• TOP
  • レンジローバー・ヴェラールの2021年モデルが日本での予約受注をスタート。MHEVテクノロジーを採用した2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンを新設定

 ー 

レンジローバー・ヴェラールの2021年モデルが日本での予約受注をスタート。MHEVテクノロジーを採用した2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンを新設定

Writer:大貫直次郎 

ランドローバーが2021年モデルのレンジローバー・ヴェラールの予約受注を開始。マイルドハイブリッドテクノロジーを採用した2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンの新搭載やノイズキャンセルリング技術を応用した新機能のアクティブ・ロードノイズ・キャンセレーションの組み込みなどを実施

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年3月10日、ミッドサイズ・ラグジュアリーSUVのレンジローバー・ヴェラールの2021年モデルを発表し、同日より予約受注を開始した。

▲レンジローバー・ヴェラールR-DYNAMIC S D200 価格:8SAT904万円 全長4820×全幅1930×全高1685mm ホイールベース2875mm 車重1928kg パワーユニットとして“INGENIUM”1997cc直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジン(204ps/430Nm)に減速時のエネルギーロスを減らすために小型統合電気モーターを組み込んだマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を新採用する

車種展開は以下の通り。
■2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)搭載車
D200:787万円
R-DYNAMIC S D200:904万円
■2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(250ps)搭載車
S P250:849万円
R-DYNAMIC S P250:898万円
R-DYNAMIC SE P250:952万円
R-DYNAMIC HSE P250:1076万円
EDITION:1013万円

▲レンジローバー・ヴェラールD200 価格:8SAT787万円 全長4820×全幅1930×全高1685mm ホイールベース2875mm 車重1928kg

 2021年モデルのレンジローバー・ヴェラールは、新パワーユニットの設定や機能装備のさらなる拡充、そして2021年モデル限定グレード「EDITION(エディション)」の設定などを実施したことが特徴である。
 まずパワーユニットでは、最新の“INGENIUM”1997cc直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボエンジン(最高出力204ps/4250rpm、最大トルク430Nm/1750~2500rpm)に減速時のエネルギーロスを減らすために小型統合電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を新搭載する。一方、ガソリンエンジンには1995cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボ(最高出力250ps/5500rpm、最大トルク365Nm/1300~1500rpm)を採用した。いずれもトランスミッションには専用セッティングの8速オートマチックを組み込み、駆動システムにはトルクオンデマンドのAWDを導入。最適のドライビングモードが選べるテレインレスポンス2や、滑りやすい状況であらかじめ設定した一定速度を維持するオールテレインプログレスコントロールも装備した。

▲走行性能を高めるテレインレスポンス2やオールテレインプログレスコントロールを設定

 機構面では、新機能の「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」をランドローバーとして初採用したことが訴求点だ。この機能は、MERIDIANサウンドシステムに設定され、ノイズキャンセルリング技術を車両に応用し、各ホイールに設置した加速度計がロードノイズの原因となる振動を検知。そのロードノイズを反転させた逆位相を自動計算して車内のスピーカーから発生させ、走行中のノイズを打ち消す仕組みだ。

▲室内の静粛性を高める新機能の「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」をランドローバーとして初採用する

 一方でエンターテインメント関連では、最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準設定。Pivi Proに付帯するオンラインパックには専用の通信データプランを用意し、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索/ガソリン価格のオンライン取得/マップデータのオンラインアップデート)やメディア(Spotify/Deezer/TuneInRadio、天気予報のAccuWeather)、カレンダー(Google Suite/Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にすることなく使用できるようにした。

▲最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を装備。付帯するオンラインパックには専用の通信データプランを用意する

 エクステリアについては基本的に従来を継承し、無駄なラインを減らした気品と独創性を兼ね備える独自のラグジュアリーSUVフォルムを構築。グレードとしては、シンプルかつ上品な標準仕様と上級装備を採用したS、シャドーアトラスとバーニシュドコッパーのアクセントや大径ホイールなどを導入してよりダイナミックに演出したR-DYNAMICシリーズを設定する。ボディカラーに関しては、新色のポルトフィーノブルーとハクバシルバー、ランタオブロンズ(EDITION専用色)のほか、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、フィレンツェレッド、バイロンブルー、アイガーグレイ、カルパチアングレイ、シリコンシルバーという全11タイプをラインアップした。

▲ステアリングホイールとシフトレバーのデザインを変更。また、エアコン作動時にマイナスイオンを発生させる空気イオン化テクノロジーにPM2.5フィルターをオプションで追加する

 内包するインテリアは、ステアリングホイールとシフトレバーのデザインを変更したことがトピック。また、エアコン作動時にマイナスイオンを発生させる空気イオン化テクノロジーに、室内の微細な空気の汚れを取り除くPM2.5フィルターをオプションで追加する。一方、先進安全システムとしては3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどを標準で装備した。

▲レンジローバー・ヴェラールEDITION 価格:8SAT1013万円 外装にはブラックエクステリアパックやスライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、20 インチ“スタイル7014”7スポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)などを特別装備。写真のボディカラーは特別色のランタオブロンズ

 2021年モデル限定グレードとして設定された「EDITION」を見ていこう。ベースモデルはR-DYNAMIC SE P250で、外装にはブラックエクステリアパックやスライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、マトリックス LED ヘッドライト(シグネチャーデイタイムランニングライト付)、フロントフォグランプ、20 インチ“スタイル7014”7スポークアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)などを、内装にはパーフォレイテッドレザー・ステアリングホイールやパーフォレイテッドグレインレザー&スエードクロスシート(エボニー)、14ウェイフロントシート(運転席メモリー付)などを特別装備。ボディカラーは特別色のランタオブロンズのほか、サントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーを設定している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る