• TOP
  • 「最新スーパーカー試乗」エレガントなスタイルに隠された野生。フェラーリ・ローマの麗しき2面性

 ー 

「最新スーパーカー試乗」エレガントなスタイルに隠された野生。フェラーリ・ローマの麗しき2面性

Writer:西川淳 Photo:Ferrari

フェラーリ・ローマ 価格:8DCT 2682万円 試乗記

フェラーリ・ローマ ローマはポルトフィーノをベースにした2+2レイアウトのFRクーペ キーコンセプトは「ラ・ヌォーバ・ドルチェ・ヴィータ」(新・甘い生活) 往年のフェラーリを彷彿させるエレガントなスタイリングが特徴
フェラーリ・ローマ ローマはポルトフィーノをベースにした2+2レイアウトのFRクーペ キーコンセプトは「ラ・ヌォーバ・ドルチェ・ヴィータ」(新・甘い生活) 往年のフェラーリを彷彿させるエレガントなスタイリングが特徴

見惚れるほどの美しさ。レースの匂いがしないフェラーリ

 フェラーリの新しい2ドアベルリネッタはイタリアの首都にちなんでローマと名づけられた。ローマはシンプルで美しいスタイリングの持ち主。現代のスーパースポーツカーが、性能と引き換えに失いつつあったエレガンスをもう一度取り戻したかのようである。

 半世紀以上前のフェラーリ・ロードカーは、レースでの強いイメージとは裏腹に、地味なカラーリングの美しいベルリネッタGTが主流だった。21世紀になってその潮目は変わってしまう。軽量化やエアロダイナミクスが徹底追求された結果、デザインはどんどんと先鋭的になった。
「レーシングカーではないのだから」、「もっと落ち着いたデザインで」、「毎日気兼ねなく乗りたい」。そんな声が高まっていたのもまた事実だった。

 ローマは、ロングノーズ&ショートデッキの典型的なイタリアンクラシック・スタイル。けれども、きれいにまとめすぎてはいない。そこがフェラーリ独特のエレガンス表現である。
 フロントノーズは鋭く尖っており、あくまで低い。2+2のキャビンはコンパクトに引き締まり、リアデッキも小さめだ。
 その代わり前後のフェンダーラインをグラマーに描いた。このあたり、美しい時代のフェラーリに共通するデザインのDNAを見つけることができる。ローマにはサイドフェンダーの「SFシールドエンブレム」は似合わない。そう、このクルマからはレースの匂いがしないのだ。

 インテリアデザインもエレガント。機能重視だった最近のフェラーリとは味わいが違う。デュアルコクピットスタイルと名づけられた室内は左右のパッセンジャー席が美しく仕切られており、ドライビングに熱中することはもちろん、居心地そのものを楽しめる空間になっている。

スタイリングは1960年代の名車250GTベルリネッタ・ルッソにインスパイアを受けたという 2+2ながらキャビンはコンパクト
メカニズムの特徴は620psハイチューンエンジンと8速DCT リアウィンドウ後端に可動式スポイラーを装備 エグゾーストエンドは左右4本出し 3000rpm以上で奏でる“フェラーリミュージック”は超魅惑的

トップスピード320km/h! 新開発エンジン&8速DCT搭載

 ローマはポルトフィーノの高性能版「M」と並行して開発された。リトラクタブルハードトップを持つポルトフィーノをベースとしつつ、その70%を新設計し、進化したパワートレーンを積んだ。
 一昨年末のデビュー時にフェラーリは「新型ローマは、ポルトフィーノのクーペ版ではない」とアピールした。ところが、ほとんど同じスペックを持つポルトフィーノの進化モデル、Mが登場したことで、結果的にこの2モデルは兄弟車の関係になった。

 メカニズムの注目ポイントはやはり、フロントミッドに積まれたパワートレーンだろう。3.9リッター直噴V8ツインターボエンジンの最高出力は620psにまで引き上げられ、新開発の8速DCTトランスミッションを組み合わせている。従来の7速DCTに比べて小型かつ軽量であり、変速スピードも上がった。そのうえ、エネルギーロスも格段に小さくなっている。新しいトランスミッションは、燃費性能の向上にも大いに貢献する。

 パフォーマンスは0〜100km/h加速を3.4秒でクリアし、トップスピードは320km/h(メーカー公表値)に達する。

トップスピード320㎞/h 0→100㎞/h加速は3.4秒でクリア 走りは「美女と野獣」  街中はジェントル オープンロードでは超一級スプリンターに変身
「デュアルコクピットスタイル」と呼ばれるインテリアは上質かつ先進的 フラットボトム形状のステアリングに走行モード切り替えダイヤルを配置する
キャビンは適度にタイト 前席はサポート性に優れたスポーツ形状 後席は荷物用スペースに最適 乗り心地はやや硬質
メーターは16インチ液晶タイプ さまざまな表示モードをセレクトできる設計
新開発8速DCTのメインセレクターはボタン式 変速操作は大型のパドルで行う
3855cc・V8DOHC32Vツインターボ 620ps/5750〜7500rpm 769Nm/3000〜5750rpm 全域パワフル パワーユニットはフロントミッドに搭載
足回りは4輪ダブルウィッシュボーン式 全長×全幅×全高4656×1974×1301mm 車重1570kg
ローマはフェラーリ・ラインアップ中で最も快適性を重視したGTスポーツ トランクルーム容量は272リッター タイヤは20インチ標準

フェラーリ・ローマ 主要諸元

グレード=ローマ
価格=8SMT 2682万円
全長×全幅×全高=4656×1974×1301mm
ホイールベース=2670mm
車重=1570kg
エンジン=3855cc・V8DOHC32Vツインターボ
最高出力=456kW(620ps)/5750〜7500rpm
最大トルク=760Nm(77.5kgm)/3000〜5750rpm
サスペンション=前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=フロント:245/35ZR20/リア:285/35ZR20
駆動方式=FR
乗車定員=4
最高速度km/h=320km/h
0〜100km/h加速=3.4秒
0〜200km/h加速=9.3秒
※価格を除きスペックは欧州仕様

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年4月号

  • ・最新SUV徹底レポート
  • ・特集 2台の最新フレンチを楽しむ
  • ・特集 注目モデルの○と× 最新モデル試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る