• TOP
  • 「最新モデル試乗」ぐっとダイナミックに大変身したレクサスIS。刷新された中身の本気度はどのくらいなのか

 ー 

「最新モデル試乗」ぐっとダイナミックに大変身したレクサスIS。刷新された中身の本気度はどのくらいなのか

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

レクサスIS300h・Fスポーツ(2WD) 価格:THS 580万円 試乗記

レクサスIS300h・Fスポーツ(2WD) 最新モデルはスポーツセダンとして「ドライバーとクルマの対話性」を徹底リファイン 300h(ハイブリッド)/300(2リッターターボ:245ps)/350(3.5リッター・V6:318ps)をラインアップ
レクサスIS300h・Fスポーツ(2WD) 最新モデルはスポーツセダンとして「ドライバーとクルマの対話性」を徹底リファイン 300h(ハイブリッド)/300(2リッターターボ:245ps)/350(3.5リッター・V6:318ps)をラインアップ

新型はスポーツセダンらしい精悍フォルム。安全装備一挙充実

 レクサスISが、大幅リファインされた。新型はA/Bピラーとキャビン前半を除くすべての外板部分に手を加えた。中でも立体感を増した「スピンドルグリル」と、大径化したタイヤをクリアするファットなフェンダーが目を引く。インテリアはダッシュボードとセンターパネルの意匠を変更。レクサスが目指すスポーティなイメージを追求した。新型の内外装はダイナミックそのもの。そして、フェイスリフト以上に気合が入っているのが、機能面のアップデートだ。

 プリクラッシュブレーキには新たに交差点右折時や夜間の歩行者、日中の自転車に対する検知機能などが採用され、緊急時の自車線内操舵支援などレクサス車として初となるトピックも加えられた。進化が著しいADAS(運転支援システム)は一気に最先端の水準へ引き上げられている。
 コネクティビティ機能の向上も注目である。マルチメディアシステムは、ディスプレイ位置を手前に移動させるとともに、新たにタッチ操作機能を追加。スマートディバイスリンクやアップルカープレイ、アンドロイトオートに対応する。センターコンソール配置のリモートタッチ・コマンダーは、操作パッドの大型化などの改良が施された。

 SUVが世界的にヒットする一方で、4ドアセダンは存在感が薄くなりつつある。レクサスでも、当初からブランドを牽引して来たGSがリスト落ちした。その消滅を補う勢いで商品力強化が図られたモデルが、最新ISである。

フロントマスクは強い存在感を主張 Fスポーツのフロントグリルはピアノブラック塗装の専用デザイン
スタイリングはダイナミック ぐっと張り出したリア回りが走りのよさを主張 プラットフォームはNワイド ボディは高剛性化を徹底

パワートレーンは3種。ハイブリッドの300hに試乗

 パワートレーンは従来どおり3タイプ。純エンジン仕様は2リッター直噴4気筒ターボ(245ps/350Nm)と、直噴とポート噴射を使い分ける独自の「D―4S」技術を用いた自然吸気の3.5リッター・V6(318ps/380Nm)の2種。ハイブリッド仕様は専用チューニングが施された自然吸気2.5リッター・4気筒(178ps/221Nm)とモーター(143ps/300Nm)を組み合わせる。

 多彩なパワーユニットを用意するシリーズ内にあって、試乗車はハイブリッドの300h・Fスポーツ。300h系は4WD仕様が選択可能だが、試乗車はRWD仕様。「スポーツセダン」を自称するISにとって、軽量で最小回転半径が5.2mとより小さいRWD仕様のほうが、「本流」と呼べる存在であることは間違いない。

 ISに対面。リアフェンダー部の強い張り出しと、その直前でシャープに蹴り上がるロッカー部分が印象的。いかにもFRレイアウトらしいたたずまいだ。「新たなプレス工法の採用で実現できた」という抑揚とシャープさを増した造形は、素直にカッコいい。大径化したシューズを収めるために拡幅されたフェンダー周辺も、ダイナミックな印象を強調する。

ISはトヨタの最新テストコース「テクニカルセンタ—下山」での徹底的な走り込みで開発 理想のパフォーマンスを追求
インパネは従来のイメージを踏襲しながらアップデート 中央に10.3インチタッチディスプレイ装備 Fスポーツはディンプル本革巻きスポーツステアリング標準

FRらしいシャープな造形。走りはリニアリティたっぷり

 Fスポーツは、専用メッシュパターンを採用したフロントグリルやピアノブラック塗装リアスポイラー、アグレッシブな造形のリアバンパーを標準装備。躍動感がより顕著に感じられたのは、試乗車がFスポーツだったことも大きい。Fスポーツ用フロントスポーツシートは、乗降性を損なわない一方で着座感やホールド性に優れる。スポーツセダン用らしい出来栄えだったことも付け加えておきたい。
 ボディサイズは全長×全幅×全高4710×1840×1435mm。ライバルのBMW3シリーズ(同4715×1825×1430mm)と同等だ。

 2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムは、ハードウエアの基本をキャリーオーバーしながら、出力制御を変更した発展バージョン。なるほど動力性能は、アクセル操作に対する空走感が抑えられ、いちだんとリニアな加減速感が得られるようになっていた。
「リニアリティに富んだ走り」は今回の改良の大きなテーマ。ステアリングやブレーキは、ドライバーの意思に忠実に反応するようリファインされている。「〈戻し〉の操作に対する追従性向上を意識した」というサスペンションチューニングを含めて、その効果を実感することができた。最新ISの走りのレベルは非常に高い。

 従来のナットからボルト式に変更されたハブベアリングとホイールの締結は、高剛性化とばね下重量の低減に貢献。走りの質感向上を目指した取り組みのひとつだ。今後、他モデルへも展開予定という。
 目先の新しさだけを狙うのであれば、ホイールの互換性にも影響を与える締結方法の変更は決して採らなかったに違いない。そうした点からも、ISが本気で「中身の向上」を狙ったことがうかがえる。ISは見ても、乗ってもダイナミックに進化した。

足回りはフロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンクの組み合わせ 新開発スウィングバルブショックアブソーバー採用
Fスポーツはサポート性に優れたスポーツシート標準 素材は本革 カラーは写真のレッドとブラックの2種 後席の居住性は高水準
後席は6対4分割可倒式 トランクスルーで長尺物の積載に対応する
メーターは8インチTFT液晶とカラーインフォメーションディスプレイの組み合わせ 回転計を中央配置
トランスミッションは電気式シーケンシャルタイプ 新型はアクセル操作に対する空走感を抑制
走行モードはエコ/ノーマル/スポーツS/スポーツS+/カスタムの5種
ヘッドライトは薄型形状LED シャープで精悍な表情を演出
タイヤはフロント:235/40R19/リア:265/35R19の前後異サイズ 新型のホイール締結法はボルト式

レクサスIS300h・Fスポーツ(2WD) 主要諸元と主要装備

グレード=300h・Fスポーツ(2WD)
価格=THS 580万円
全長×全幅×全高=4710×1840×1435mm
ホイールベース=2800mm
トレッド=フロント:1580×リア:1570mm
車重=1690kg
エンジン=2493㏄直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=131kW(178ps)/6000rpm
最大トルク=221Nm(22.5kgm)/4200〜4800rpm
モーター最高出力=105kW(143ps)
モーター最大トルク=300Nm(30.6kgm)
WLTCモード燃費=18.0km/リッター(燃料タンク容量66リッター)
(市街地/郊外/高速道路=15.6/18.3/18.8km/リッター)
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:235/40R19/リア:265/35R19+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
●主な燃費改善対策:ハイブリッドシステム/電気式無段変速機/アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●主要装備:レクサスセーフティシステム+(プリクラッシュセーフティ・歩行者・自転車運転者検知機能付き衝突回避支援タイプ+レーントレーシングアシスト+オートマチックハイビーム+全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール+ロードサインアシスト+ドライバー異常時対応システム)/ブラインドスポットモニター/パーキングサポートブレーキ/バックガイドモニター/ヒルスタートアシストコントロール/UVカット機能付きウインドシールドガラス(遮音タイプ)/スマートエントリー&スタートシステム/電動チルト&テレスコピックステアリングコラム/ゲート式シフトレバー/アナログクロック/前席電動調節機能/プレミアムサウンドシステム/10.3インチワイドディスプレイ/ナビゲーションシステム/Fスポーツ専用フロントグリル&ロッカーモールフィン&リアバンパーロアガーニッシュ&リアスポイラー/ドライブモードセレクト/専用8インチTFTメーター/ディンプル本革スポーツステアリング/アルミ製スポーツペダル&フットレスト/専用スポーツシート/ステアリングヒーター/前席シートヒーター/NAVI・AI–AVS
●装着メーカーオプション:パノラミックビューモニター4万4000円/3眼フルLEDヘッドライト7万7000円/マークレビンソン・プレミアムサウンドシステム26万5100円/Fスポーツ専用本革スポーツシート29万1500円
●ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万540円

2493cc直4DOHC16V(178ps/221Nm)+モーター(143ps/300Nm) 新型は出力制御を変更 リニアな加速を実現 WLTCモード燃費:18.0km/リッター)
リアスポイラーは小型リップ形状 Fスポーツ専用アイテム

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年4月号

  • ・最新SUV徹底レポート
  • ・特集 2台の最新フレンチを楽しむ
  • ・特集 注目モデルの○と× 最新モデル試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る