• TOP
  • コンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック」のベーシックグレードにレザーシートを採用した特別仕様車を設定

 ー 

コンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック」のベーシックグレードにレザーシートを採用した特別仕様車を設定

Writer:大貫直次郎 

ベーシックな中に上質なしつらえを。DS3クロスバックのソーシックにレザーシートを装備した特別仕様車「ソーシック・レザーエディション」を追加。車両価格は400万円を切る398万円に設定

 グループPSAジャパンは2021年2月3日、DSブランドのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック(DS3 CROSSBACK)」のソーシック(So Chic)に特別仕様車の「ソーシック・レザーエディション(So Chic Leather Edition)」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は398万円に設定する。

▲DS3クロスバック・ソーシック・レザーエディション 価格:8SAT398万円 全長4120×全幅1790×全高1550mm ホイールベース2560mm 乗車定員5名 ベーシックグレードに位置するソーシックをベースに上質なレザーシートを特別装備する

 今回の特別仕様車は、DS3クロスバックのベーシックグレードに位置するソーシックをベースに、上質なレザーシートを特別装備したことが特徴である。レザーシート自体は上級グレードにも採用するバサルトブラックカラーの逸品で、滑らかな触感に包み込むような座り心地、ドライビングに必要な保持性を確保しながら、DSオートモビルならではのデザイン性が感じられるダイヤモンドモチーフの意匠を採用。また、シューズには路面の当たりがより柔らかな17インチアロイホイール“MADRID”+215/60R17タイヤを装着し、トータルでいっそう快適かつ上質な乗り心地が楽しめる特性とした。

▲バサルトブラックのレザーシートの意匠にはDSオートモビルならではのデザイン性が感じられるダイヤモンドモチーフを採用する
▲内装の仕様にはBASTILLE(バスチーユ)ブロンズテップレザーダッシュボード&ドアトリムを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右

 パワーユニットはベース車と共通で、“PureTech”1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(130ps/230Nm)+EAT8(8速AT)を搭載。任意の車線位置を選べるレーンポジショニングキープやDSマトリクスLEDビジョンなど、先進のADAS(先進運転支援システム)も標準で装備している。

▲外装色はボディカラーとルーフカラーの組み合わせで11通りのバリエーションを設定。写真はルージュルビ/ブランオパール

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報