• TOP
  • 「最新モデル試乗」レヴォーグの心臓を積んだフォレスター登場! スポーツのグレード名が意味する万能性

 ー 

「最新モデル試乗」レヴォーグの心臓を積んだフォレスター登場! スポーツのグレード名が意味する万能性

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

SUBARUフォレスター・スポーツ 価格:8CVT 328万9000円 試乗記

SUBARUフォレスター・スポーツ スポーツは伸びやかな走りと上質さを追求 パワーユニットは新型レヴォーグと共通の1.8リッターボクサー4ターボ(177ps/300Nm) ボディカラーは全10色
SUBARUフォレスター・スポーツ スポーツは伸びやかな走りと上質さを追求 パワーユニットは新型レヴォーグと共通の1.8リッターボクサー4ターボ(177ps/300Nm) ボディカラーは全10色

フォレスターがリフレッシュ、最上級のスポーツを設定

 SUBARUのグローバルSUV、フォレスターがマイナーチェンジした。最新モデルは従来アドバンス専用だったマイルドハイブリッドのeボクサー(2リッター・145ps+モーター13.6ps)を拡大採用。新たに最上級グレードとして1.8リッターフラットフォー・ターボ(177ps/300Nm)を積むスポーツが誕生した。内蔵カメラがドライバーの顔を認識。あらかじめ設定されたポジションにシートやドアミラー角度、空調を調節するドライバーモニタリングシステムを全車に設定した点もポイントだ。試乗車は新グレードのスポーツである。

 対面したスポーツは精悍な印象だった。エクステリアはフロントグリル、リアゲート回り、18インチアルミをダークカラーでコーディネート。マフラーエンドパイプは左右2本出し。SUVらしくタフなイメージのフォレスターに、スポーティな味わいが加わっていた。ボディサイズは全長×全幅×全高4625×1815×1730(ルーフレール装着車)mm。ワールドカーらしく大柄だが、日本の道路環境でも持て余す心配はない。最小回転半径は5.4m。絶好の視界もあり、取り回し性は良好だ。

絶好な視界が良好な取り回し性に貢献 全長×全幅×全高4625×1815×1730(ルーフレール装着車)mm
1795cc水平対向4DOHC16Vターボ 177ps/5200~5600rpm 300Nm/1600~3600rpm WLTCモード燃費:13.6km/リッター(レギュラー仕様)

伸びやかな加速。フットワークは引き締まった印象

 走りは上質。 1.8リッターターボはチューニングを含めレヴォーグと共通。低回転域から豊かなトルクを発生し、吹き上がりはスムーズ。気持ちのいいパフォーマンスを披露する。とくにスポーティという印象はないが、高速道路で流れをリードするのは容易。つねにドライバーの意志に忠実な加速を披露する。トランスミッションは8速マニュアルモード付きCVT。走行モード切り替えはノーマルとスポーツの2種。ノーマルでも不満はないが、スポーツを選択すると走りはよりアップテンポに変化した。

 フットワークの完成度は高い。スポーツは専用開発ダンパーとコイルスプリングを採用。オンロードでの操縦性をリファインした。もともとフォレスターのハンドリングは水準以上だが、スポーツはさらに上をいく。ステアリングは引き締まった印象で、ハンドリングは素直。ワインディングロードが楽しく走れる。

 専用シートはドライビングに没頭するシーンで好印象だった。スポーツは本革とウルトラスエードのコンビ仕様を装着。しっかりとドライバーをサポートする。乗り心地も決して粗くない。
 フォレスター・スポーツはタフな走破性はそのままに、スポーティなエッセンスを加えたアクティブSUV。ACCをはじめとする安全装備の高い完成度と相まって、長距離クルーザーに適したクルマの代表といえる。走り好きにぴったりだ。

インパネはソフトパッド仕上げ ドライバーを認識し各種設定を調整/運転を見守るモニタリング機能標準
シートは本革とウルトラスエードのコンビ仕様 サポート性良好 前後ともシートヒーター標準 室内長2100mm
荷室容量は後席使用時520リッター 荷室長は908(最大1547)mm
メーターは視認性に優れた形状 中央モニターに各種情報を表示
8速マニュアルモード付きCVT 変速はスムーズ&ダイレクト
悪路や雪道で威力を発揮するXーMODEは2モード切り替え式
ナビはディーラーopバック時は上方モニターにも周囲の画像を表示
全車速対応ACCは操作性に優れた設計 制御はスムーズ
フロントマスクはブラック塗装仕上げ ヘッドライトはウォッシャー付きLED
リア回りは精悍なダークメタリック アンテナはシャークフィン
エグゾーストエンドはシリーズ唯一の左右ツイン 高回転域でボクサーサウンド発生
225/55R18オールシーズン+アルミ装着 最低地上高220mm 足回りは専用チューン

SUBARUフォレスター・スポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=スポーツ
価格=8CVT 328万9000円
全長×全幅×全高=4625×1815×1715mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1565×リア:1570mm
最低地上高=220mm
車重=1570kg
エンジン=1795cc水平対向4DOHC16Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=130kW(177ps)/5200~5600rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/1600~3600rpm
WLTCモード燃費=13.6km/リッター(燃料タンク容量63リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路=10.3/14.3/15.2km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=225/55R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主要燃費改善項目:アイドリングストップ/筒内直接噴射/電動パワーステアリング/可変バルブタイミング/自動無段変速機/ロックアップ機能付きトルクコンバーター/充電制御
●主要装備:アイサイトコアテクノロジー(プリクラッシュブレーキ+AT誤発進&後進抑制制御+車線逸脱警報+ふらつき警報+ツーリングアシスト+全車速追従機能付きクルーズコントロール+後退時ブレーキアシスト+先行車発進お知らせ機能など)/アイサイトセイフティプラス(後側方警戒支援システム+アダプティブドライビングビーム)/サイドビューモニター/ドライバーモニタリングシステム/運転席シート自動後退機能/7エアバッグ/歩行者保護エアバッグ/18インチオールシーズンタイヤ&ダークメタリック塗装アルミ/アクティブトルクスプリットAWD/Xモード/SIドライブ(走行モード切替機構)/パドルシフト/LEDヘッドランプ/ブラック塗装フロントグリル/アクセントシルバー加飾付きサイドクラッディング/グレーメタリック塗装ルーフスポイラー+シャークフィンアンテナ+ドアミラー/オートライト&ワイパー/マルチファンクションディスプレイ/本革巻きステアリング/ウルトラスエード&本革シート/前席電動調節シート/アルミパッド付きスポーツペダル/USB電源/フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/リアフォグランプ/フルオートAC
●装着メーカーop:パワーリアゲート+大型サンルーフ+アイサイトセイフティプラス(視界拡張)+ルーフレール23万1000円
●ボディカラー:クリスタルホワイトパール(op3万3000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万910円 ※ルーフレール装着車の全高は1730mm

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報