WD(292万6000円)を設定

反応を100分の1秒単位で磨き上げた自信作。足回りは特別チューン

 インプレッサにドライバーを刺激するニューグレードが登場した。昨年10月のマイナーチェンジでデビューしたSTIスポーツである。STIスポーツは、SUBARUの走りをモータースポーツ分野で追求してきたSTIエンジニアが手掛けたスペシャルモデル。「意のままのハンドリング」を目指してチューニングした専用サスペンションを持つ。5ドアHBに設定され、駆動方式はFFと4WD。試乗車はFFである。

 STIスポーツのパワートレーンは、ベースモデルと共通。2リッターの自然吸気・水平対向4気筒(154ps/196Nm)と7速マニュアルモード付きCVTの組み合わせ。格別にスポーティとはいえないが、滑らかな回転フィールと十分なパワー、そして良好な燃費で評価は高い。
 足回りは専用チューンになる。インプレッサは2019年秋の改良モデルからSTIとの共同開発体制を構築。すでにステアリングの応答性アップを実現している。STIスポーツは、いっそうのリファインを加え、理想の操作性を追求した。

 具体的にはフロントに新開発減衰力可変ダンパー(SHOWA製)を採用。リアダンパーも専用セッティングとすることで、応答性とコントロール性を引き上げた。足回りは、開発者が「反応を100分の1秒単位で磨き上げた」と説明する自信作だ。

ボディはしっかりとした印象 乗り心地良好 全長×全幅×全高4475×1775×1480mm
フロント減衰力可変ダンパー(SHOWA製)標準 18インチアルミは精悍なダークカラー

まさに意のままのハンドリング! 操縦性はクラス新基準

 STIスポーツの素晴らしさは、走り始めてすぐに実感できる。とにかくステアリングの操舵フィールが滑らか。しかも4輪がしっかりと路面を捉えている感触が伝わる。交差点を曲がるだけでも、ノーマルとは明らかに違うとわかるほどの完成度だ。インプレッサは、ハンドリングに優れたクルマだが、STIスポーツはさらにその上をいく。走るほどに「意のまま」という開発キーワードが実感できた。

 ハンドリングはシャープやクイックではなく、「ナチュラル」という表現が適切。まさにドライバーのイメージどおりのフットワークを披露する。しかも乗り心地がいい。まるで路面の舗装状態が改善されたかのような、フラットで滑らかな乗り味は印象的だった。
 従来、このクラスの走りの基準はVWゴルフだった。STIスポーツの完成度は、ゴルフをはっきりと上回る。スポーティさを求めるユーザーにも、長距離ドライブで疲れないクルマを探しているユーザーにもぴったりの選択肢だ。

 STIスポーツは、ダークトーンのエクステリアや、機能性を重視したインテリア、高い完成度を誇る安全・運転支援システム(アイサイト)など、走り以外の魅力も満載。新グレードは、インプレッサの新たなイメージリーダーである。

インパネは機能重視造形 室内中央上部にカラーマルチディスプレイ装備 ナビはディーラーop STIスポーツはブラックラスト塗装加飾パネルを専用装備
シートはブラック&レッドカラー専用ファブリック仕様 アクセスキー対応運転席ポジションメモリー付き 室内長2085mm
メーターは見やすい2眼式 中央の液晶モニターに燃費や安全情報を表示
トランスミッションは7速マニュアルモード付きCVT 駐車ブレーキは電動式
ペダルはアルミパッド付きスポーツ形状 ブレーキ強力
ACCは全車速対応 車線逸脱抑制ステアリングアシスト付き 制御は的確
ラゲッジ容量は後席使用時385リッター 荷室長820(最大1390)mm
LEDヘッドライトはアダプティブドライビングビーム付き フォグ標準
ステレオカメラ式アイサイトコアテクノロジー標準 安全性高水準

SUBARUインプレッサスポーツSTIスポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=STIスポーツ(FF)
価格=7CVT 270万6000円
全長×全幅×全高=4475×1775×1480mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1540×リア:1545mm
最低地上高=130mm
車重=1350kg
エンジン=1995cc水平対向4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=113kW(154ps)/6000rpm
最大トルク=196Nm(20.0kgm)/4000rpm
WLTCモード燃費=13.0㎞/リッター(燃料タンク容量50リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路=9.2/13.7/15.3㎞/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=225/40R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.3m
●主要燃費改善項目:アイドリングストップ/電動パワーステアリング/可変バルブタイミング/自動無段変速機/ロックアップ機構付きトルクコンバーター
●主要装備:アイサイトコアテクノロジー(プリクラッシュブレーキ+ツーリングアシスト+AT誤発進&後進抑制制御+車線逸脱警報+ふらつき警報+全車速追従機能付きクルーズコントロール+先行車発進お知らせ機能など)/7エアバッグ/歩行者保護エアバッグ/18インチタイヤ&ダークメタリック塗装アルミ/STIチューニングSHOWA製SFRDフロントダンパー/STIチューニング・リアダンパー/前後スタビライザー/SIドライブ(走行モード切替機構)/パドルシフト/LEDヘッドランプ/ブラック塗装フロントグリル/サイドシルスポイラー/ルーフスポイラー/シャークフィンアンテナ/オートライト&ワイパー/マルチファンクションディスプレイ/本革巻きステアリング/レッドステッチ付き専用シート/前席電動調節シート/アルミパッド付きスポーツペダル/USB電源/クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー+ヒーテッドドアミラー+撥水加工フロントドアガラス+リアフォグランプ)
●装着メーカーop:アイサイトセイフティプラス(運転支援&視界拡張)7万7000円
●ボディカラー:アイスシルバーメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は9780円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る