• TOP
  • 「注目モデル試乗」鮮烈スタイリング、見られる快感。世界が注目するレクサスLCコンバーチブルのエレガントな輝き

 ー 

「注目モデル試乗」鮮烈スタイリング、見られる快感。世界が注目するレクサスLCコンバーチブルのエレガントな輝き

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

レクサスLC500コンバーチブル 価格:10SAT 1500万円 試乗記

LC500コンバーチブル コンバーチブルは5リッター・V8エンジン(477ps)を積む500のみに設定 ドア後方がキックアップした流麗なデザインを実現 ボディは専用強化仕様 車重はクーペ比100kg増
LC500コンバーチブル コンバーチブルは5リッター・V8エンジン(477ps)を積む500のみに設定 ドア後方がキックアップした流麗なデザインを実現 ボディは専用強化仕様 車重はクーペ比100kg増

待望のコンバーチブル登場。ルーフは4層構造ソフトトップ

 LCのデビューは2017年。以来、「ストラクチュラルブルー」など特別仕様を適宜設定することでニュースを発信、走行性能も着実に進化させてきた。そして待望のオープンモデル、LC500コンバーチブルが昨秋から日本市場でも発売された。
 LCといえばこだわりぬいたクーペデザインが最大の魅力である。オープン化にあたっても美しいデザインの継承は必須だった。

 ルーフは4層構造のソフトトップ。ベントレーやアストンマーティンなどハイエンドクラスのオープンは「ソフトトップ」が世界の主流だ。トップのクロス材質と構造が進化した現在では、クーペに匹敵する耐候性が実現できる。そのうえシステムが複雑なリトラクタブルハードトップ(RHT)より、デザイン性を優先しやすい。ルーフ面積の小さいスーパーカーならまだしも、マルチシートのGTカーにRHTを採用すると、どうしても不格好になる。

 LCのソフトトップデザインは見事だ。オープン時にはトップが完全に収納されてクリーンなロードスタースタイルとなり、クローズド時もクーペと遜色のない美しさである。走行中でも50km/h以下なら操作でき、開閉は約15秒で完了。急な雨にも対処できる。

オープン/クローズ時とも極上のドライブフィールを提供 全長×全幅×全高4770×1920×1350mm 車重2050kg
ソフトトップは4層構造 開閉時間は約 15秒  50km/h以下で操作できる

史上最高のドライブフィール! ハイブリッドの設定を熱望

 動的パフォーマンスにも注意を払った。ルーフを取り払ったことによる走りのネガを最小限に抑えるために、各種ブレースを追加している。さらにヤマハ製パフォーマンスダンパーも備わる(こちらはクーペも同様)。

 ライドフィールは高級コンバーチブルと呼ぶにふさわしい。クローズド状態はもちろん、オープン時でもボディはみしりともいわず、細かな路面段差は滑らかにいなす。オープン時の乗り心地はクーペよりいいくらいである。開けても閉めてもクーペと同等の走りを見せた。中でも5リッター・V8NA(477ps/540Nm)の心躍るエンジンサウンドを全身に浴びながらのオープンドライブは、少し背徳的な気分もあって、エンジン好きにはたまらない。国産大型スペシャルティのドライブフィールとしては史上最高の仕上がりだ。

 内燃機関の音と心地よさを、いまのうちに思い切り楽しんでおきたい……そんなユーザーにぴったりのオープンクルーザーである。とはいえ、レクサスがレクサスらしいのは、やはりハイブリッドモデル。それはLCでも同じだ。ハイブリッドの追加に期待したいところだが、幌の収納スペースに問題が生じると聞く。バッテリーなどハイブリッドシステムの設計変更が必要なのだ。それでも何とか実現してほしい。

クローズド状態でも美しさは一級 リアウィンドウは熱線入りガラス製
コンバーチブルは「インテリアはエクステリアの一部」という発想でカラーコーディネートを徹底 造形はクーペと共通 風の巻き込みは適度
シートはセミアニリン本革 前席はシート&ネックヒーター標準 後席は+2スペース 足元空間はミニマム 定員4名
トップ開閉スイッチはコンソールの専用カバー下に配置 各部作りは上質
メーターはフル液晶タイプ 走行モードで表示が変化 写真はスポーツモード
トランスミッションは10速AT パドルシフト標準 変速は滑らかかつシャープ
前後異径20インチランフラット+鍛造アルミ標準 写真の21インチはop(16万5000円)
4968cc・V8DOHC 32V 477ps/540Nm鍛造クランクシャフト採用 圧倒的なパワーと胸躍るエンジンサウンドが魅力

レクサスLC500コンバーチブル 主要諸元と主要装備

グレード=500コンバーチブル
価格=10SAT 1500万円
全長×全幅×全高=4770×1920×1350mm
ホイールベース=2870mm
トレッド=フロント:1630/リア:1635
車重=2050kg
エンジン=4968㏄・V8DOHC32V(プレミアム仕様)
最高出力=351kW(477ps)/7100rpm
最大トルク=540Nm(55.1kgm)/4800rpm
WLTCモード燃費=8.0km/リッター(燃料タンク容量82リッター)
(市街地/郊外/高速道路=4.7/8.5/10.9km/リッター)
サスペンション=前後マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:245/45RF20/リア:275/40RF20+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=4名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●主要装備:レクサスセーフティシステム+(プリクラッシュセーフティ+レーンキーピングアシスト+オートマチックハイビーム+レーダークルーズコントロール)/ブラインドスポットモニター/リアクロストラフィックアラート/バックガイドモニター/サウンドジェネレーター/アクティブコーナリングアシスト/リアパフォーマンスダンパー/全自動ソフトトップルーフ/ウインドディフレクター/アクティブロールバー/コンバーチブル専用前席セミアニリン本革シート/ネックヒーター/レクサスLCプレミアムサウンドシステム/フロント対向6ポッド&リア4ポッドブレーキシステム/フルLEDヘッドライト/10.3インチワイドディスプレイ&ナビシステム/ステアリングヒーター/電動チルト&テレスコピックステアリングコラム/アナログクロック/オートAC
●装着メーカーop:トルセンLSD4万4000円/21インチランフラットタイヤ+鍛造ポリッシュ仕上げ&ポリッシュ塗装アルミ16万5000円/カラーヘッドアップディスプレイ8万8000円/マークレビンソン・リファレンスサラウンドサウンドシステム22万3300円
●ボディカラー:テレーンカーキマイカメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万3550円

レクサスLC500h・Sパッケージ 価格:THS 1500万円 500hは3.5リッター/V6(299ps)+モーター(180ps)を組み合わせたハイブリッド仕様 ボディタイプはクーペのみ Sパッケージは軽量CFRP製ルーフを標準装備したスポーツグレード 足回りは専用設定 タイヤは21インチ標準 全長×全幅×全高4770×1920×1345mm 車重2010kg WLTCモード燃費:14.4km/リッター

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報