• TOP
  • アルファロメオ創業地のミラノの名家「ヴィスコンティ家」をオマージュしたジュリアの限定モデルが日本上陸

 ー 

アルファロメオ創業地のミラノの名家「ヴィスコンティ家」をオマージュしたジュリアの限定モデルが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

伊ミラノの名家であるヴィスコンティ家にインスパイアを受けたアルファロメオ・ジュリアの特別仕様車「ジュリア2.0ターボ・ヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディション」がデビュー。販売台数は45台限定

 FCAジャパンは2021年3月3日、アルファロメオのプレミアムスポーツサルーンのジュリアに特別仕様車の「ジュリア2.0ターボ・ヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディション(Giulia 2.0 Turbo Veloce Visconti Edition)」をラインアップし、3月13日に発売すると発表した。車両価格は619万円の設定で、販売台数は45台の限定だ。

▲アルファロメオ・ジュリア2.0ターボ・ヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディション 価格:8SAT619万円 全長4655×全幅1865×全高1435mm ホイールベース2820mm 車重1660kg 乗車定員5名 ブラックフロントグリルやブラックエクステリアミラーハウジング、ダークエンブレムを特別装備。販売台数は45台限定

 今回の特別仕様車は、1995cc直列4気筒マルチエア16Vインタークーラー付ツインスクロールターボエンジン(最高出力280ps/5250rpm、最大トルク400Nm/2250rpm)+電子制御式8速オートマチックトランスミッションを搭載する通常モデルのジュリア2.0ターボ・ヴェローチェをベースに、アルファロメオの創業の地である伊ミラノの名家で、そのビッシオーネ(大蛇)の紋章がアルファロメオのエンブレムに取り入れられている、「ヴィスコンティ家」の栄光をリスペクトして内外装を特別に仕立てたことが特徴である。

▲ボディカラーにはアルファロメオのロゴと同様、ヴィスコンティ家の紋章に着想を得た専用色のヴィスコンティ・グリーンメタリックを採用する

 まずエクステリアでは、ボディカラーにアルファロメオのロゴと同様、ヴィスコンティ家の紋章に着想を得た専用色のヴィスコンティ・グリーンメタリックを採用。ディテールの演出にもこだわり、ブラックフロントグリルやブラックエクステリアミラーハウジング、ダークエンブレムなどを組み込んで外観を引き締める。また、トップ部にはサンルーフを、後端部にはダークエキゾーストパイプフィニッシャーを装着。足もとには、モノトーンアルミホイールセンターキャップ(シューズは19インチ5ホールデザインアルミホイール+前225/40R19&後255/35R19ランフラットタイヤ)とスポーツブレーキ/イエロー仕上げブレーキキャリパーを特別装備した。

▲トップ部には室内の開放感を高めるサンルーフを装着
▲後端部にはダークエキゾーストパイプフィニッシャーを装備
▲モノトーンアルミホイールセンターキャップとスポーツブレーキ/イエロー仕上げブレーキキャリパーを特別装備

 インテリアに関しては、名家の雰囲気を彷彿させる上質なタンレザー内装を採用したほか、インパネおよびドアトリム加飾にグレーオークのウッドパネルを装着。ベース車と同様、前席には6ウェイパワー調整機構付きのスポーツシートを、センター部には8.8インチタッチディスプレイのConnectシステムを配した。

▲インテリアには上質なタンレザー内装を採用したほか、インパネおよびドアトリム加飾にグレーオークのウッドパネルを装着する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 機能装備の面では、基本的にベース車を踏襲。ALFA DNAドライブモードシステムやALFA LINKサスペンション、カーボンプロペラシャフト、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、トラフィックジャムアシスト(TJA)、ハイウェイアシストシステム(HAS)、レーンキーピングアシスト(LKA)、アクティブブラインドスポットアシスト、リアクロスパスディテクション(RCPD)、トラフィックサインレコグニション(TSR)、インテリジェントスピードコントロール(ISC)などを標準で組み込んでいる。

▲パワーユニットには1995cc直列4気筒マルチエア16Vインタークーラー付ツインスクロールターボエンジン(280ps/400Nm)を搭載
▲Dynamicモード/Naturalモード/Advanced Efficiencyモードが選択できるALFA DNAドライブモードシステムを設定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報