• TOP
  • 「最新モデル試乗」便利で広々、そして快適。両側スライドドアのスズキ・ソリオを時代の真ん中と考える理由

 ー 

「最新モデル試乗」便利で広々、そして快適。両側スライドドアのスズキ・ソリオを時代の真ん中と考える理由

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

スズキ・ソリオ・バンディット・ハイブリッドMV(FF) 価格:CVT 200万6400円 試乗記

スズキ・ソリオ・バンディット・ハイブリッドMV(FF) ボディサイズは全長×全幅×全高3790×1645×1745mm 従来比全長を70mm拡大
スズキ・ソリオ・バンディット・ハイブリッドMV(FF) ボディサイズは全長×全幅×全高3790×1645×1745mm 従来比全長を70mm拡大

ファミリーユースの本流変身。ソリオが広く、安全になって登場

 スズキのコンパクトなスーパーハイトワゴン、ソリオ・シリーズがモデルチェンジした。最新4thモデルは、ボディサイズをやや拡大。荷室とキャビンの使い勝手が向上し、同時に安全・快適装備がいっそう充実した。
 いまやファミリーユースは、コンパクトカーでもボクシーな造形で、リアにスライドドアを備えたスーパーハイトワゴンが主役。ソリオ・シリーズは、トヨタ・ルーミー&ダイハツ・トールとともに、このクラスを牽引する中心モデル。38万5000台もの保有台数を誇る実力車だ。

 新型は徹底したユーザーサーベイから誕生した。開発陣は幅広くユーザーと販売現場の声を聞き、彼らのニーズが「後席の快適性アップと荷室の拡大」そして「安全装備の充実」であることを把握。それにストレートに応える新型を生み出した。

 新型のボディサイズは全長×全幅×全高3790×1645×1745mm。従来モデルと比較して全長は80mm(バンディットは70mm)長く、幅は20mmワイド、全高は同値。全長の拡大分は室内と荷室のゆとりアップに使用した。荷室床面長は、従来比100mm長い550~715mm。新型は大きな荷物を積むケースでも後席を前にスライドさせる必要が減り、快適なドライブを約束する。
 安全面はスズキセーフティサポートが充実。アダプティブクルーズコントロールは全車速対応型になり、速度やナビ誘導などを表示するスズキ初のカラーヘッドアップディスプレイを新設定。サイド&カーテンエアバッグの標準装備や、標識認識機能もうれしいポイントである。

後席ドアは便利なスライド式 左側は電動開閉タイプ 乗降性ハイレベル
ボディは高剛性仕様 ボディカラーは全11タイプ設定

走りはパワフル&スムーズ。モーターアシストを実感

 ラインアップは標準仕様のソリオと、スポーティイメージのバンディットの2タイプ。試乗車はバンディットのハイブリッドMVだ。

 パワーユニットは従来型の改良版。1.2リッター直4DOHC16Vデュアルジェット(91ps/118Nm)とISG(モーター機能付き発電機/3.1ps/50Nm)のマイルドハイブリッド仕様。走りはパワフル&スムーズ。とくに発進時の力強さが心地いい。エンジン自体が低回転域から豊かなトルクを生み出し、加えてモーターの適切なアシストが実感できるからだ。右足を軽く踏み込むだけで交通の流れに乗れる。しかも静粛性はハイレベル。通常走行時はエンジンを高回転域まで回す必要はなく、たとえ回しても4気筒ならではのサウンドがかすかに耳に届くだけ。静粛性は3気筒ユニットを積むルーミー&トールに対する大きなアドバンテージだ。

 ルーフパネルとルーフクロスメンバーの接合部に高減衰マスチックシーラーを採用したボディはしっかりとした印象。足回りはしなやか。ソリオ・バンディットは、広く、便利で快適なコンパクトカーの代表である。 

インパネは水平基調 各部に小物入れを配置した便利な設計 視界は超ワイド カラーは黒基調 新型のACCは全車速対応型 高速道路で便利なシステム
シートは快適な座り心地 後席は左右独立スライド&リクライニング付き センターアームレスト内蔵 室内長2500mm
荷室床面長は従来比100mm増 助手席を倒すと2mを超える長尺物が積める
センターメーターはドライバーに向けて配置 液晶ディスプレイを内蔵
ヘッドアップディスプレイ標準 速度やナビ情報を表示
メーカーopナビ(18万7000円)は360度モニター付き 9インチ高機能タイプ
スリムサーキュレーターを新装備 前後席の温度差を解消
1242cc直4DOHC16V(91ps)+ISG(3.1ps)  加速時はモーターアシストが実感できる WLTCモード燃費:19.6km/リッター
ヘッドライトとフォグはLED 個性的な形状 ハイビームアシスト標準
165/65R15+専用アルミ装着 最小回転半径4.8m 足回りはしなやか

スズキ・ソリオ・バンディット・ハイブリッドMV(FF) 主要諸元と主要装備

グレード=ハイブリッドMV(FF)
価格=CVT 200万6400円
全長×全幅×全高=3790×1645×1745mm
ホイールベース=2500mm
トレッド=フロント1435×リア1440mm
最低地上高=140mm
車重=1000kg
エンジン=1242cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=67kW(91ps)/6000rpm
最大トルク=118Nm(12.0kgm)/4400rpm
モーター最高出力=2.3kW(3.1ps)/1000rpm
モーター最大トルク=50Nm(5.1kgm)/100rpm
WLTCモード燃費=19.6km/リッター(燃料タンク容量32リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路=16.2/20.2/21.1km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=165/65R15+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=4.8m
●主要燃費改善項目:ハイブリッドシステム/充電制御付きアイドリングストップ/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/ロックアップ機構付きトルクコンバーター/自動無段変速機
●主要装備:スズキセーフティサポート(デュアルカメラブレーキサポート+誤発進抑制機能+車線逸脱警報+ふらつき警報+先行車発進お知らせ+ハイビームアシスト+全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール+カラーヘッドアップディスプレイ+標識認識機能+後退時ブレーキサポート)/ヒルホールドコントロール/前後スタビライザー/LEDヘッドランプ/フロントLEDフォグランプ/オートライト/前後エアロ形状バンパー/サイドアンダー&ルーフエンドスポイラー/フルオートAC/スリムサーキュレーター/6スピーカー/後席左側パワースライドドア/後席左右独立スライド&リクライニング機構/後席パーソナルテーブル/キーレスプッシュスタート/本革巻きステアリング/リモート格納機能付きドアミラー/後席ロールサンシェード/前席シートヒーター
●装着メーカーop:全方位モニター付きメモリーナビゲーション18万7000円
●ボディカラー:メロウディープレッドパール+ブラック2トーンルーフ(op4万4000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は7980円

ソリオ・ハイブリッドMZ(FF) 価格:CVT 202万2900円 標準タイプのフロントマスクはジェントルデザイン

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る