• TOP
  • 「最新モデル試乗」お洒落で活動的。フレンチEV、プジョーe-2008はSUVの新潮流になるのか!?

 ー 

「最新モデル試乗」お洒落で活動的。フレンチEV、プジョーe-2008はSUVの新潮流になるのか!?

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

プジョーSUV e-2008GTライン 価格:468万円 試乗記

プジョーSUV eー2008GTライン 内外装は細部を除きガソリン仕様と共通 プラットフォームはグループPSA最新のCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム) 駆動方式はFF
プジョーSUV eー2008GTライン 内外装は細部を除きガソリン仕様と共通 プラットフォームはグループPSA最新のCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム) 駆動方式はFF

e-2008は「5つのゼロ」を追求。カタログ上の航続距離は385km

 NEXTジェネレーションを標榜するプジョーの新型SUV、2008のピュアEVのデリバリーが始まった。2008は、136ps/260Nmのモーターを搭載したEV仕様のe-2008と、 1.2リッター直3ターボ(130ps/230Nm)のガソリン仕様の2シリーズ構成。両車のデザインと装備は基本的に共通。ユーザーの好みに応じて選べるラインアップになっている。試乗車は上級グレードGTラインだ。

 e-2008は排出ガス(CO2)/ノイズ/匂い/振動/ギアチェンジ・ゼロを実現した意欲作。当初からピュアEVを想定した新世代型プラットフォームを採用し、フロントにモーター、前席と後席下にバッテリーを搭載。ガソリン車と同等のキャビン&荷室スペースが確保された。満充電時の航続距離は385km(JC08モード)、充電は急速(チャデモ)/ウォールボックス型普通(200V)、コンセント型普通(200V)に対応。充電時間は急速で約50分(80%まで)、普通充電の場合はそれぞれ9/18時間(100%)と発表されている。トップスピードは150km/h、駆動方式はFFになる。

 e-2008は、最新プジョーらしいスタイリッシュさが際立つ。フロントグリルがボディ同色アクセント付きになり、フロントフェンダーに「e」のエンブレムが追加されているが、EVだからといって特別な演出はない。室内も同様だ。キャビンは広く快適。フランス車らしい優しい座り心地のシートが乗員をもてなす。ラゲッジスペースはガソリン車と同等の434リッター(後席使用時)と、実用性は高い。

e-2008のフロントグリルはボディ同色アクセント入り 全体のフォルムはガソリン仕様と共通
e-2008は各種補助金や優遇税制の対象車 車両価格は高いがランニングコストを含めユーザーの負担は実質的にはガソリン車と大差ない設定とインポーターは説明 全長×全幅×全高4305×1770×1550mm

高い静粛性とスムーズな走りに感銘。充電のプランニングは必須

 走りは圧倒的にスムーズ&静粛。走行モードはエコ/ノーマル/スポーツの3種。エコの加速はややマイルドだが、ノーマルではEVらしいトルクフルな味わいが楽しめる。スポーツをセレクトするとさらにパフォーマンスが際立つ。通常のドライビングはノーマルで十分と感じた。

 高い静粛性は、走り出した瞬間から実感できる。モーターを含めパワートレーンは、ほぼ無音。ロードノイズも極めて低い。しなやかな乗り心地と相まって走りの質感は、プレミアムモデル並みだ。

 安心して走れる航続距離は200kmプラスだろうか。ほぼ満充電で、メーター上の航続距離は280kmと表示されていた。高速道路を中心に50km走行したところ、210kmを示した。ユーザーは、走行パターンに応じた充電プランを考えておく必要がある。それを煩わしいと思うか、EV独特の楽しみと考えるかで評価は変わる。個人的には、充電プランニングはゲームに似た知的な遊び、と感じた。EVとのつきあいは面白そうだ。

インパネはプジョー最新「3D・iコクピット」 小径ステアリングとハイマウントメーターの組み合わせ 各部の質感/作りは上質
レザーとファブリックのコンビシートは優しい座り心地 室内は広く快適 電池は主に前席と後席下に搭載
メーターは奥行感のある見やすいグラフィック表示 デザインは各種切り替えができる 上は標準/下は車両システムモード メーターの視認性はヘッドアップディスプレイ感覚
ドライブセレクターはD/Bレンジが選べる Bは回生ブレーキが強まる設定
走行モードはエコ/ノーマル/スポーツをセレクト可能
センターディスプレイは多機能タイプ ナビ機能はop(23万6500円)
ACCは全車速対応型 車線維持機能付き スイッチはステアリングコラムに配置
ラゲッジ容量はクラス最大級 後席使用時434リッター/最大1467リッターに拡大
フロントにモーター(136ps/260Nm)を搭載 1充電当たりの航続距離は385km(JC08モード)  バッテリー容量50kWh
急速と2種の普通充電に対応 充電時間は急速の場合約50分で80%満たす
ヘッドライト回りは「ライオンの牙」がモチーフ GTラインはフルLEDヘッドライト
215/55R18タイヤ+アルミ装着 最低地上高205mm  足はしなやか

プジョーSUV e-2008GTライン 主要諸元と主要装備

グレード=GTライン
価格=468万円
全長×全幅×全高=4305×1770×1550mm
ホイールベース=2610mm
トレッド=フロント:1540×リア:1540mm
最低地上高=205mm
車重=1600kg
モーター定格出力=57kW
モーター最高出力=100kW(136ps)/5500rpm
モーター最大トルク=260Nm/300~3674rpm
交流電力量消費率=140Wh/km(JC08モード)
一充電走行距離=385km(JC08モード)
バッテリー総電力量=50kWh(リチウムイオン)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=215/55R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主要装備:アクティブセーフティブレーキ(5~140km/h)/レーンポジショニング&レーンキープアシスト/アクティブブラインドスポットモニター/トラフィックサインインフォメーション/ドライバーアテンションアラート/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)/エレクトリックパーキングブレーキ/フロント&サイド&バックソナー/ワイドバックアイカメラ/フルLEDヘッドライト/インテリジェントハイビーム/e–2008専用エクステリア(ボディカラードフロントグリル&ダイクロークライオンエンブレム+eモノグラム)/スーパーティンテッドガラス(リア3面)/ブラックダイヤモンドルーフ(ツートーンボディカラー)/ルーフレール/オートAC/3Dデジタルヘッドアップインパネ/本革巻きスポーツステアリング/アルカンタラ&テップレザーシート/前席シートヒーター/7インチタッチスクリーン/プジョーミラースクリーン(アップルカープレイ&アンドロイドオート)/自動防眩ルームミラー/ワイヤレススマートフォンチャージャー/プロキシミティスマートキー/eリモートコントロール
●装着メーカーop:パノラミックサンルーフ14万円/ナビゲーションシステム23万6500円/ETC2.0 4万4550円
●ボディカラー:ヴァーティゴブルー(op4万9500円)
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報