• TOP
  • 「最新モデル試乗」レクサスの頂点、LSが示す「快適性の新基準」。新型はどこが進化したのか、ズバリ評価

 ー 

「最新モデル試乗」レクサスの頂点、LSが示す「快適性の新基準」。新型はどこが進化したのか、ズバリ評価

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

レクサスIS500エグゼクティブ(4WD) 価格:10SAT 1580万円 試乗記

レクサスLS500エグゼクティブ(4WD) LSは500(3.5リッター・V6ツインターボ:422ps)と500h(ハイブリッド:3.5リッター・V6+モーター)の2シリーズ構成 現行モデルは2017年デビュー 積極的な改良で完成度をアップ
レクサスLS500エグゼクティブ(4WD) LSは500(3.5リッター・V6ツインターボ:422ps)と500h(ハイブリッド:3.5リッター・V6+モーター)の2シリーズ構成 現行モデルは2017年デビュー 積極的な改良で完成度をアップ

LSが進化。ハンドリングのリファインと上質な乗り味を目指した改良を実施

 LSは、レクサスのフラッグシップであると同時に、数ある日本車の中でもプライベートカーの頂点に位置する高級サルーンだ。2017年にデビューした現行型は第5世代(1st〜3rdモデルは日本では「セルシオ」の名称で販売)。2020年11月にマイナーチェンジを受け、いちだんと完成度を高めた。
 5thモデルは、4thモデルに対してボディ骨格からシャシー、パワーユニットまで、あらゆる部分が刷新された革新作。今回のリファインは、現行型になって4回目。いっそうの進化を目指した作り込みが実施された。

 パワーユニットは、直噴とポート噴射を併用したツインターボ付きの3.5リッター・V6エンジン(422ps/6000rpm、600Nm/1600~4800rpm)を小改良。LSの頂点を象徴するV型8気筒エンジンに代わって現行モデルで新たに登場したV型6気筒ターボは、電動ウエイストゲートのチューニング変更などによって加速レスポンスの向上が図られた。さらに、10速ステップATのシフトスケジュールを変更。特定運転領域でのシフトビジー感を解消し、より上質な動力性能を目指したことがトピックだ。

 快適性とハンドリングも見直された。細部にまで手を加え、振動や衝撃の低減を図ったのだ。全モデルに標準採用されるランフラットタイヤの縦ばね剛性とスタビライザーのスプリング定数が見直され、バンプストッパーの先端剛性も改良。4WD仕様はエンジンマウント内オリフィスを変更している。同時に全車にエアサスペンションとセットで採用される電子制御式の減衰力可変ダンパー「AVS」も小改良。オイル流路を拡大した新設計の油圧制御用ソレノイドを採用した。
 今回は、ユニットの大幅刷新は行っていない。微に入り細を穿ったリファインを重ねることで、操舵応答性や安定性の向上と上質な乗り味を追求した。

最新モデルはフロントグリルの表面処理を変更 ダイナミックなイメージがいちだんと高まった
現行5thモデルはボディ骨格からシャシー&パワーユニットまで刷新した革新サルーン スタイリングはクーペ感覚

さらにスムーズで静粛に変身! 安全機能も世界トップ級

 試乗車は、最新のツインターボ付きV6エンジンを搭載した500エグゼクティブ(4WD)と、500h・Fスポーツ(2WD)の2種。500h・Fスポーツは3.5リッター・V6(299ps)+モーター(180ps)でシステムを構成する独自のストロングハイブリッドを搭載。レクサスが求めるスポーツ観を表現するために、メッシュタイプの専用グリルや、前後異サイズの大径タイヤを採用し、前席スポーツシートを装備したアクティブな1台だ。

 ボディサイズは全長×全幅×全高5235×1900×1460mm(500エグゼクティブ・4WD)。ヘッドライト形状が一新されたフォルムは、いちだんと流麗に変身していた。
 同じLSでありながら狙ったキャラクターが異なる2台だが、いずれも従来のモデルに比べ、路面凹凸のいなし方が向上していた。拾った振動の減衰が素早く、従来やや気になった「ブルブル」とした不快な印象が減っている。もちろん、素晴らしく滑らかな加速の連続感や圧倒的な静粛性の高さなど、「LSのDNA」は、しっかり継承されている。パフォーマンスはガソリン、ハイブリッドともに優秀。WLTC燃費はガソリンが9.5km/リッター(4WD)、ハイブリッドは13.6km/リッター(2WD)をマークする。

 安全機能も進化した。交差点右折時の対向直進車や同じく右左折時の歩行者の検知など、これまでフラッグシップとしては少々物足りなさが感じられたプリクラッシュセーフティ機能が、しっかりバージョンアップされた。ステアリング操作から解放される「ハンズオフ」機能を備えた、さらに高度な運転支援技術は、 2021年中の搭載予定が発表されている。

写真のエグゼクティブは後席居住性を高めたトップグレード 電動オットマン付き22ウェイ後席パワーシート標準
インパネは横方向の広がりを重視したデザイン 走りに関連するコントロール系はドライバー正面にレイアウト 中央モニターは大型12.3インチタッチパネル式

課題はランフラットタイヤ。時に乗り心地に影響が……

 走りで気になった点は乗り心地。改善されたとはいえ、特定の路面でまだランフラットタイヤに起因するシャープな振動がある。フラッグシップ車セグメントにあって、まだ世界のトップレベルに到達していると思えない部分だ。

 メルセデス・ベンツがすでに新世代Sクラスをローンチしたことを考えると、現状で満足はできない。これは、開発陣も認識しているはずだ。
 LSのような高級サルーンは、日本においては主に都市部で使われる。その現実を考えると、無条件なランフラットタイヤの採用に疑問が残る。日本随一のフラッグシップだからこそ、際立って高い目標に挑み続けてほしい。

LSは1989年登場の1stモデル以来レクサスのイメージを牽引 累計販売台数は87万台を突破
シートはセミアニリン本革 エグゼクティブは助手席440mmロングスライド付き 後席はスライド&リクライニング可能
後席回りの操作系はセンターアームレストに配置 タッチパネル式で操作性良好
ドアトリムは工芸品のような味わい プラチナ箔&西陣仕様も新設定(66万円)
メーターはシンプル 走行モードに応じ表示が変化 ヘッドアップディスプレイ標準
500のトランスミッションは10速AT シフトスケジュールの変更でいっそう滑らかに
ヘッドライトは3連LEDとL字型クリアランスライトを組み合わせた新意匠 ブレードスキャンAHSを新装備
245/50R19ランフラット+アルミ標準 新型はタイヤと足回りのセッティング変更でハンドリングと乗り心地を改善 最小回転半径6.0m

レクサスLS500エグゼクティブ(4WD) 主要諸元と主要装備

グレード=500エグゼクティブ(4WD)
価格=10SAT 1580万円
全長×全幅×全高=5235×1900×1460
ホイールベース=3125
トレッド=フロント:1635/リア:1635
車重=2320
エンジン=3444cc・V6DOHC24ツインターボ(プレミアム仕様)
最高出力=310kW(422ps)/6000rpm
最大トルク=600Nm(61.2kgm)/1600〜4800rpm
WLTCモード燃費=9.5km/リッター(燃料タンク容量82リッター)
(市街地/郊外/高速道路=6.3/9.6/12.1km/リッター)
サスペンション=前後マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=245/50R19ランフラット+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=6.0m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/充電制御
●主要装備:レクサスセーフティシステム+A(レーダークルーズコントロール+レーントレーシングアシスト+レーンチェンジアシスト+プリクラッシュセーフティ+フロントクロストラフィックアラート+ブレードスキャンアダプティブハイビーム+ロードサインアシスト+ドライバー異常時対応システムなど)/ブラインドスポットモニター/パーキングサポートブレーキ/ヒルスタートアシストコントロール/ギア比可変ステアリング(VGRS)/電子制御エアサスペンション+AVS/電子制御ブレーキ/3眼フルLEDヘッドライト/12.3インチワイドディスプレイ&ナビシステム/ステアリングヒーター/IR・UVカットガラス(プライバシー機能付き遮音タイプ)/セミアニリン本革シート/助手席420mmロングスライド機能/22ウェイ調節式リアパワーシート/電動オットマン(リア左席)/後席温感リラクゼーション機能/レクサスクライメートコンシェルジュ/マークレビンソン・リファレンス3Dサラウンドサウンドシステム/後席エンターテインメントシステム/スマートエントリー&スタートシステム/電動チルト&テレスコピックステアリングコラム/アナログクロック
●装着メーカーオプション:L-ANILINE本革シート55万円/寒冷地仕様2万5300円
●ボディカラー:ソニックイリジウム
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万5500円

3444cc・V6DOHC24Vツインターボ 422ps/6000rpm 600Nm/1600〜4800rpm 最新モデルは加速レスポンスが向上 WLTCモード燃費:9.5km/リッター
レクサスセーフティセンス+Aは右左折時の対応領域を拡大 各種制御をグレードUP

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報