• TOP
  • 「ニューモデルの〇と×」タフな世界戦略SUV、SUBARUフォレスターがスノーロードで無敵、という噂に迫る

 ー 

「ニューモデルの〇と×」タフな世界戦略SUV、SUBARUフォレスターがスノーロードで無敵、という噂に迫る

Writer:河村康彦 Photo:大西 靖

SUBARUフォレスター・スポーツ 価格:8CVT 328万9000円 試乗記

SUBARUフォレスター・スポーツ スポーツは1.8リッターターボと専用チューンサスペンションを持つ最上級グレード 雪道でも頼もしい走りを披露する 路面を選ばない走破性はクラストップレベルの実力
SUBARUフォレスター・スポーツ スポーツは1.8リッターターボと専用チューンサスペンションを持つ最上級グレード 雪道でも頼もしい走りを披露する 路面を選ばない走破性はクラストップレベルの実力

定番SUVにレヴォーグと共通の1.8リッターターボ車が新登場

SUBARUフォレスターの○と×
○:日本でも持て余すことのない適度なサイズ感
×:早くも世代遅れ感を伴うアイサイトの機能

 現行5thフォレスターは、インプレッサで先行導入した最新の骨格「スバル・グローバルプラットフォーム」を採用し、2018年6月にデビューした。ボディサイズは全長×全幅×全高4625×1815×1715mm。 2640mmのホイールベースはインプレッサやレヴォーグと共通だが、全長と全幅はレヴォーグ比で130mm短い一方、20mm幅広い。
 フォレスターの見た目のボリューム感が遥かに大きいのは、200mm以上も高い全高が効いているに違いない。最低地上高はレヴォーグより75mmも高い220mm。フォレスターは雄大な雪景色の中で圧倒的に逞しく映る。

 銀世界へと連れ出したのは、昨年10月の改良を機に追加されたスポーツ。1.8リッター直噴ターボ(177ps/300Nm)を搭載し、専用チューニングのサスペンションを組み込んだアクティブモデル。従来の2.5リッター車に代わるトップグレードである。なお、スポーツの新設定とともに、電動化技術(eボクサー)の搭載拡大や、ドライバーの顔を認識してドライビングポジションや空調をプリセットする「ドライバーモニタリングシステム」の採用が行われた。

駆動方式はアクティブトルクスプリット式4WD 雪道&悪路対応Xモード標準
1795cc水平対向4DOHC16Vターボ 177ps/300Nm レヴォーグと共通仕様

未除雪区間で圧倒的な信頼感を発揮。このクルマは頼りになる!

 スポーツのエンジンと8速マニュアルモード付きCVTは、レヴォーグと同一。車両重量は10kgしか違わない。実際の動力性能は同レベル。「激速」ではないものの加速力に何ら不満はない。
 パワーパックに対して改善を期待する点は、アクセル操作に対するエンジントルクの伝達感。よりダイレクトにしてほしい。「CVTとしてはなかなか頑張っている」ことは理解できるが、まだラバーバンド感が気になる。[これだと、やっぱり「MTがほしい」という声も聞かれるだろうな]という印象だ。

 フォレスターは、雪道で圧倒的な信頼感が得られた。表通りに出るまでの轍の深い未除雪区間や、除雪によってでき上がった大きな段差部分の踏破性は抜群。安心して走り回れる。
 高速走行時の安定感や燃費は、わずかながらもレヴォーグに先行を許すし、氷上性能を重視したアイスガード6以上に雪上や耐摩耗性に特化したヨコハマのアイスガードSUV・G075を履いていた関係で、とくに平滑な舗装路面でパターンノイズがかすかに耳に届いたのは事実。しかし、圧雪路面上ではレヴォーグ以上に走りのタフネスぶりが味わえた。いざというシーンでは4輪がよりガッシリとスクラムを組み、ヒルディセントコントロールを含んだXモードを採用するのは大きな魅力。
 雪道をものともしない、信頼感たっぷりのSUVである。

全長×全幅×全高4625×1815×1715(ルーフレール車1730)mm 車重1570kg 最低地上高220mm
試乗車は横浜ゴム製アイスガードSUV・G075スタッドレス装着 アルミはダークカラー
インパネは機能的な造形 高い着座ポジションからの視界はワイド スポーツはドライバーを認識し各種設定を自動調整するモニタリング機能標準
シートは本革とウルトラスエードのコンビ仕様 前後席ともシートヒーター標準 サポート性良好 室内空間は余裕たっぷり 室内長2100mm
メーターは見やすい2眼形状 中央モニターに各種情報を表示
リニアトロニックCVTは8速マニュアルモード付き シフト後方にXモード用ダイヤル配置
ナビはディーラーop設定 上方モニターではアイサイトの作動状況を表示できる
ラゲッジは広い 後席使用時の容量は520リッター 荷室長908(最大1547)mm

SUBARUフォレスター・スポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=スポーツ
価格=8CVT 328万9000円
全長×全幅×全高=4625×1815×1715mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1565×リア:1570mm
最低地上高=220mm
車重=1570kg
エンジン=1795cc水平対向4DOHC16Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=130kw(177ps)/5200〜5600rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/1600〜3600rpm
WLTCモード燃費=13.6km/リッター(燃料タンク容量63リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路:10.3/14.3/15.2km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=225/55R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策=アイドリングストップ/筒内直接噴射/電動パワーステアリング/可変バルブタイミング/自動無段変速機/ロックアップ機能付きトルクコンバーター/充電制御
●主要装備=アイサイコアテクノロジー(プリクラッシュブレーキ+ツーリングアシスト+AT誤発進&後進抑制制御+車線逸脱警報+ふらつき警報+全車速追従機能付きクルーズコントロール+先行車発進お知らせ機能など)/アイサイトセイフティプラス(後側方警戒支援システム+アダプティブドライビングビーム)/サイドビューモニター/ドライバーモニタリングシステム/運転席シート自動後退機能/7エアバッグ/18インチオールシーズンタイヤ&ダークメタリック塗装アルミ/アクティブトルクスプリットAWD/Xモード/SIドライブ(走行モード切替機構)/パドルシフト/LEDヘッドランプ/ブラック塗装フロントグリル/アクセントシルバー加飾付きサイドクラッディング/グレーメタリック塗装ルーフスポイラー/シャークフィンアンテナ/ドアミラー/オートライト&ワイパー/マルチファンクションディスプレイ/本革巻きステアリング/ウルトラスエード&本革シート/前席電動調節シート/アルミパッド付きスポーツペダル/USB電源/歩行者保護エアバッグ/フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/LEDリアフォグランプ
●装着メーカーop=パワーリアゲート+大型サンルーフ+アイサイトセイフティプラス(視界拡張)+ルーフレール23万1000円
●ボディカラー=アイスシルバーメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万910円 ※ルーフレール装着車の全高は1730mm

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報