• TOP
  • 「最新モデル試乗」先進プラグイン・ハイブリッド、MINIクーパーSEクロスオーバーの電動フィール

 ー 

「最新モデル試乗」先進プラグイン・ハイブリッド、MINIクーパーSEクロスオーバーの電動フィール

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

MINIクロスオーバーSEクロスオーバー・オール4 価格:6SAT 510万円 試乗記

MINIクーパーSEクロスオーバー・オール4 昨秋のマイナーチェンジで前後ランプなどをリフレッシュ クーパーSEは「e」をモチーフにしたオーナメントを装着 駆動方式は4WD
MINIクーパーSEクロスオーバー・オール4 昨秋のマイナーチェンジで前後ランプなどをリフレッシュ クーパーSEは「e」をモチーフにしたオーナメントを装着 駆動方式は4WD

1充電当たりのEV走行距離53km。日常使用は電気だけで走れる!

 ユニオンジャック柄のリアランプを採用するなど、各部をリファインした最新MINIクロスオーバーの中で、注目度を高めているのがクーパーSEである。クーパーSEは、MINIラインアップ唯一のPHV(=電動車)。1.5リッターの直3ターボ(136ps/220Nm)とモーター(88ps/165Nm)を組み合わせ、1充電当たり53.0㎞(WLTCモード)のEV走行距離を実現した。
 日本の一般ユーザーの一日当たりの平均走行距離は50km以下だから、日常ユースを電気だけで走れる環境対応車である。そのうえMINIらしく、パフォーマンスは強力。システム総合出力/トルクは223ps/385Nmに達する。その気になれば圧倒的な速さが楽しめるマルチ派でもある。

 PHVモードは、MMAX・eドライブ/オートeドライブ/SAVEの3種。デフォルトはバッテリー容量がある限り、電気で走るMAX・eドライブ。この状態でのドライビングはリアルEV。静かでスムーズな先進ドライビングが楽しめる。モーターの最大トルクは165Nmだから、さほどパワフルな印象はないものの加速力は十分。スムーズに周囲の流れに乗り、リードできる。ただし、あまりに洗練されているためMINIらしいライブな味わいは希薄。そこが玉にキズだ。

全長×全幅×全高4315×1820×1595mm リアランプはMINIらしさあふれるユニオンジャック柄
1.5リッター直3ターボ+モーター システム総合出力/トルクは224ps/385Nm 走行モードはミッド/グリーン/スポーツの切り替えが可能

走りは「オートeドライブ」がお勧め。キビキビ&インテリジェンスが融合

 お勧めはオートeドライブ。エンジンとモーターを最適効率で制御して走るモードだ。バッテリー容量に余裕がある限り、モーター走行が主体になるが、強い加速シーンや高速道路ではエンジンが始動。気持ちのいい走りとともに、バッテリー容量を巧みにキープする。いわばモーターとエンジンの「いいとこ取り」のイメージ。MINIに期待するキビキビさと、PHVらしいインテリジェンスが味わえる。

 電池容量が減っても空になることはなく、残量3%前後をキープ。通常のハイブリッド車と同様の走りが味わえるのがうれしい。加速初期はモーターが担当し、スピードが乗るとエンジンに切り替わる制御は実に巧み。しかも標準モデルと比べ静かな印象で、エンジン音は耳につかない。
 SAVEは、エンジンが主役。エンジンで発電し充電も行うので、充電モードとしても使える。プラグでの充電は200Vの普通充電に対応。約3.5時間で満充電になる。

 クーパーSEは、MINIらしい楽しさと先進性、そして上質さが凝縮した高機能モデル。スポーティな走りは環境に優しく、室内空間はユーティリティ抜群。駆動方式は4WDだから、道を選ばない。一歩先を行くカーライフを楽しみたいと考えるアクティブなユーザーに最適な選択肢である。

インパネはMINI伝統造形 最新モデルはコネクテッド機能を強化 各部は上質な仕上げ
写真の本革スポーツシートはop(36万6000円) 室内空間は実用的なスペース 乗車定員は5名 乗り心地はやや硬め
見やすいマルチ液晶メーターはセットop(14万1000円)
PHVモードは3種 写真のオートeドライブは賢い制御
トランスミッションは6速AT 変速は滑らか
室内中央にトグルスイッチを集中配置 システム起動や走行モード切り替えを行う
充電リッドはフロント左側に配置 200Vの普通充電に対応 約3.5時間で満充電になる

MINIクーパーSEクロスオーバー 主要諸元と主要装備

グレード=クーパーSEクロスオーバー・オール4
価格=6SAT 510万円
全長×全幅×全高=4315×1820×1595mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=未公表
最低地上高=未公表
車重=1770kg
エンジン=1498cc直3DOHC12Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=100kW(136ps)/4400rpm
最大トルク=220Nm(22.4kgm)/1300〜4300rpm
モーター最高出力=65kW(88ps)/4000rpm
モーター最大トルク=165Nm/3000rpm
システム最高出力=165kW(224ps)
システム最大トルク=385Nm
WLTC充電電力使用時走行距離=53.0km
WLTCモード燃費=14.8km/リッター(燃料タンク容量36リッター)
(市街地/郊外/高速道路=11.9/15.8/15.7km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/50R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策=プラグインハイブリッド/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/ブレーキエネルギー回生システム
●主要装備=ドライビングアシスト(前車接近警報+衝突回避・被害軽減ブレーキ)/アクティブクルーズコントロール/8エアバッグ/レインセンサー(自動ドライビングライト付き)/BMWチャージング(12カ月間)/パフォーマンスコントロール/MINIドライビングモード/電気式パーキングブレーキ/オートマチックテールゲート/LEDヘッドライト/LEDデイライト/ユニオンジャックデザインリアランプ/ルーフレール/18インチアルミ(ピンスポークシルバー)/クロームドアハンドル&ウィンドウライン/自動防眩ドアミラー/ヒーター付きウィンドスクリーン&ウォッシャーノズル/ティンテッドガラス/本革巻きスポーツステアリング/8.8インチワイドカラーディスプレイ/ナビゲーションシステム/ETC車載器内蔵ルームミラー/ストレージコンパートメントパッケージ/ライトパッケージ/クロームラインインテリア/ステンレス製ドアシルプレート/2ゾーンオートAC/MINIエキサイトメントパッケージ
●主要装着メーカーop=ペッパーパッケージ(リアビューカメラ+前後パークディスタンスコントロール+パーキングアシスト)8万6000円/デジタルパッケージプラス(ヘッドアップディスプレイ+MINIドライバーサポートデスク+スマートフォンインテグレーション+ワイヤレスパッケージ+マルチディスプレイメーターパネル)14万1000円/レザーシートパッケージ(本革スポーツシート+前席電動調節機能+前席シートヒーター)36万6000円/18インチブラックアルミ1万5000円/ブラックルーフレール1万4000円/アラームシステム5万7000円/ヘッドライナー・アンスラサイト3万4000円
●ボディカラー:ホワイトシルバーメタリック(op8万円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万8460円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報