ー 

内外装を刷新したジャガー・Eペイスの2021年モデルが日本での受注を開始

Writer:大貫直次郎 

ジャガーのコンパクトパフォーマンスSUVのEペイスが最新アーキテクチャー(PTA)の採用や内外装デザインの変更を実施して日本上陸。発売記念モデルの「ローンチエディション」を50台限定で販売

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月18日、コンパクトパフォーマンスSUV「Eペイス(E-PACE)」の2021年モデルを発表し、同日より受注を開始した。合わせて、2021年モデルの発売を記念した特別仕様車の「ローンチエディション(LAUNCH EDITION)」も設定し、50台限定で販売する。

▲ジャガー・Eペイス・Rダイナミック・SE D200 価格:9SAT631万円 全長4395×全幅2088(ミラー含)×全高1648mm ホイールベース2681mm 乗車定員5名 ジャガーヘリテージロゴを想起させるダイヤモンド形状のフロントグリルメッシュや “ダブルJ”グラフィックの LEDヘッドライトを新装備

車種展開は以下の通り。
■2リットル直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(204ps、MHEV)搭載車
Eペイス・D200:528万円
Eペイス・S D200:576万円
Eペイス・Rダイナミック・S D200:600万円
Eペイス・Rダイナミック・SE D200:631万円
■2リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(200ps)搭載車
Eペイス・P200:498万円
Eペイス・S P200:553万円
Eペイス・SE P200:584万円
■2リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(249ps)搭載車
Eペイス・Rダイナミック・S P250:621万円
Eペイス・Rダイナミック・SE P250:657万円
Eペイス・Rダイナミック・HSE P250:698万円
Eペイス・ローンチエディション:854万8000円

▲電動パワートレイン技術に対応するように設計された最新のアーキテクチャー「PTA(Premium Transverse Architecture)」を新たに採用する

 Eペイスの2021年モデルは、ジャガー初となる最新のアーキテクチャー「PTA(Premium Transverse Architecture)」の採用や内外装デザインの変更などを実施して、プレミアムコンパクトSUVとしての特性にいっそうの磨きをかけたことが特徴である。
 まず基本骨格には、最新の電動パワートレイン技術に対応するように設計されたPTAを新採用。エンジンマウントの位置を変更することでスロットルレスポンスを向上させながら、ステアリングホイールへ伝わる振動を減少させて静粛性と乗り心地をいっそう向上させる。パワーユニットには、最新の“INGENIUM”1997cc直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジン(最高出力204ps/3750rpm、最大トルク430Nm/1750~2500rpm)に減速時のエネルギーロスを減らすために小型統合電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を設定。トランスミッションには専用セッティングの9速オートマチックを組み込み、駆動システムにはAWDを採用した。一方、ガソリンエンジンは2機種の“INGENIUM”1995cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボ(P200:200ps/320Nm、P250:249ps/365Nm)をラインアップし、いずれも9速オートマチックのトランスミッションを組み込んで4輪を駆動(AWD)する。

▲パワーユニットにはマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した2リットル直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(204ps)と2機種の2リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(200ps/249ps) を設定

 エクステリアに関しては、ダイナミックで存在感のあるデザインに変更したことが特徴だ。フロント部はジャガーヘリテージロゴを想起させるダイヤモンド形状のフロントグリルメッシュや新形状のフロントバンパーロワインサート、“ダブルJ”グラフィックの LEDヘッドライト(プレミアムLED、ピクセルLED)を採用。サイドセクションには、リーパーエンブレムを配したサイドベントを装備する。そしてリアセクションには、よりスタイリッシュさを増した新デザインのバンパーを装着した。さらに足もとには、新造形のアロイホイールを4種類追加する。ボディカラーについては、新色のブルーファイヤーブルー/アイガーグレイ/ハクバシルバー/カルパチアングレイのほか、フジホワイト/カルデラレッド/サントリーニブラック/ユーロンホワイト/フィレンツェレッド/ボラスコグレイ/シリコンシルバーという計11タイプをラインアップした。

▲インテリアには11.4インチのカーブドタッチスクリーンなどを新採用。センターコンソールへの小物用トレイの追加やアンビエントライトの変更なども実施する
▲エンボス加工を施したジャガーのリーパーロゴを配するヘッドレストを新採用

 内包するインテリアは、クラフトマンシップと高級感、そして快適性を追求したことがトピック。具体的には、エンボス加工を施したジャガーのリーパーロゴを配するヘッドレスト、クリケットボールを思わせるステッチを施した新ドライブセレクター、11.4インチのカーブドタッチスクリーンなどを新採用。また、センターコンソールへの小物用トレイの追加やアンビエントライトの変更なども実施した。

▲クリケットボールを思わせるステッチを施した新ドライブセレクターを配備

 先進安全システムの充実化も訴求点だ。車両状況を常時モニタリングしてエンジンとブレーキの設定を適切に調整し、路面状況を検知しながら最適なグリップ力を発揮して走行安定性を高めるアダプティブ・サーフェス・レスポンス(AdSR)を標準で装備。また、ドライバー支援システムとして3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リアパーキングエイド、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターを標準で採用する。さらに、オプションとして後方視界が悪い時に視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高めるClearSightインテリア・リアビューミラー、スマートフォンのワイヤレスデバイスチャージング、第2世代のアクティビティキーを新規に設定した。
 一方でエンターテインメント関連では、最新インフォテインメントシステム「Pivi」を標準設定(Sグレード以上は「Pivi Pro」)。Pivi Proに付帯するオンラインパックには専用の通信データプランを用意し、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索/ガソリン価格のオンライン取得/マップデータのオンラインアップデート)やメディア(Spotify/Deezer/TuneInRadio、天気予報のAccuWeather)、カレンダー(Google Suite/Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にすることなく使用できるようにした。

▲ジャガー・Eペイス・ローンチエディション 価格:9SAT854万8000円 外装にはブラックエクステリアパックや固定式パノラミックルーフ、ピクセルLEDヘッドライト、21インチ“スタイル5053”5スプリットスポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)などを特別装備
▲内装カラーは写真のディープガーネット(限定20台)とクラウド(限定30台)の2タイプを設定する

 限定モデルとして設定された「ローンチエディション」を見ていこう。ベースモデルはRダイナミック・HSE P250で、外装にはブラックエクステリアパックや固定式パノラミックルーフ、ピクセルLEDヘッドライト(シグネチャーDRL付)、21インチ“スタイル5053”5スプリットスポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)などを、内装にはClearSightインテリア・リアビューミラーや空気清浄システム(PM2.5フィルター搭載)、プレミアムキャビンライト、ワイヤレスデバイスチャージング、ヘッドアップディスプレイなどを特別装備。また、ダイナミックハンドリングパックやコールドクライメートパックも標準で組み込む。ボディカラーは特別色のポルトフィーノブルーで彩り、内装カラーはクラウド(限定30台)とディープガーネット(限定20台)の2タイプを設定した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報