ー 

現行ホンダS660の最後の特別仕様車「S660モデューロX・バージョンZ」がデビュー

Writer:大貫直次郎 

ホンダの軽スポーツモデルのS660が2022年3月に生産を終了。これまでの感謝の気持ちを込めて最後の特別仕様車「S660モデューロX・バージョンZ」を発売

 ホンダは2021年3月12日、専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」シリーズのコンプリートモデル「S660モデューロX」に、特別仕様車の「バージョンZ(Version Z)」を設定し、同日より発売した。車両価格は315万400円に設定する。

▲ホンダS660モデューロX・バージョンZ 価格:6MT315万400円 全長3395×全幅1475×全高1180mm 乗車定員2名 S660の機能美をいっそう突き詰めたスペシャルモデル

 ホンダS660は、本田技術研究所設立50周年を記念した商品企画提案をきっかけに開発がスタート。あらゆる場面でいつでもワクワクする、心が昂る本格スポーツカーを追求し、ホンダらしい“走る喜び”の実現を目指したモデルとして2015年4月に発売した。また、2018年7月にはModuloブランドが培ってきた“上質でしなやかな走り”を実現するチューニングを施したコンプリートモデルとして、S660モデューロXを設定する。以来、S660/S660モデューロXの累計で3万台以上を販売し、多くのユーザーから熱い支持を集めてきたが、2022年3月をもって生産を終了することが決定した。

▲S660は2022年3月をもって生産を終了することが決定。今回発売するS660モデューロX・バージョンZはS660最後の特別仕様車となる

 今回発売する「S660モデューロX・バージョンZ」は、S660/S660モデューロXに対するこれまでのファンの支えに感謝を込めて、特別に設定したS660最後のスペシャルモデルである。

▲ボディカラーにグリーンパールが煌めく力強いソリッドライクなグレーの特別色、ソニックグレーパールを設定する
▲ピュアな輝きを放つ透明感のある白色のプレミアムスターホワイトパールも選択可。ロールトップはボルドーレッドで統一

 まず外装では、ボディカラーにグリーンパールが煌めく力強いソリッドライクなグレーの特別色、ソニックグレーパールを設定。ほかにピュアな輝きを放つ透明感のある白色のプレミアムスターホワイトパールを用意する。ロールトップはボルドーレッドで統一した。また、空力パーツにガーニーフラップ付きの専用アクティブスポイラー(ブラック)を、足もとにステルスブラック塗装アルミホイール(前5J×15/後6.5J×16)を特別装備。さらに、ブラッククローム調で仕立てた専用エンブレム(前後Hマーク/S660エンブレム/リアModulo Xエンブレム)を貼付した。

▲空力パーツとしてガーニーフラップ付きの専用アクティブスポイラー(ブラック)を装備
▲足もとにはステルスブラック塗装アルミホイール(前5J×15/後6.5J×16)を組み込む
▲ブラッククローム調で仕立てた専用エンブレム(前後Hマーク/S660エンブレム/リアModulo Xエンブレム)を装着

 内装については、ボルドーレッド×ブラックのインテリアカラーを採用したうえで、カーボン調のメーターバイザーパネル部/助手席エアアウトレットパネル部/センターコンソールパネル部やラックススェード(ブラック)×合皮製(ボルドーレッド)×グレーステッチのドアライニングパネル、Modulo Xロゴ付き専用シートセンターバッグ(取り外して普段使いのバッグとしても使用可能)を特別装備。さらに、Version Zロゴ入りアルミ製プレートをコンソール部に配備した。

▲内装カラーにはボルドーレッド×ブラックを採用。メーターバイザーパネル部/助手席エアアウトレットパネル部/センターコンソールパネル部はカーボン調で仕立てる
▲ラックススェード(ブラック)×合皮製(ボルドーレッド)×グレーステッチのドアライニングパネルを特別装備。スポーツレザーシート(本革×ラックススェード)はS660モデューロXと同仕様
▲Modulo Xロゴ付き専用シートセンターバッグを特別装備。取り外して普段使いのバッグとしても使用可能
▲Version Zロゴ入りアルミ製プレートをコンソール部に配備

 ミッドシップ配置のパワーユニットは基本的に通常モデルのS660と共通で、S07A型658cc直列3気筒DOHC12Vターボエンジン(最高出力64ps/6000rpm、最大トルク10.6kg・m/2600rpm)を搭載。トランスミッションには6速MTを組み合わせる。またS660モデューロXと同様、懸架機構には5段階減衰力調整機構付きダンパーと強化スプリングを配する専用サスペンションを、制動機構にはディスクロータードリルドタイプ&スポーツブレーキパッドを採用した。

▲懸架機構にはS660モデューロXと同様、5段階減衰力調整機構付きダンパーと強化スプリングを配する専用サスペンションを組み込む

 なお、ホンダはS660の生産終了に向けて、全国のS660オーナーとともに、つくり・繋がるコンテンツとして「#WELOVES660」をホームページで展開。S660との動画または写真をSNSによる投稿を通じて受け付け、それらを繋ぎ合わせたスペシャルムービーの公開を予定する。また、S660オーナー・開発者・製造者のエピソードやメッセージを、「S660 History」としてホームページとFacebookにて順次紹介する計画だ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る