• TOP
  • 現行アルファロメオ・ジュリエッタの最後の限定モデル「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」が登場

 ー 

現行アルファロメオ・ジュリエッタの最後の限定モデル「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」が登場

Writer:大貫直次郎 

アルファロメオがプレミアムコンパクトカーのジュリエッタにカーボンパーツやイエローアクセントで彩った特別仕様車「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ」を設定。販売台数は65台限定

 FCAジャパンは2021年2月2日、アルファロメオのプレミアムコンパクトモデルであるジュリエッタに現行モデルで最後の限定車となる「ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ(Giulietta Veloce Veloce Speciale)」をラインアップし、2月20日より発売すると発表した。車両価格は439万円で、ボディカラーおよび販売台数はアノダイズドブルーメタリック/限定20台、ルナホワイトメタリック/限定25台、エトナブラックメタリック/限定20台に設定する。なお、現行ジュリエッタは2021年いっぱいで販売を終了する予定だ。

▲アルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレ 価格:6SMT439万円 全長4350×全幅1800×全高1460mm ホイールベース2635mm 車重1440kg 乗車定員5名 写真のボディカラーはアノダイズドブルーメタリックで、販売台数は20台限定

 今回の限定モデルは、パワーユニットに1742cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボエンジン(240ps/340Nm)+Alfa TCT(ATモード付6速乾式ツインクラッチトランスミッション)を搭載する通常モデルのジュリエッタ・ヴェローチェ1750TBIをベースに、カーボンパーツやイエローアクセントなどを採用して、ジュリエッタならではのデザイン性の高さをいっそう強調したことが特徴である。

▲ルナホワイトメタリックのボディカラー。販売台数は25台限定
▲エトナブラックメタリックのボディカラー。販売台数は20台限定

 まずエクステリアでは、カーボン仕上げのフロントグリル/エクステリアミラーハウジング/サイドスカートやイエローアクセントのフロントアンダーグリル/リアディフューザー/ブレンボ製対向4ポットフロントブレーキキャリパーを特別装備。また、足回りにはスポーツサスペンションとダークミロン仕上げ5ホールデザイン18インチアルミホイール+225/40R18タイヤを、排気系にはスポーツエキゾーストシステムを組み込んだ。

▲フロント部にはカーボン仕上げのフロントグリルやイエローアクセントのフロントアンダーグリルを特別装備
▲カーボン仕上げのエクステリアミラーハウジングを設定
▲サイドスカートもカーボンで仕立てる
▲イエローアクセントのブレンボ製対向4ポットフロントブレーキキャリパーを特別装備
▲ドライビングの愉悦感を掻き立てるスポーツエキゾーストシステムを採用

 内包するインテリアでは、イエローステッチングを施したオーディオコントローラー付きスポーツレザーステアリング/シフトレバーブーツ/ハンドブレーキゲイター/フロアマットを特別装備。内装色はベース車と共通のブラック基調で仕立て、レザーシート(前席パワー機構/ヒーター機構付き)やレザーシフトノブ、アルミニウムスポーツペダル、ダークグレー仕上げフロントパネル、スポーツタイプメーターパネル(ホワイトイルミネーション)、アルミニウムキックプレートなどを標準で採用する。さらに、先進安全機構としてエレクトロニックスタビリティコントロール(ESC)やABS+EBD、ブレーキプリフィル機能(ブレーキ予圧補助機能)、タイヤプレッシャーモニターリングシステム(TPMS)、エマージェンシーストップシグナル(ESS)、カーボン仕上げアダプティブ機能付きバイキセノンヘッドライトなどを設定した。

▲イエローステッチングを施したオーディオコントローラー付きスポーツレザーステアリング/シフトレバーブーツ/ハンドブレーキゲイターを特別装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲フロアマットにもイエローステッチングを配する
▲ベース車と同様にレザーシート(前席パワー機構/ヒーター機構付き)やレザーシフトノブを標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報