ー 

プジョー208/e-208が仕様変更を実施。ガソリンエンジン車の全グレードでWLTCモード燃費が5%向上

Writer:大貫直次郎 

プジョーの人気ハッチバックの208/e-208が商品改良。ガソリンエンジン車の燃費向上や一部装備の変更などで訴求力をアップ

 グループPSAジャパンは2021年2月24日、プジョー・ブランドのBセグメントハッチバックの208およびe-208のマイナーチェンジを行い、合わせて従来のGTラインをGTに名称変更して、同日より発売した。

▲プジョー208 GT/e-208 GT グレード名を従来のGTラインからGTに変更。装備面では車体各部のエンブレムを“GT”に刷新するとともに、208 GTの17インチアロイホイールのダークグレーカラー化やフロントシートヒーターの標準装備化などを実施する

車種展開および車両価格は以下の通り。
■208
208スタイル:249万9000円(従来比10万円アップ)
208アリュール:262万9000円(従来比3万円アップ)
208 GT:299万円(従来比6万円アップ)
■e-208
e-208アリュール:389万9000円(従来と同価格)
e-208 GT:426万円(従来比3万円アップ)

▲プジョー208アリュール/e-208アリュールは基本的に従来と共通のエクイップメント。ガソリンエンジン搭載車の208は全グレードでWLTCモード燃費が5%アップ(17.9km/リットル)した

 今回の商品改良は、ガソリンエンジン車の燃費向上や各グレードでの装備アイテムの追加などがメインメニューだ。
 まず、“PureTech”1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(最高出力100ps/5500rpm、最大トルク205Nm/1750rpm)を搭載する208は、全グレードでWLTCモード燃費が5%アップ(17.9km/リットル、従来は17.0km/リットル)。排ガス基準の四つ星(50%低減レベル認定車)を取得し、エコカー減税の対象となった。一方、e-208に関しては従来と同様、最高出力100kW(136ps)/5500rpm、最大トルク260Nm/300~3674rpmを発生する電気モーターをフロントに、50kWhの容量を確保したリチウムイオン電池を車体中央付近のフロア下に搭載している。

▲プジョー208スタイルはLEDヘッドライトやグレー仕上げの16インチアロイホイールを新装備

 各グレードの変更点を見ていこう。
 まず208 GT/e-208 GTは、グレード名称の変更に即して車体各部のエンブレムを“GT”に刷新。また、208 GTの17インチアロイホイールのダークグレーカラー化(e-208 GTのアロイホイールは従来と同仕様)やフロントシートヒーターの標準装備化を実施した。一方、208アリュール/e-208アリュールは、前述した208のガソリンエンジン仕様の燃費改善を除いて、基本的に従来と共通のエクイップメントを採用。そして208スタイルは、LEDヘッドライトやグレー仕上げの16インチアロイホイールを新規に装備した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報